Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Luce della Vite / Luce 2013

カリフォルニアのロバート・モンダヴィがイタリア進出として、
トスカーナの名門マルケージ・ディ・フレスコバルディと手を組み、
初めてのサンジョヴェーゼ主体のスーパータスカンを生み出しました。
それがこの「ルーチェ」であります。


IMG_6014


スーパータスカンを生むために創られたような、
このルーチェ・デッラ・ヴィーテは1995年の設立です。

公式ページは日本語表示も可です。
ミレジムごとのデータシートも完備でなかなかいいのですが、
肝心のセパージュが、
「サンジョヴェーゼとメルロー」としか書かれていません。
でも、インポーターのサイトによれば、
・サンジョヴェーゼ 50%
・メルロー 50%
のようですね。
樽熟は、85%新樽、15%は1年落ちで24ヶ月。


ラベルを平面化撮影しますが、
かなり変わった形状で上下に長いのでうまくいきません。
IMG_6018
とりあえずこんなもんで我慢しておきましょう。

住所を頼りにワイナリー訪問しますが、
フレスコバルディ家のワイナリーにたどり着きます。
Luce01
同一なんでしょうかね。

公式サイトには立派な「Luce」の建物が写ってるんですが。
Luce03

場所はモンタルチーノの町から車で20分のところ。
Luce02
スーパータスカンがひしめくボルゲリとは離れています。
要はサンジョヴェーゼの産地に居を構えているということですね。


さあ、いただきましょう。
Alc.14.5%。
濃いガーネット。
黒ベリー、赤いチェリー、ヌルッとした香りです。
うま味のアタック。
酸・タンニンのバランスは良さそうですね。
構造感はありますが、
乾いた風味がやはりサンジョヴェーゼを感じさせます。
丸まってますが酸味もかすかに感じます。
カベソー主体のスーパータスカンより薄い感じがするのは、
サンジョヴェーゼから来てるような気がします。
余韻は普通でした。
うまいけどメチャうまではないという印象です。


*****


Luce della Vite / Luce 2013
RRWポイント 89点


Tenuta San Guido / Sassicaia 2015 DOC Bolgheri Sassicaia

過去にこのブログで2回いただいてますサッシカイア
2回とも2014年モノでしたが、今日は2015年をいただきます。
ミレジムによる違いはあるのでしょうか。


IMG_6013


一応、公式ページで2015年を調べます。
よかった、2015年載ってます。
セパージュは2014年と同じく、
・カベソー 85%
・メルロー 15%
となってますが、
アルコール度数は13%から14%に上がってますね。
2015年は完熟したのでしょうか。

樽熟24ヶ月は変わりませんが、
2015年のデータシートには3年落ちの樽だと明記されています。
過去は新・旧の区別はまったく触れられてなかったので、
すべて新樽と理解していました。
2015年から旧樽使いになったんでしょうかね。

ワイナリー訪問は前にやっていますので割愛。
IMG_6020m
ラベルはミレジムとAlc.14%が違うくらいです。


さて、いただきます。
Alc14%ですね。
ガーネット。
黒ベリー、チェリー、香りは多くない感じ。
酸味乗ったアタックです。
タンニンとのバランスよく、
その後すぐ構造感ある味を見せますが、
やはり余韻まで酸味を引きずる感じがします。
抜栓後2日くらい経っていて、
もう少しまろやかかと思いましたがダメですね。
2015年だとまだ今年では寝かせ足りないのでしょうか?


*****


Tenuta San Guido
Sassicaia 2015 DOC Bolgheri Sassicaia
RRWポイント 88点


Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015

カリフォルニア、ソノマのピノ・ノワールをいただきます。
ブルゴーニュスタイルのシャルドネとピノ・ノワールを作って、
なんだかんだで評価の高いキスラーです。
パーカーおじさんもこの2015年に94点つけて絶賛だそうで…。


IMG_5913
なんと、いつものグラスとのツーショット撮るの忘れました。(笑)


ラベル平面化画像。
こういう無地の部分が多いラベルは撮影がかなり難しいのです。
IMG_5911
白地のみが続くとパノラマ撮影では省略されてしまいます。
フォトショでかなり大手術をして直しましたが、
ちょっと実際より横幅が狭い。(笑)


公式ページは、トップページにパーカーおじさんの言葉が。

『もし、キスラー・ヴィンヤードが魔法で、
ブルゴーニュのコート・ドールへ移ったら、
グラン・クリュの高名な作り手と同じ名声を、
すぐさま得ることになるだろう。』

パーカーおじさん頼りというのもどうかと思いますが、
よっぽどブルゴーニュになぞらえて褒められるのがうれしいようです。
シャルドネとピノ・ノワールに特化して、
素晴らしいワインを作っているようですから、そうでしょうね。

残念ながら、
公式サイトにはこの「ソノマ・コースト」の情報が見当たりません。
まあ、ピノ100%でしょうから、あとは除梗してるんだかとか、
樽使いがどうなってるのか、とかが気になるところです。

ピノ・ノワールの苗はブルゴーニュのグラン・クリュからの移植だそう。
カレラもDRCの苗をパチってきたって話ですし、
アメリカ人は同じようなことするんですね。(笑)

さあ、ワイナリー訪問。
Kistler01
小さな民家のような建物です。家族経営~って感じです。
まわりの畑もいい雰囲気です。

ちょっと上空から見るとこんな感じです。
Kistler02

場所はソノマ空港のほど近く。右側にナパも見えますね。
Kistler03
ソノマ郡の日本向けサイトを見つけました。行ってみたいですね。


さて、いただきます。
Alc.14.1%。
きれいなルビー。
イチゴ、チェリー、甘いいい香り。
タンニンかな?渋味あるアタックはいきなりのうま味です。
酸が控えめなのもいいです。
アルコール感もある喉越しはピノの頼りなささを感じさせません。
余韻もしっかりあります。
うん、上等ブルゴーニュの味わいです。

夏野菜とベーコンのジェノベーゼパスタといただきましたが、
絶妙なマリアージュでありました。
うまピノ発見です。(あまり偉い値段ではないですが…)


*****


Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
RRWポイント 92点


Cousiño Macul Carménère 2015

このブログの1回目に書いたのと同じワインです。
去年ドイツのスーパーで2本買ったうちの1本です。
そこそこおいしかったと評価していたんですが、
今日いただいた残りの1本はどうもおかしいのです。


IMG_5849


同じところで買った同じミレジムの2本。
味に差はないはずですが、保存が悪かったのか、
異様に甘味が前に出た味に変わっていました。
それとも、僕の好みの味が変わってしまったんでしょうか。
開けるのを楽しみにしていただけに非常に残念。


IMG_5812
 

公式ページでは、カルメネールのバリエタルがラインアップされてますが、
日本に入ってきていないので旅先で見つけてゲットしてあったのです。
よって、さらに買い足して試すことができません。
この作り手は、カベソーブレンドなんかもとてもおいしいので、
間違いないと思っていたんですがね~。


一応、テイスティング結果をば。
Alc.14%。
濃いガーネット。
涙数多く細い。粘性はある。
奥深い黒ベリー、しっとり樽香。
青野菜、その後次第にモカも出てきた。
甘みあるアタック!?
厚みのある味だが甘みが邪魔。
こんなだったっけ?
保存悪かった?

よ~し、こうなったら、ストックしてある、
おいしいカルメネールをどんどん開けるぞ~!


*****


Cousiño Macul Carménère 2015
RRWポイント 85点


Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015

ドメーヌ・デュ―ジェニーのヴォーヌ・ロマネをいただきます。
ボルドー第1級、あのシャトー・ラトゥールがブルゴーニュに所有するドメーヌ。
ワールドワイドでダイナミック。ワインの世界は実に興味深い…。


IMG_5915


後継者を失った名門ドメーヌ・ルネ・アンジェルを、
なんとボルドーのシャトー・ラトゥールのオーナー、フランソワ・ピノー氏が取得。
2006年に分の祖母の名をつけたドメーヌ・デュ―ジェニーとして、
ファースト・ヴィンテージをリリースしています。

公式ページは、当然ながらシャトー・ラトゥールにリンクが張ってあります。
他、2017年にシャトー・ラトゥールが買収して話題になった、
モレ・サン・ドニのグラン・クリュ、クロ・ド・タールもリンクされています。
ローヌカリフォルニアにも所有ワイナリーがあることを、
これらリンクから知りました。恐るべし、シャトー・ラトゥール。

この公式ぺージ、ミレジムごとのデータや醸造・熟成法の記述はないですが、
畑の場所は地図で示してありました。
d’Eugenie02
畑の位置はブルゴーニュの基本ですよね。助かります。

例によってGoogle Map上に転記します。(右が北です。)
d’Eugenie03
赤色が今回の村名ヴォーヌ・ロマネの畑です。
一級畑ではないですが、場所も名前もわかって素性がはっきりしています。
それぞれの畑の実際の風景も地図上にインポーズしました。
(ついでにロマネ・コンティも。テロワール比較してみましょう。)
そうそう、ドメーヌの場所は黄色いマル印です。

こんな感じ。表札・看板ないですが軒に薄っすら浮き彫りされてます。
d’Eugenie01


エチケット平面化画像。
IMG_5920


さて、いただきます。
透明感のあるルビー。
フランボワーズ、チェリー、
海苔の佃煮も来ました。(笑)
ミネラル感ある厚みのあるアタックです。
珍しく喉に収斂性感じます。
お陰で余韻に深みを感じます。
骨格のある味わいです。
ラトゥールのブルゴーニュ、おいしゅうございました。


*****


Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
RRWポイント 90点


--- Red Red Wine ---

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名な僕の名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...



ギャラリー
  • Luce della Vite / Luce 2013
  • Luce della Vite / Luce 2013
  • Luce della Vite / Luce 2013
  • Luce della Vite / Luce 2013
  • Luce della Vite / Luce 2013
  • Tenuta San Guido / Sassicaia 2015 DOC Bolgheri Sassicaia
  • Tenuta San Guido / Sassicaia 2015 DOC Bolgheri Sassicaia
  • Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
  • Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
  • Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
  • Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
  • Kistler Vineyards Sonoma Coast Pinot Noir 2015
  • Cousiño Macul Carménère 2015
  • Cousiño Macul Carménère 2015
  • Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
  • Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
  • Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
  • Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
  • Domaine d'Eugénie Vosne Romanée 2015
  • Domaine Jean Grivot Vosne Romanée Bossières 2014
  • Domaine Jean Grivot Vosne Romanée Bossières 2014
カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ