コルス(コルシカ島)のワインをいただきます。
シャカレッロというコルシカ島ローカル品種を主体にした、
AOCアジャクシオのワインです。訳ワカメですね。(笑)


IMG_5763


しかし、こういうワインも日本の通販で手に入るんですから、いやはや、
便利な世の中になったもんです。


まずはコルシカ島からお勉強しておきましょう。
その名も「Vins de Corse」というコルスワイン振興サイトから地図拝借。
Corse_map01
南仏とイタリア半島、下にはサルディーニャ島も見えてますので、
コルシカ島の位置関係がよくわかります。

イタリアにとっても近いだけに、1768年にフランス領になるまで、
コルシカ島はイタリアでした。
なので、今でもコルシカで多く栽培されるニエルーチョ(Nielluccio)種は、
トスカーナ州でメジャーなサンジョヴェーゼと同一だったりします。


今日いただくのは、AOCアジャクシオ(Ajaccio)。
Corse_map
島の西側に同じ名前の町があり、その周辺がこのAOCになります。
コルシカ島の中心地、島一番の大都市でもあります。

で、AOCアジャクシオは、ほぼコルシカ島にしかないローカル品種の、
シャカレッロ(Sciacarello)を40%以上使うことが規定されており、
今日のドメーヌ・マルティーニのAOCアジャクシオは、
・シャカレッロ 70%
・ニエルーチョ 25%
・サンソー 5%
と、がっつりシャカレッロ主体になっています。
(インポーター、アズマコーポレーションのサイトから)
サンジョヴェーゼであるニエルーチョをいただくより、
飲んだことのない品種をがっつりいただく方が面白いですよね。


さて、ドメーヌ・マルティーニを調べますが、公式ページなし。
正式名称「Martini Frères et Ledentu」ということはわかりましたが、
所在の住所情報ではGoogle Map上でついぞ見つかりませんでした。
仕方がないのでインポーターの情報サイトをリンクしておきます。

せっかくいろいろ調べたので、その際見つかった、
このワイナリーと思われる写真を貼っておきます。
Martini001
コルスの畑感、出てますでしょうかね?


エチケット平面化画像。
IMG_5753
フランス農業省のABマーク(Agriculture Biologique)があります。
裏ラベルを見ると、エコセールの認証も受けているようです。
これは自然派ワインですね。
オーガニックは結構ですが、へたなビオワインでないことを願うばかりです。


さて、抜栓。
Alc.12.5%。
かなり茶がかった透き通ったルビー。
あまり濃い色を出す品種じゃなさそうですね。
ネッビオーロなんかで感じる草臭がします。
ブレタノマイセスっぽいかも。ビオなのかな?
かすかな赤ベリー香はあるにはあるんですが。
アタックは酸味から来ます。
しかし嫌な酸味でなく果実味を演出してくれる酸です。
タンニンも喉越しに程よく感じ、味の素性はいいと思います。
後味にも酸味が目立つんですが、でも嫌じゃない。
麻婆豆腐に見事に合い、「うまい!」と思いました。

独特だけどおいしい。
こういうのに出会うと楽しいです。


*****


Domaine Martini(Martini Frères et Ledentu)
AOC Ajaccio 2010 Cuveé Tradition
RRWポイント 87点