久々のジンファンデルです。カルフォルニアです。
レイヴンズウッドはよく見かけるブランドですが、多分今回がお初です。
何やら、
ジンファンデルをカリフォルニアの代表品種に押し上げた功労者として、
ジンファンデルを売りにやってるワイナリーだそうで。


IMG_6081


公式ページなんかでワイナリーを調べてみましょう。
なかなか立派なホームページで、規模も大きそうです。

早速、ソノマにあるワイナリーを訪問します。
Ravenswood01
やはりですが、Google Mapのストビューでは入口までです。
この道の奥に施設があるのですが、上空から見るとかなりの規模。
試飲ツアーも頻繁にやってるみたいなので行ってみたいもんですね。

地図上の位置を確認してみます。
Ravenswood02
ソノマですが、市街地の北側の山裾ってところですね。

しかし、今日のジンファンデルは「ローダイ」からです。
ソノマのみならずメンドシーノやその他離れた畑でも、
ジンファンデルを作っているようです。

ローダイはこれくらい離れています。車で2時間弱といったところ。
Ravenswood03
ついでに、ナパ郡とソノマ郡の行政区分を囲っておきました。
AVA(American Viticultural Area)と完全には一致しないでしょうが、
ナパだ、ソノマだと言う時に、だいたいの地理感覚が欲しいですからね。


バクっとしたカリフォルニアの産地はこんな感じです。
Ravenswood04
ネットでの拾いもの画像です。(出典不明…)


さて、脱線はここまで。今日のジンファンデルを調べます。
残念ながら公式ページはショップサイトと兼用になっていて、
現行ヴィンテージ(2016年)しか載っていません。
仕方がないので、結局ネットショップのサイトに頼ります。
・ジンファンデル 79%
・プティ・シラー 20%
・アリカント・ブーシェ 1%
おっと、また出ましたアリカント・ブーシェ。
1%とはまた微妙なことしてますね。

樽は2016年と同じとすれば、
新樽率30%の仏樽で18ヶ月。
けっこう樽をきかせていると思われます。


インポーターのシールは裏ラベル下に小さく。
IMG_5835
この気遣いが素晴らしい。アコレード・ワインズ・ジャパンさん。


さて、抜栓。
Alc.14.5%のフルボディー。
濃いルビー。
カシス、フランボワーズ、樽香も生ヌルッと香ります。
フレッシュ生野菜の風味も?
辛口アタックからの、果実味がすぐに来ます。
舌に甘みが残る感じはちょっと余計かなとも思いますが、
これがジンファンデル/プリミティーヴォの個性でしょうね。
味は薄っぺらくなくいい感じなのですが、
やはり後味にも残る甘みは好みではないです。
「よし」とする人がいる程度の甘さなんですがね…。


*****


Ravenswood Old Vine Zinfandel Lodi 2015
RRWポイント 87点