プーリア州からのアリアニコです。
で、ここにもいたアンティノリ所有のワイナリーです。
知らずに飲んで、ブログ書くにあたってわかりました。


IMG_6092
一見してアンティノリを示すものはありません。

アンティノリの公式ページから拝借、イタリア進出地図です。
Puglia05
トスカーナ、ピエモンテだけじゃなくプーリアにもありましたか。
1998年かららしいので、さほど古いところではなさそうです。


トルマレスカの公式ページは、ハイセンスな凝った作りです。
今日の「ボッカ・ディ・ルポ」というのは、
トルマレスカが持つ2つのワイナリーのうちのひとつであり、
「Tenuta Bocca di Lupo」という名前の独立したワイナリーです。
サイトも単独でかなりの情報量になっていて、見ごたえありです。

きれいなワイナリー。美しい写真に見とれますね。
Puglia02


もう一つのワイナリーはアドリア海沿岸にあり、
「マッセリア・マイメ(Masseria Maime)」という名前。
こちらも興味深いのですが、本日のワインからは脱線なので、
またの機会に。(こちらのを飲む機会があればですが…)


で、このワインは、DOCカステル・デル・モンテ(Castel del Monte)です。
このDOCを調べると、カステル・デル・モンテという世界遺産の古城があり、
その周辺を産地とするDOCです。
Puglia01
これがそのお城。小高い丘の上にあり、周りは一面畑です。
このDOCのワイン、使用できるブドウが多種多様なものが許されており、
品種を名前のあとにつけて表示する慣例があるようです。
今日のアリアニコも「DOC Castel del Monte Aglianico rosso」となるようです。

このお城から、ボッカ・ディ・ルポのワイナリーまでは45分くらいです。
Puglia03

プーリア州含めた位置関係はこんな感じ。
Puglia04


このワインについて公式ページを見ますが、2014年しか載ってません。
IMG_6093
アリアニコ100%はわかります。
樽は裏ラベルによると仏樽で15ヶ月であろうと思われます。


さて、いただきます。
Alc.15%。
濃い目ですが透けるルビーです。
黒ベリー、ドライフルーツ。
辛口アタック。
アルコール感がすぐに喉に感じます。
微々たる甘みと、喉に収斂性を少し感じます。
全体バランスはGOOD。
香り以外アリアニコ感がないのが不思議な感じですが、
おかげで飲みやすいです。


*****


Tormaresca(Antinori)
Bocca di Lupo 2012
DOC Castel del Monte Aglianico
RRWポイント 91点