KALDIで適当に買ったポルトガルです。
カサ・サントス・リマ? 前にも飲んだ生産者ですね。
ポルトガルの大手なんでしょうね。


IMG_6601


公式ページはよくできています。
本拠地のリスボン近郊だけではなく、南部の「Algarve」や、
「Alentejo」、「Douro」、「Vinhos Verdes」などに手を広げ
かなりの種類のワインを出しています。
コストパフォーマンスの良さをやけに強調していて、
「偉いワイン」作りに自信があるんでしょう。
前のもおいしかったし期待大。


このタランボラなるワインの情報を見ると、ボトル形状が違う!?
Taram02
セパージュは、
・トウリガ ナシオナル
・シラー
・カベソー
とあるだけで比率は不詳。
トウリガ・ナシオナルはポルトガルの代表品種ですね。
樽熟は、仏・米樽混合で8ヶ月。


さて、カサ・サントス・リマへ行ってみます。
Taram01
リスボンから1時間ほどのどかなブドウ畑一面の世界ですね。
敷地も大きく、中には近代的な建物もあるようです。

馬車による見学コースもあるそうです。行ってみた~い。
CSL01
旧建屋の横にその新しい施設が見えます。

エチケット平面化画像。
IMG_6469
DOCは「Vinho Regional Lisboa」。リスボンの地域ワインです。
要はIGPワイン。フランスで言う「Vin de pays」の類ですね。

いろんな金メダルを誇らしげに貼ってあるのですが...
IMG_6470
エチケットと一緒に入らないので別撮りしました。(笑)
金賞受賞ワインとかあまり当てにならないものが多いですが、
4つもあるとそれなりのレベルなのかもしれません。


さて、スクリュー回転です。
Alc.14%。
濃いガーネット。
黒ベリー。
甘みかな?と思いますが、うま味アタックです。
フレッシュ感あります。
タンニンが軽めながら辛口を演出してきます。
後味にちょっと甘み引きずる感じがあります。
全体のバランスとしてはGOOD。


*****


Casa Santos Lima
Tarambola Vinho Regional Lisboa 2015
RRWポイント 89点