昨日に引き続き、シャトー・ラフィット・ロートシルトですが、
セカンドのカリュアド・ド・ラフィットをいっしょにいただきました。
驚くのは、パーカーおじさんが77-79点という超低評価をしてること。
こんな低いパーカーポイントは初めて見ます。ある意味、興味津々。(笑)


IMG_6660
エチケットはファーストの風情が漂っています。
「超」1級、ラフィットのセカンドですからね。
ファーストより安く2万円ほどで買えますが、ぜんぜん偉くない。(笑)

公式ページによると、ファーストよりメルロー多めで、
専用区画で栽培されたブドウを使い、独自の個性を持たせてるとか。
ファーストのレベルに満たないのをセカンドに落とすわけではないようです。
セパージュは、
・カベソー 64%
・メルロー 29%
・カベフラ 4%
・プチヴェルド 3%
それほどメルロー多めでもないですね。
セカンドでもっと極端にメルロー主体にしてるシャトーもありますからね。
樽熟は、8割だけを18~20ヶ月。新樽率は10%です。

2013年の説明には、非常に天候が悪くて苦しんだと書いています。
加えてボトリティス菌が大発生して被害を受けたとあります。
2013年のボルドーはどこも出来が悪かったようですが、
ラフィットは特に悪いような印象を受けますね。
ちなみに、ボトリティス菌とは ボトリティス・シネレア菌という、
貴腐菌の一種ですかね?
もう、貴腐ワインにしちゃえばよかったかも。(笑)


エチケット平面化画像。イラストはファーストと同じですね。
IMG_6662


さて、いただきます。Alc.12.5%。
IMG_6658
濃いルビーですが、若干透明感もありますね。

ファースト(2014年ですが)と比べてみましょう。
IMG_6666
うん、やはりセカンドは色が薄めです。

黒ベリーですが、ナッツ?スパイス?のような風味も。
酸味が目立つアタックですね。
確かに味わいは薄っぺらく、酸味がパレットを支配します。
心地よいタンニンというものがほとんど感じられません。
余韻で、タンニンのなれの果てと思われる雑味をまとって、
最初の酸味がぶり返します。
おまけに、その嫌な感じが後味に残ります。
うわぁ、確かに最悪の部類です。

パーカーおじさんの77-79点とは言いませんが、
ラフィットともあろうもの、ここは勇気をもって、
「こんなのならセカンドは出さない」という決断もあったと思います。


*****


Château Lafite Rothschild /
Carruades de Lafite 2013
RRWポイント 83点