先日、アメリカのお店の店頭で目にしていたワインなのですが、
なんとなく気になって、なんとなくAmazonでお取り寄せ。
何が気になったのか自分でもよくわかりません。ラベルデザイン?
「Ménage à Trois」はフランス語で「3人組」の意味です。


IMG_7561
どう見ても二人組みの踊り子なんですが。


公式ページはトップページがでっかい動画でインパクトあり。
セパージュはこうです。
・カベソー 95%
・メルロー 5%
樽熟は、米・仏樽混合とありますが期間不明。

AVA(American Viticultural Area)は「North Coast」。
広域AVAっぽい名前ですから、やっぱり広域でした。
NorthCoast01
ナパやソノマを含む広域AVAですね。覚えておきましょう。


公式サイトをよく読むと、ラベルの踊り子のマークは、
ロールシャッハ・テストのインクのしみを模したものだそう。
NorthCoast02
人によって見え方が変わる心理テストのアレです。
ワインも人それぞれの感じ方で味わってという意味らしいです。
なんかうまいこと言ってるようで、無責任な気もします。(笑)


さあ、公式サイトの住所を頼りにワイナリー訪問。
すると、そこは「Napa Cellars」というワイナリーと同じ所です。
看板が両方上がってますので同じなんでしょう。
IMG_0261
よく確認すると、「Folie à Deu」というワイナリーもここです。
このワインの裏ラベルにはFolie à Deuワイナリー生産と書いてます。
結局この3つのワイナリーは同一ということでしょうか。

やはり、それぞれの公式サイトはテイストが同じです。

Napa Cellars

Folie à Deu


ラベル平面化画像。
IMG_7476
裏ラベルには「North Coast」と言っても、
「Lake」「Sonoma」「Napa」の3地域からと書いてます。


さて、抜栓。
IMG_7562
キャップ、コルク(合成)にも踊り子のマークが。

Alc.13.5%。
濃いガーネット、インキーです。
黒ベリー、あんず、草、青野菜...。
甘み乗ったアタック⁉︎
味の奥行きは感じますが、
甘みが邪魔をしています。
タンニンは忘れるぐらいソフト。
 
余韻で甘みは酸から来るのかと思わせ、
そんな酸味っぽい味でフィニッシュ。
どうもこの手の甘い系は苦手です。 


*****


Ménage à Trois Cabernet Sauvignon 2016
RRWポイント 85点