この前、プイィ・フュメを試したので、今度はサンセールをと選んだのが、
「ソーヴィニヨン・ブランの魔術師」とも呼ばれるパスカル・ジョリヴェ。
ワイン商の長男パスカル・ジョリヴェ氏が1982年にロワールにワイナリーを設立。
初リリースから間もなく高評価を得、ロワールを代表する作り手になったとか。
(以上、ネットからの受け売りです。笑)


IMG_8855
認証マークなんかは見当たりませんが、かなりの自然派の作り手らしいっす。


公式ページはカッコいいではあるのですが、
個々のワインの説明は極小でちょっと残念です。
まあ、ソーヴィニヨン・ブラン100%ですし、
無農薬、手摘み、グラヴィティ・システム、
天然酵母…というキーワードで理解しておきましょう。


さて、ワイナリー訪問です。またもや近づけず。遠目に見えます。
PascalJolivet01
サンセールの市街地のすぐ近くです。歩いても30分ぐらいの距離。

サンセールのコミューンは、ロワール川に面した丘の上にあります。
PascalJolivet03
「丘の上の町」に中世からの歴史的な美しい建物が散在しています。

サンセールとプイィ・フュメを一緒に俯瞰しておきましょう。
PascalJolivet02

う~ん、普通にネットで拾った地図の方がわかりやすいですね。
PouillyFumeSancerre


エチケット平面化画像。
IMG_8539
エチケットの絵の下に「Route de Chavignol, Sancerre」とありますが、
「シャヴィニョール村への道」の風景を絵にしたってことでしょうか。

実際、パスカル・ジョリヴェからシャヴィニョール村へは一本道で、
ずっと畑を抜けていく道になってます。これがモチーフでしょうかね。
PascalJolivet04


さて、抜栓です。コルク、キャップシールはシンプル~。
IMG_8853

Alc.12.5%。
薄いイエロー。
IMG_8854

青リンゴ、ライムか花梨。
メトキシピラジンの緑のニュアンスはないです。
フレッシュな甘み感じるアタック。
すぐにきれいな酸に包まれたミネラル感の味わいが来ます。
喉越しに、軽い苦味がまたいいアクセントですね。
フィニッシュまで爽やかなミネラル感を存分に楽しめます。
WWWポイントは80点満点。よってこれは満点です。


*****


Pascal Jolivet Sancerre 2018
Route de Chavignol
WWWポイント 80点



WhiteWhiteWine01