岡山県新見市哲多町にあるドメーヌ・テッタ。
2016年にワイナリー施設がオープンしたという新しいところです。
メルローをお試ししますが、この2017年がファースト・ヴィンテージだそうで、
ワイナリーの完成で、ブドウ栽培からビン詰めまで行えることになり、
晴れて屋号を「tetta」から「domaine tetta」に改名したんだそうです。
なんだかフランスのワイナリーのような話。本格派な感じがしますね。


IMG_1335
岡山県と言っても山奥(笑)。自宅から車で片道3時間半かかります。
微妙な距離ですが、今回これを抜栓するにあたり、頑張って行ってきました。

 
公式ページで下調べ。カッコいいデザインです。

今日のワインのコメントをそのまま転記しておきます。
「2016年は一部全房でピジャージュは1日1 回程度でしたが、2017 年は完全除梗、
ピジャージュ1日2 回。野生酵母で20℃を超えないゆっくりとした長期発酵は、
前半ステンレスタンク、後半木樽で。自然に任せた乳酸発酵が終わったかな?
といったところで瓶詰。」


さあ、Google Mapではなく本当にドメーヌ訪問です。(笑)
公式ページによれば月・火が休みだそうで、本日は日曜日で開いていることも確認。
IMG_1322
4時間近くかかり到着。「ん?」「静かだな…?」「CLOSED?」…「ガ~ン!」
まさかですが、閉まってました。(涙)

仕方がないので付近を散策。
IMG_1317
モダンなデザインの建物は、ブドウに優しいグラビティフローシステムを採用。

周りが一面所有畑なのは雰囲気が素晴らしいです。冬なので殺風景ですが。
IMG_1319
トレードマーク(?)のパンダちゃんも見つけました。

Google Mapでは、まだ「domaine」が完成する前の写真でした。
tetta01
リベンジでまた来るとは思いますが、いつになることやら…。


エチケット平面化画像。1枚ものです。
IMG_1043
「Mis en bouteille au domaine tetta」と「ドメーヌ元詰め」が誇らしげです。

もとはこんなデザインの紙でラップされてました。
IMG_1041
パンダちゃん! パンダちゃん!


さあ、抜栓です。
IMG_1333
キャップシールはアルミ箔ではなく、蝋(ろう)封タイプでした。

コルクも平面化。ここにもパンダちゃん!
IMG_1331
What would Panda drink?(パンダって何飲むの?)って何のメッセージ?
ワインを飲むって言いたいのかしら。

Alc.12%。
ガーネット、ですが結構透け感があります。
IMG_1334

涙はほぼ形を認められず。
カシス、スミレ…ブラックベリーも出てきました。
スパイスも。
微炭酸かと思う酸を感じる辛口アタック。
味の芯は確かにあるんですが厚みは弱めです。
喉元で苦味+タンニンを感じられ、
メルローらしさが出ていておいしいんですが、
酸を抑えきれてないのが少々残念。

ただ、すごいポテンシャルを感じるので、今後が楽しみ。
ピノも試したくなります。


*****


Domaine Tetta
Merlot Barrique 2017
RRWポイント 86点