シャトー・ボーシェーヌは南フランスのオランジュのすぐ北側にあります。
17世紀からこの地に住むベルナール家が1794年に畑を入手し歴史が始まります。
1971年現当主ミシェル・ベルナールさんの代になり家族経営で拡大・発展させます。
シャトー ヌフ・デュ・パプをフラッグシップとするローヌを代表する作り手です。


IMG_1586
今日のこれはコート・デュ・ローヌ。グラン・レゼルヴなんて大層な名前ですが、
ラインアップでは一番下のレンジです。やはり下からお試しです。(笑)


公式ページは古めかしいテイストですが、内容はそこそこ。

セパージュは以下の通り。樹齢は30~50年となかなかのVVです。
・グルナッシュ 30%
・シラー 35%
・ムールヴェードル 23%
・マルセラン 8%
・カリニャン 4%
(記事カテは、シラーが最大分量ですが先に書いてあるグルナッシュに分類。)
完全除梗するなど記述はありますが、樽熟は不明。なしかな?
畑はオランジュの町の北側の石灰質土壌の傾斜地とありますが、
それだけでは場所までは特定できないですね。


シャトー訪問。ストビューで近づけないのでアップされてた写真を拝借。
Beauchene01
敷地内もきれいに整備されてます。エチケットのイラスト通りの建物です。

位置関係をローヌ南部のAOCと共に確認します。まさにオランジュの北側。
Beauchene02
シャトー・ボーシェーヌはChâteauneuf du Pape、Côtes du Rhône、同Villagesに
計70haの畑を所有とのことですが、場所はうまく特定できません。

せめてこの地図でCôtes du RhôneCôtes du Rhône Villagesの範囲を確認します。
発祥の地オランジュの北側と、オランジュとシャトーヌフとの間の畑と思われます。
ChateauBeauchene01
これはネットで拾った地図なのですが、ちょっと古かったので修正しています。
2006年AOCコミューンに昇格のヴァンソブル(Vinsobres)は正しいのですが、
2010年昇格のラストー(Rasteau)や2016年昇格のケランヌ(Cairannne)が、
まだAOC Côtes du Rhône Villagesのままでした。


エチケット平面化画像。
IMG_1452


さあ、抜栓。
IMG_1581
シャトー専用品。紋章もカッコいいですね。

コルクも平面化するとこうです。
IMG_1582
集成コルクですがシャトー名と、例の建物のイラスト入り。

Alc.13.5%。
ガーネット。
IMG_1583

ブラックベリー、プラム、ブラックチェリー。
甘み・酸味それぞれ少しづつ乗ったような辛口アタック。
軽さを感じさせるフレッシュ感はありますが、
味の厚みもあって、いいバランスと言えます。
深みはないんですが、奥に苦味も備えた、いい具合の味わい。
余韻も凡庸なんですが、フィニッシュまでたどり着くと、
「楽しめた」と思えるんです。不思議なもので…。

これは、上のレンジは絶対うまいと思いますね。
う~ん、また課題が増えたなぁ。(笑)


*****


Château Beauchêne
Grande Réserve 2017
Côtes du Rhône
RRWポイント 92点