オーストラリア南端にあるタスマニア島、そこのピノ・ノワールだそうです。
南半球の南端ということは冷涼な気候になり、ピノにいいのかもですね。
リカマンで特売だったということは置いておいて(笑)初タスマニアです。
近年タスマニアでも注目のワイナリーだそうで、楽しみであります。


IMG_1715
1994年設立のタスマニアを代表するテイマー・リッジというワイナリーが、
デイリーレンジとして始めたのがこのデヴィルズ・コーナーなんだそうで。
その後ヴィクトリア州の大手生産者であるブラウン・ブラザーズに買収されますが、
その資金力を使い、Tamer RidgeDevil's Cornerを2つの異なるスタイルとして、
自社タスマニア・ブランドの確立に注力した結果、なんだかんだで(笑)、
デヴィルズ・コーナーはタスマニアで 1、2を争うブランドに成長したんだそうです。


公式ページは見やすくていいですが、ワイン情報はショップページ兼用です。

・ピノ・ノワール 100%
は当然として、醸造について詳しい記述がなくて残念。樽はなさそう。
興味深いのが「air maceration technique」を使っているという記述。
ミシェル・ロランおじさんのマイクロ・オキシジェネーションみたいなのかな?


テイマー・リッジの公式ページがこちら。デザイン・体裁はほぼ同じです。

こっちの方がかなりのピノ・ノワール押し。こっちのも試してみたいですね。
テイマー・リッジはテイマー川という大河の畔にあって、一帯をTamer Valleyといいます。
実はこの川が直角に曲がる船の難所があって、その名がDevil's Cornerなんです。
「悪魔の曲がり角」ってことですね。


さて、
デヴィルズ・コーナーを訪問ですが、テイマー・リッジからちょっと離れています。
もともと派生ブランドだったので本家とは別の場所なのはいいんですが、
船の難所の「Devil's Corner」とは全く別の場所なのがなんとも微妙です。(笑)
Devil01
きれいな畑に囲まれていますが、ポツンと一軒家状態ではあります。
施設はオシャレかつワイルドな感じでなかなかいい。行ってみたいです。


ワイン生産地としてのタスマニアを地図上で見ておきましょう。
Devil02
Tamer Ridge、Devil's Corner間は車で2時間の距離。結構離れています。


ラベル平面化画像。船の難所らしいイラストです。意味がわかりました。
IMG_1631
インポーターシールの貼り方がぞんざいですが、裏ラベルを隠していません。
普通は下のバーコードを隠しに行ってベッタリなんですが、これは偉いです。


さあ、オーストラリアですからスクリュー開栓です。
IMG_1712
DC(Devil's Corner)のエンボスが入ってますね。

Alc.13%。
赤味少し強めのルビー。
IMG_1714

ラズベリー、イチゴ、茎っぽさ。
辛口アタック。
かすかな苦味がアクセントで複雑な味わいです。
ハーブっぽさ?も感じます。
酸味もありますが、全く邪魔しないくらい穏やかなのはいいですね。
お陰で「フルーティさも忘れちゃいない!」といった喉越しと余韻。

むむむ...ちょっと驚きました。
これはかなりレベルの高いピノです。
タスマニア、やるじゃないか。


*****


Devil’s Corner
Pinot Noir 2018
Tasmania
RRWポイント 93点