フランソワ・ランプというコート・シャロネーズのジヴリの作り手です。
ブルゴーニュもいろいろ試してはいますが、コート・シャロネーズは盲点でした。
過去ブーズロンをいただいたぐらいで、なかなか機会がありませんでした。
マコネやボジョレーよりコート・ドールに近いですから、掘り出し物があるかも。


IMG_1653
コート・シャロネーズのAOCはブーズロン以南、順にリュリー(Rully)、
メルキュレ(Mercurey)、ジヴリ(Givry)、モンタニー(Montagny)と続き、
リュリー以下、全部プルミエ・クリュの畑があるんですね。
今日はジヴリのプルミエ・クリュ、赤・白ともにお試ししました。
(白は明日の記事にします。)


公式ページはシンプルで情報少なめですが、カッコいいです。
1977年からブドウ栽培を始め、1991年にドメーヌを設立していますが、
ジヴリを代表する優秀な生産者としてフランス国内で評価が高いそうです。

公式にはあまり詳しく書かれてませんが、ネット情報も合わせると、
・ピノ・ノワール 100%
を手摘み収穫、完全除梗、たぶん新樽率70%で12ヶ月熟成です。
2016年とこの2017年の2年連続でパーカーおじさんは91点をつけています。


ジヴリの市街地にあるドメーヌ訪問。モダンでカッコいいですね。
Givry04
きれいな畑に囲まれていますね。所有畑でしょうか。

コート・シャロネーズからおさらいしていきます。Givryはここです。
Givry03
ジヴリはリュリー、メルキュレとともに赤・白OKのAOCです。
モンタニーだけ4つの村にまたがり、白(シャルドネ)のみのAOCでしたね。

ジヴリのAOC地図でプリミエ・クリュと村名の畑の分布を見ましょう。
Givry02
黄色の所が今回試した赤・白の1級畑です。ドメーヌの場所も印してます。
La Vigne RougeとLa Brûléeという1級畑も含め全部で約9.5ha所有してるそうです。
(地図上で探してみてください。La Brûléeはわかりにくかったです。笑)

例によって、Google Map転記をしてみました。
Givry01
それぞれの畑も訪れ、写真(スクショ)を撮ってみました。(笑)
なかなかきれいな畑です。コート・ドールと遜色ないような気がします。


エチケット平面化画像。
IMG_1656
裏ラベルのほうが立派で長い。(笑)


さて、いただきます。
Alc.13%。
しっかりしたルビー。
GivR

香りはあまり立ってませんがフランボワーズかな。
水臭い風味。
少し嫌な酸にも気がついてしまいました。
余韻に入ってもリベンジなく終わりました。

期待しただけに、少し残念。
パーカーおじさんを信じれば、
ほんとはもう少しおいしいはず。(笑)


*****


Domaine François Lumpp
Givry 1er Cru
Clos du Cras Long 2017
RRWポイント 86点