ワイン関連の本を読み漁っていた頃、新刊で発売されたので思わずゲットした、
「幸せになりたければワインを飲みなさい」という本があります。
カリフォルニアワインのおいしさを知り、外資系IT企業を辞め、なんだかんだで(笑)
現在カリフォルニアワインを自らリリースしてるという著者のお話。
それで、この方の出されているシャトー・イガイ・タカハのワインを知りました。
本はまだ読了してませんが(笑)一番お手頃なのをいただいてみようと思います。


IMG_0039
Ch.igai Takahaはラベルにもあるご自身の家紋「丸に違い鷹羽」のことだそうで、
「igai」の「i」の上の点が落っこちて「Ch.」となりChâteauの省略形になるという、
なんとも芸の細かいネーミングです。落ちる点は軌跡を描いてますし。(笑)


公式ページは、日本語です。(笑)

ワイン作りは、主にサンタ・バーバラ近辺のいくつかのワイナリーに依頼してるそうで、
Our Team」として作り手の紹介があります。
シャトー・イガイ・タカハの畑やワイナリーといった実体がない訳で驚きですね。
フラッグシップの「侍」はBrewer-Clifton WineryのGreg Brewer氏が担当という具合。
今日のオフクロ・ビューティーというのは家紋ワインというシリーズで、
Transcendence WineryのKenneth Gummere氏がワインメーカーだそうです。
・バルベーラ 50%
・ドルチェット 50%
というピエモンテの酸味の強い2大品種のブレンドですね。面白い。
オヤジ・ダンディーというのもあって、こちらは何と同じ黒品種を使った白ワインです。
醸造法など詳しいことは不詳。


実体のないワイナリーを訪問できないのですが、依頼された「作り手」を訪問。
IMG_0031
前出のBrewer-CliftonとTranscendenceのワイナリーはこんなところ。
サンタ・バーバラに近いロンポクという町の市街地の中にありました。
今日のワインはSanta Barbara County AVAなのでこの近辺の畑なんでしょう。
ロサンゼルスとサンフランシスコの間の海岸沿いCentral Coastに属します。


ラベル平面化画像。
IMG_0030
最近iPhone SEに変えたので、色味の調整がまだ不慣れでうまくいきません。(笑)


さあ、抜栓。
IMG_0037
見事な無印ですが(笑)コルクはCork Supply社製のテクニカルコルクVincですね。

Alc.14%。
オレンジがかったクリアなルビー。
IMG_0038

プラム、プルーン、ドライフルーツ…。
すでに酸味が香りに出てる感じがします。
やはり、酸味乗った辛口アタックです。
ピエモンテでもここまで酸なバルベーラは珍しいんじゃ?って感じ。
味の深みがあるのはわかるんですが、
レモンのタブレットが舌の上に置いてあるがごとしの酸にマスクされ、
そこまで到達できないという印象。(笑)
食事に合わせれば何とかなるかなと思いましたが、
その食事(ハンバーグでした)を邪魔するくらいの鋭角の酸…。
これは手ごわいです。


*****


Ch. Igai Takaha
Ofukuro Beauty 2017
Santa Barbara County
RRWポイント 82点