久々に大阪の真ん中にあるタカムラへ赴き、これを含め何本かゲットしてきました。
やはりネットより店頭で物色するのが楽しいですね。いろいろと発見もあるし。
夏向けにサンセールのソーヴィニヨン・ブランなんかいいなと選んだ1本です。
新世界もいいけれど、本場フランス、それもビオディナミ・サンセールです。(笑)


IMG_3090
ドメーヌ・デュ・ノゼはサンセール市街から北へ車で10分くらいにあります。
Château de Nozayという17世紀のお城がドメーヌになっていますが、
現当主シリルさん(Cyril de Benoist)の祖父が先祖の土地として買い戻し、
先代になるご両親、フィリップ・ド・ブノワさんとマリー・エレーヌ夫妻
(Philippe de Benoist、Marie-Hélène)がソーヴィニヨン・ブランを植えたのが、
ドメーヌ・デュ・ノゼの始まりです。

お母様のマリー・エレーヌさんはオベール・ド・ヴィレーヌ(Aubert de Villaine)
氏の妹さんだそうです。そう、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)
の共同経営者で、ブーズロンでドメーヌ・ド・ヴィレーヌ(Domaine de Villaine)
をやってるお方。
なので、シリルさんの弟のピエールさんはおじさん(オベール・ド・ヴィレーヌ)
のところのドメーヌ・ド・ヴィレーヌで働いてるとか。
世界は狭いというか、サンセールでDRCの親戚筋に出くわすとは…。(笑)


公式ページは文字多めですが(笑)そこそこの情報量。

・ソーヴィニヨン・ブラン 100%
は当然として、畑はシャブリのようなキンメリジャン土壌だそうで、
貝殻質からくるミネラルが特徴だとしています。
畑は2011年からビオ認証(AB=Agriculture Biologique )され、2017年からは、
ビオディナミ認証(Demeter)もされてますので、今日の2018年はビオディナミ。
「卓越したワインを生むビオディナミのすごさを確信しています。」とか書いてあり、
かなり盲信(失礼!)のご様子。個人的にはビオはちょっと心配。(笑)


サンセールの北、Sainte-Gemme-en-Sancerroisにドメーヌはあります。
全然近寄れず、いい写真も上がってなかったので公式ページからの写真です。
Nozay00
サンセールへ続く県道D54号線沿いに入り口はありますが、そこから入れず。
一応入り口に小さな看板は出ていました。(笑)

サンセール市街の真ん中にテイスティングルーム兼ショップがありました。
Nozay01
10分ぐらいの距離ならシャトーの方で試飲はしたいものですね。
サンセールだと駐車するのも難儀そうだし。


AOCサンセールとドメーヌ位置関係の把握のため、この地図を用意しました。
(ロワール渓谷のワインの公式ページ、「VINS DU VAL DE LOIRE」から)
Sancerre00
AOCごとの赤・白・ロゼ表示の通り、サンセールには赤もロゼもあります。
ロワール川対岸のプイィ・フュメやカンシー(Quincy)は白だけですね。
この地図で十分わかりやすいではあるんですが、やはり横着はいけません…。

例によってGoogle Map転記を敢行(笑)。ドメーヌ位置もご確認を。
SancerreA1
サントル・ニヴェルネ(Centre Nivernais)ってフランスでは言わないのか、
日本の解説書でしか見ないんですよね。サントル(Centre)は真ん中なので、
まさにフランスのド真ん中という意味はわかります。
ニヴェルネ(Nivernais)はヌヴェール(Nevers)周辺の昔のフランスの地方名で、
現在ではニエーヴル県(Nièvre)に相当します。

これが中央フランスのワインの公式ページ。「Centre-Loire」と言ってます。

サントル・ロワール。これも個人的には変です。ロワールの真ん中じゃないから…。
やっぱり、フランスの真ん中(Centre de la France)っていうのが正しい気がします。


ついでにロワール渓谷全体のワイン地図を貼っておきます。
Sancerre03
にも上げたんですが、オリジナルサイズでデカすぎたので、今回は縮小版。


エチケット平面化画像。
IMG_3084
シャトー・デュ・ノゼのヘタうまイラストですね。
星と月のマークにビオディナミ・ワインと誇らしげに書いてます。(笑)

裏ラベルはインポーターラベルがこんなだったので別撮りしています。
残念ながら、きれいに剥がせず。隠れてたのはドメーヌ名のみでしたが。
IMG_3083
ユーロリーフとデメテールのマークがまぶしいです。(笑)


さあ、抜栓。
IMG_3086

コルク平面化。
IMG_3088
ミレジムが横に入っていて優秀。しかし、何だこのゾウは?
ビオディナミと関係あるんでしょうか。公式ページには全く説明なし。

Alc.12.5%。(pH:3.25、Brix:5.4)
イエローゴールド。
IMG_3087

グレープフルーツ、花梨、白桃。
爽やかな果実味の酸を感じる辛口アタック。
レモンのお菓子(笑)の甘さも。
質量を感じる味の芯はキラキラとミネラルをまとってます。
糖度はあまり高くないんですが、甘みを感じます。
苦味様の何かも後味に残ります。
ビオのせいなのか、ソーヴィニヨンの青みからくるのか。
しかし、明らかにビオからくる問題はなさそうです。

サンセールの深みのあるソーヴィニヨンは感じられました。
やはり、本場はいいもんですね。


*****


Domaine du Nozay
Sancerre 2018
Vin Biodynamique
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01