チリワインのカルメネールばかり飲んでいると気づくことがあります。
エチケットの表記・綴りがまちまちなのです。
3つのパターンがあります。

(1) Carménère
(2) Carmenère
(3) Carmenere

もちろん、カルメネールはもともとボルドーの品種ですから、
フランス語読みすればいいのですが、

(1)は、2音節目のeにアクサンテギュなので「エ」と発音します。
  3音節目のアクサングラーヴは、末尾に無音のeがあるとき、
  その直前のeにつけて「エー」と発音します。
  よって「カルメネール」となり、僕もこう呼んでいます。
(2)は、3音節目のアクサングラーヴのみ。
  するとフランス語では「カルムネール」に近くなると思います。
(3)は、何もなし。もしくは大文字表記。どう読んでも自由でしょう。(笑)


Car


本家フランスが(1)であれば、それに合わせてすべて解決なのですが、
フランスにおいてA.O.C.ワインを取り決めたりする公的な機関のI.N.A.O.
(Institut National des Appellations d'Origine=国立原産地名称研究所)が、
(2) の「Carmenère」と表記しているそうなんです。
すると、スペイン語が母国語のチリでは、そういうフランスの権威に影響され、
次第に「Carmenère」表記が増えてきたんじゃないかと思うんです。
(1) の「Carménère」は「Carmenère」のシノニムという扱いの専門家もいるようです。

僕の専門はスペイン語ですので、フランス語の詳しい事情はわかりませんが、
アクセント記号が多い方がオリジナルじゃないのと思ってしまいます。(笑)

当のチリのワイナリーでは何と発音しているのかというと、
スペイン語読みの「カルメネーレ」と言ってそうですが、
各サイトのインタビュー動画なんかを注意深く聞くと、
フランス語を尊重してか「カルメネール」と最後のeを発音しない人が多いです。


Car2


もうチリの代表品種として認知されてきた昨今ですから、
フランス語とスペイン語の発音が「カルメネール」で両立する、
「Carménère」表記を正式としたらいいのになと僕は思っています。
でも、「Carmenère」表記のチリワインはどんどん増えているのですが…。

そうそう、余談ですが、僕はスペイン語が専門かつ、ワイン歴のルーツはチリ
(もしくはメキシコ)ですので、ワイン用語が少しスペイン語寄りです。
エノロジスト(醸造家)はエノロゴ、
ヴァラエタル(単一セパージュ)はバリエタル、
といった具合です。

チリの産地の「Valle」(谷、盆地)も本当は「バジェ」と言いたいのですが、
とりあえず「ヴァレー」と頑張って英語読みしています。(笑)