Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

ガメ

Potel Aviron Morgon Côte du Py 2008 Vieilles Vignes

ボジョレーはマセラシオン・カルボニック法で作った早飲みワインが主流ですが、
地域北部10ヶ村が村名を名乗るクリュ・ボジョレーは、同じくガメを使いながら、
コートドールの伝統的製法で熟成のポテンシャルもある格上ワインを産んでいます。
そんなのを試そうと、クリュ・ボジョレーのモルゴン、2008年をゲットしました。
経験からガメにはそんなに期待はしてないですが、どれほどのもかお試しです。


IMG_2408
作り手はポテル・アヴィロン。実は、以前試した二コラ・ポテルさんと、
ボーヌ農業学校で同窓だったボジョレー出身のステファン・アヴィロンさん
(Stéphane Aviron)が意気投合してスーパー・ボジョレーを作っています。

ところが、ネットで見ると、最近のヴィンテージはPotel Avironではなく、
Stéphane Aviron単独名になっています。エチケットデザインは同じなのに...。
Morgon04
真相は調べたけど不明。しかし、ロッシュ・ド・ベレーヌを試したときに、
ニコラ・ポテルさんが2008年に自身が立ち上げたニコラ・ポテル社から独立し、
当時の親会社であった大手コタン・フレール社とケンカしちゃったことで、
自身の名前でもある「二コラ・ポテル」が使用できないことになったんでしたね。
(仕方なく、ドメーヌ・ド・ベレーヌ /メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌを立ち上げ。)
察するに、同様に「Potel Aviron」も使えなくなったんじゃないでしょうか?
そう考えると合点がいきますし、ジョイント・プロジェクトを解消したんじゃなくて、
今も協業関係は続いてるんじゃないでしょうか。そう思っておきましょう。(笑)


で、ポテル・アヴィロンの公式ページというものが見つかりません。
インポーターの情報ページを貼ってお茶を濁しておきます。

Frederick Wildman and Sons, Ltd.

豊通食料株式会社

ネット情報ですが、
・ガメ 100%
熟成は新樽率20~25%のオーク樽で12ヶ月のようです。
Vieilles Vignesですから樹齢は38年以上の古木だそうです。
驚くのは、2009年のヴィンテージですが、パーカーおじさんが92点をつけてること。
クリュ・ボジョレーでこの評価はすごい気がします。


ポテル・アヴィロンという法人の住所は判明したので行ってみます。
シェナ(Chénas)の近く、ラ・シャペル・ド・ガンシェイ村にあります。
Morgon01
所番地は合ってるのでここだと思いますが、完璧民家ですね。(笑)

ここからモルゴンの「Côte du Py」という畑までは車で20分弱。
Morgon03
クリュ・ボジョレーの10ヶ村と共にGoogle Mapで示しました。
クリュ・ボジョレーは下記の10村になります。おさらいしておきます。
・サン・タムール(Saint-amour)
・ジュリエナ(Juliénas)
・シェナ(Chénas)
・ムーラン・ナ・ヴァン(Moulin-à-Vent)
・フルーリー(Fleurie)
・シルーブル(Chiroubles)
・モルゴン(Morgon)
・レニエ(Régnié)
・ブルイィ(Brouilly)
・コート・ド・ブルイィ(Côte de Brouilly)

モルゴンの「Côte du Py」という畑も行ってみました。
Morgon02
どこがポテル・アヴィロンの区画かわかりませんし、ストビューも不十分で、
適当なところをスクショしています。Côteというだけあって起伏もありいい感じ。


ボジョレー全体をおさらいします。3つの地図を並べただけですが。
Beaujolais3
なかなか各AOCの範囲が確定できず、Google Mapにうまく書き込めてません。
3つの地図を比べて、ふ~んと思っていただければ幸いです。(笑)


エチケット平面化画像。
IMG_2383
裏ラベルにはステファン・アヴィロンさんのサインのみ。

インポーターシールはなぜか最上部の「POTEL AVIRON」だけ隠してました。
IMG_09
そんなんなら隠す必要ないのに。剥がすのに難儀しました。(笑)


さて、抜栓。
IMG_2406
へ?全く無地のコルクです。当然平面化はしません。(笑)

Alc.12.5%。
濃いめのくすんだルビー。さすがにエッジはかすかに褐変してます。
IMG_2407

イチゴ(シロップ)。フランボワーズ。
若々しい香りです。やはりガメですね。
酸味のある辛口アタック。
やはりピノほどの深みはないんですが、
味の芯や複雑味はしっかりある気がします。
2008年というほどの重みは感じません。
逆に未だフレッシュな印象。
それがガメの個性、良さなんでしょうね。
酸は最後まで居続けるんですが、
それはそれで全体のバランスには貢献しています。

飲み進めてると「あっ、ピノと思って飲んでいた!」
と、ふと気づいたりします。
ガメなんだよね。 熟成ガメ。いいんじゃない?


*****


Potel Aviron
Morgon Côte du Py 2008
Vielles Vignes
RRWポイント 86点


Georges Dubœuf Beaujolais-Villages Nouveau 2019

オーストリアのホイリゲとイタリアのノヴェッロで新酒は祝いましたが、
11月21日にフランスのボジョレー・ヌーヴォーが解禁されました。
過去の経験から味は想像はつくので(笑)パスしようかと思いましたが、
縁起物だしな~ということで、ついついハーフボトルをお買い求め。


IMG_0464
定番というか一番出回っているお馴染みのジョルジュ・デュブッフですが、
ちょっとだけいい、ボジョレー・ヴィラージュをチョイス。
Beaujolais-Villagesはボジョレー地区のおおよそ北半分の39の村から産出されます。


公式ページは立派なのがありますが、季節モノのヌーヴォーは詳細なし。

ショップサイトで一応載ってる程度です。まあセパージュは当然ながら、
・ガメ 100%
であります。で、マセラシオン・カルボニックで醸されるわけです。


ジョルジュ・デュブッフを訪問してみます。これは店舗かな?
Georges_Duboeuf01
ボジョレーの北側、Romanèche-Thorinsという町にあります。

上空から見ると、駅前の地区全体が敷地のようでデッカイです。
Georges_Duboeuf02
大手ですから大量にも作るでしょうし、儲かってるんでしょうね。(笑)

ボジョレー全体の地図も貼っておきます。(Georges Dubœufは赤印)
Beaujolais_map
ボジョレーの最上級AOCのCru-Beaujolaisも北側に集中しています。
クリュ・ボジョレーは下記の10村になります。おさらいしておきます。
・サン・タムール(Saint-amour)
・ジュリエナス(Juliénas)
・シェナス(Chénas)
・ムーラン・ナ・ヴァン(Moulin-à-Vent)
・フルーリー(Fleurie)
・シルーブル(Chiroubles)
・モルゴン(Morgon)
・レニエ(Régnié)
・ブルイィ(Brouilly)
・コート・ド・ブルイィ(Côte de Brouilly)


エチケット平面化画像。
IMG_0460
当然ながらの航空便です。


さあ、スクリュー回転。
IMG_0462
名前と所在入りキャップです。

Alc.13%。
薄いルビー。透け感ありますね。
IMG_0463

フランボワーズ、イチゴ、そしてキャンディ香(笑)
もとい、マセラシオン・カルボニック香でしたっけね。
やはり酸味から来ますね。
そしてこの酸は喉越しにも残る困ったやつです。
味の芯はかろうじて感じるのでゲロまずではないです。
しかし、居酒屋ガブ飲みワインすれすれのレベル。
我慢して飲み干しましょう。まあ縁起物だしね。

ヌーヴォーってそんなものですよって聞こえてきそうですが、
これはホイリゲ、ノヴェッロに遠く及ばずでしたけど…。


*****


Georges Dubœuf
Beaujolais-Villages Nouveau 2019
RRWポイント 80点


Les Caves Taillevent Premium Reserve 2018 Beaujolais-Villages Nouveau

ボジョレー・ヌーヴォー2連発です。
すでにご紹介のと同じ作り手ですが、これは1本5千円。
それでもお高いボジョレーには違いありません。


IMG_6452
プレミアム・リザーブなんて名前ですが、
倍の値段のグランド・キュヴェと何が違うんでしょうね。


ガメで収穫してすぐにマセラシオン・カルボニックして出荷です。
IMG_6455
樽熟で差をつけるでもなく、どうやってその値段差が生まれるのか謎。

ボジョレーの10の村名AOC(Cru-Beaujolais)を見ておきましょう。
BN003
このワインを作った「Domaine des Nugues」はそんな名醸地の真ん中。

実際上空から見ると見渡す限りの美しい畑です。
BN008
ブルゴーニュの格下産地みたいに思われがちですが、すごい光景です。
ここ特有の花崗岩質土壌で、作られるのがほとんどガメなんですね。

上の地図の青マルのところ、フルーリの丘陵からの眺めです。
BN007
絶景です。行ってみたいなあ。


さて、お味の方は…。
Alc.13%。
割と濃い赤紫。
甘い香り、フランボワーズ、いちご。
奥の方にキャンディ風味を見つけますが、
ピノ・ノワール風のうま味アタックを思わせます。
酸味は穏やかながら少し刺しますね。
喉越しは安いワインの感じじゃなく「おっ」と思わせますが、
余韻の最後に酸味が残り、化けの皮が剥がれましたかね。
安いボジョレーとは格が違う貫禄はありますが。


*****


Les Caves Taillevent Premium Reserve 2018
Beaujolais-Villages Nouveau
RRWポイント 88点


Les Caves Taillevent La Grande Cuvée 2018 Beaujolais-Villages Nouveau

11月15日(木)に2018年のボジョレー・ヌーヴォーが解禁となりました。
マセラシオン・カルボニックなガメがさほどうまいわけもなく、
あんまり興味はないのですが、マスターソムリエの方いわく、
今年の出来を占うためにも味わっておく必要があるんだとか。


IMG_6451
こちら、パリの名門レストラン「タイユヴァン」が、
エノテカ向けにセレクトしたというラ・グランド・キュヴェ。
1本1万円いたします。これだけ高価ですとおいしいんでしょうか。

タイユヴァンの公式サイトを見てみます。
当然ながらレストランがメインのサイトで、
ワインショップのところに、扱いワインがリストアップされてます。
しかし、ワイナリーではないですから、つまらないですね。


エチケットを見ると、「Domaine par G. Gelin」詰めとなっています。
IMG_6454
この「G. Gelin」というのが、「Gilles Gelin」さんのことで、
「Domaine des Nugues」というドメーヌだということがわかりました。

Domaine des Nuguesの公式ページはこちら

このドメーヌへ行ってみましょう。のどかですね。
BN001
ランシーというボジョレー地区の北側にある小さな村で、
ムーラン・ナ・ヴァン、フルーリ、モルゴンなどの村名AOCに囲まれてます。

こんな地図がわかりやすいですね。
BN002
ランシーの場所を矢印で示しておきました。


さて、いただきますよ。
Alc.13%。
割と濃い赤紫。
紫がちょっと濃い目でしょうか?
フランボワーズ、チェリーですね。
意外な辛口のアタックです。
酸味がパレットに広がりますが上品な感じがします。
タンニンなのか苦味っぽいのが喉に残りますね。
それはそれで安っぽく感じさせないのでいいですが。
余韻にも酸味が残りますが、かなり穏やかです。
やはり値段なりの味にまとまっていますね。


*****


Les Caves Taillevent La Grande Cuvée 2018
Beaujolais-Villages Nouveau
RRWポイント 89点


Leroy Coteaux Bourguignons 2016

メゾン・ルロワのコトー・ブルギニョンです。
かのルロワが2千円台で買えるわけですから、
おいしかったら偉いワイン認定です。
ガメ主体の限界もわかってるわけですが・・・。(笑)


IMG_4636


エチケットに、
「Mis en bouteille par LEROY Négociants à Auxey-Meursault (Côte-d'Or)」
の表記があるので、
ドメーヌではなくメゾン・ルロワの買い付けたものとわかります。
もっとも、ドメーヌ・ルロワは赤キャップなので、
この白キャップを見れば一目瞭然なのですが。

ただ、公式サイトによると、ドメーヌ・ルロワとして、
AOCコトー・ブルギニョン(赤)の畑を52.29アール所有しています。
AOCブルゴーニュ(赤)も72.11アール持っているようです。
でも、こんな広域AOCの赤キャップって見たことないんですよね。


IMG_4637


さてさて、抜栓といきましょう。
セパージュ不明ですが、おそらくガメ主体です。
100%ガメかもしれません。
でないと安くならないですからね。

Alc.12.5%
透明感ある赤紫。
ディスク、太めの涙が多目なのが意外。
いちご、フランボワーズ。キャンディ香は微かです。
酸味が先に来ます。やはりピノより甘みある感じ。
嫌味はないですね。ピノっぽく飲めます。
そこらのAOCブルゴーニュのピノよりマシなんじゃないでしょうか?
最低限のルロワのエレガントさは演出されているような気はします。
でも上等のピノが欲しくなる・・・。

少量ですが、透明っぽいオリがありました。
酒石ってやつでしょうか。


*****


Leroy Coteaux Bourguignons 2016
RRWポイント 87点


Louis Jadot Coteaux Bourguignons 2015

悩ましきブルゴーニュです。
ルイ・ジャドは過去、ジュヴレ・シャンベルタンAOCブルゴーニュを試しましたが、
このレベルでは到底ニューワールドには勝てないなという結果でした。

今日は、ブルゴーニュの格付けでは最下層を成すと思われる、
2011年登場の戦略的新AOC、コトー・ブルギニョンをいただきます。


CoteauxBourguignonsLouisJadot


公式サイトには、AOCコトー・ブルギニョンの説明はありますが、
セパージュは「ガメ、ピノ・ノワール」とあるだけで、その比率は書いていません。
まあ、ピノに何か混ぜるだけで、
すでに本来のブルゴーニュから逸脱してますけどね。

このAOC、いろいろ調べてみると非常に興味深いです。
北はシャブリから南はボジョレーまでどんな品種でも、
どんな比率でも混醸してよし!みたいな、
ブルゴーニュのアイデンティティーを捨て、なりふり構わない感じです。
もちろんピノ・ノワール100%で作ってもいいわけですが、
大抵はボジョレーのガメを大量投入して価格を抑えるみたいです。
AOC名も「Bourgogne」とは言わずに、
微妙に「Bourguignons(ブルゴーニュの)」という形容詞を使ってます。
格安ワインでブルゴーニュのイメージを崩したくないが、
ブルゴーニュっぽさは出さないといけないという葛藤が垣間見れます。(笑)

そして僕はこのAOC、大きく2つのミッションがあると結論付けました。

1)相対的に価格が高騰したブルゴーニュにおいて超低価格を実現し、
  ニューワールドに対抗する。
2)一応ブルゴーニュの仲間であるボジョレー地区を救うため、
  ガメ種を大胆に使用してブルゴーニュっぽく売る。

1)については、マーケティング的に見誤っていると思います。
ニューワールドは価格で選ばれている側面もありますが、
なぜ選ばれるかというと、ピノ・ノワールの完成度において、
本家ブルゴーニュを上回るレベルに到達しているからに他なりません。

2)については、これしかボジョレーを救う方法がなかったのかと思ってしまいます。
ヌーボー以外のガメ種自体の良さを示すようなアプローチの方がよかったと思います。
ブルゴーニュっぽく売ったところで、所詮ガメはガメ。
看板と中味のギャップをシレ~っとやりすごすのってどうなんでしょう?

しかし、狭義のブルゴーニュがコート・ドール(Côte d'Or)とすれば、
広義のブルゴーニュはシャブリからボジョレーまでとなっているわけで、
地域全体で助け合う姿は応援しようかという気が(少し)出てきますが…。

事前の下調べですでに残念感が漂ってますが、
まずはテイスティングしてみましょう。

Alc.12.5%。
濃いめの赤紫はガメっぽくない感じです。
トップノーズはラズベリーなので「おっ」と思いましたが、
すぐにガメのキャンディー香が来ました。
味もピノではありません。確かにガメ。
でもボジョレーのそれとはちょっと違って、
酸味も控えめでバランスがいい印象です。
かすかにですが、苦みかもしくは雑味を感じます。
余韻は長くないですが後味の質としては悪くない。
品種による味の方向性は違いますが、
AOCブルゴーニュの残念な味よりは総合評価高くなりそうです。

おいしいけど、やっぱりガメはガメだな~。


*****


Louis Jadot Coteaux Bourguignons 2015
RRWポイント 85点


Leroy Beaujolais-Villages 2016

ルロワですよ。
DRCとも比肩するブルゴーニュの至宝であります。
ロマネ・コンティは畑を眺めましたが、
DRCのワインを口にすることはほぼないでしょう。(笑)
じゃあ、ルロワならと、面白半分でこれをゲット。


Leroy


エチケットの「GRAND VIN DE BOURGOGNE」が輝かしいです。
が、これはボジョレー・ヴィラージュでして、
ピノ・ノワールではなくガメをマセラシオン・カルボニックで醸したものです。
どおりで、ルロワなのにお値段3,000円なり。(笑)

一応、新しめの2016年のヴィンテージですが、
いわゆるヌーボーではなく1年ほどたってからいただく感じになります。

ルロワのボジョレーの新酒は、「PRIMEUR」という表示がありますので、
これは早飲みしてねということだと思います。


Primeur


今回ゲットしたのは、この「PRIMEUR」表示がないもので、
結局中味は同じかもしれませんが、
早飲みを推奨されていない分、バックヴィンテージもOKかと。
いろいろ調べると地元のボジョレー地区なんかでも、
普通にバックヴィンテージを楽しんでおられたりするようですね。
でも、醸造法からすると数年が限界のような気もしますが、
今日の2016年のボジョレー・ヴィラージュ、いかがなものでしょうか?


LeroyBeaujolaisVillages


Alc.13%、そこそこありますね。
やはりガメ、鮮やかな赤紫、ディスクは薄いです。
香りは甘いラズベリーキャンディーです。
口当たりは、甘々ではなく酸味と渋みがバランスよく広がります。
後味は酸味がちになりますが、複雑味も感じ、
このあたりはさすがルロワなんでしょうね。


*****


Leroy Beaujolais-Villages 2016
RRWポイント 86点


Croix Rouge Beaujolais Nouveau 2017

今年もまた、ボジョレー、ボジョレーと騒ぐ季節になりました。
以前飲んだ安物のボジョレー・ヌーヴォーで懲りていますので、
スルーしようかと思ったのですが、
つい魔が差して解禁日11月16日の帰宅途中で押熊のグランマルシェに。

悩みながらも、失敗することを考えてハーフボトルにしました。(笑)
バラック・ド・ラ・ペリエール(H.Brac de la Perrière)というドメーヌだそうで、
「家族経営で、収穫はすべて手積み、愛情を込めたワイン造りにこだわる」
との売り文句(by 輸入業者)がなんとも良さげです。


Beaujolais_Noubeau


以前の苦い経験から、
ガメの早飲みがうまいわけがないとの思い込みがありましたが、
結論、結構おいしい。(笑)

香りは、花やらキャンディーのような感じでお菓子感満点で、
アタックも酸味が最初に来て、その後甘味に変わる感じ。
これはやっぱりヤバいのかと思いましたが、なぜか総合的にOKです。
おいしいです。また次の一口を飲んでしまいます。

いやあ、ガメもやはりちゃんと選べばおいしいんだ。
これは、ガルナチャ嫌いも直さないとと思ってきました。


*****


H.Brac de la Perrière / Croix Rouge Beaujolais Nouveau 2017
RRWポイント 83点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ