Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

メキシコワイン

Casa Madero Chardonnay 2014

その昔、5年ほどメキシコ(メキシコシティ)に住んでいました。
その頃から意識してワインを飲むようになったので、
自分にとってはワインと出会った国という感じです。
メキシコ産のワインもMonte XanicL.A.Cetto等いろいろあったのに、
安いボルドーかチリやナパのワインなどを中心に飲んでましたね。
当時もっとメキシコワインに目を向けていれば、
このカサ・マデロにも出会っていたかもしれません。


IMG_0781
Casa Maderoは過去にカベソーを試しましたがとってもおいしい。
リカマンでカサ・マデロのシャルドネを発見したので思わずゲット。


公式ページはそこそこいい感じです。
実はこのカサ・マデロ、アメリカ大陸最古のワイナリーで1597年創業です。
ということは、新世界のワインの始祖はカサ・マデロと言えます。ゴイゴイスー。

現行品のシャルドネはボルドー型ボトルになってラベルデザインも変わってます。
・シャルドネ 100%
ステンレスタンクで醸造とあるだけで樽はなさそうです。
ひとつランクが上のGran Reservaは仏・米の新樽で6ヶ月となっています。
今日試したのは2014年。かなりはっきりと樽を感じたんですが、
熟成香のなせる業なのか、2014年は樽を使っていたのか、謎~。


メキシコ、コアウイラ州にあるカサ・マデロを訪問しますよ。
CasaMadero01
敷地内にチャペルなんかもあったりして、かなり大きいです。

コアウイラ州ってメキシコのどの辺りか確認しましょう。
CasaMadero02
アメリカに国境を接しています。
モンテレイが近くの大都市ですが、これはヌエボ・レオン州。
コアウイラ州の州都はトレオンではなくサルティージョです。
イミフですが、メキシコ在住時代の知識のおさらいです。(笑)


ラベル平面化画像。
IMG_0775


さて、抜栓。
IMG_0779
キャップシールとコルクは専用デザイン。かっこいい。

コルクも平面化。
IMG_0776
紋章とURL。おっとDIAMですね。DIAM3?DIAM5?読めない…。

Alc.13%。
濃い目イエロー。
IMG_0780

リンゴ、白桃、トースト、ヴァニラ。
樽なしとは思えない樽感。熟成香でこうなるかな?
かすかな酸味・甘みまとった辛口アタック。
酸味と苦味がコクのある味を盛り立ててくれます。
喉越しも味わいいっぱい。

個性的な気もしますが濃くて豊満なシャルドネはうまい。
¡Viva, México!


*****


Casa Madero
Chardonnay 2014
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01

Finca Sala Vivé (Freixenet de México) Sala Vivé Semi Seco

フルーツリキュールでカクテルにするため、
いつものように安いスパークリングワインを探します。
メキシコ産を見つけて思わず目に留まります。
「フレシネ・デ・メヒコ?」
フレシネってメキシコでもカバを作ってるんだ~。


IMG_6122
すでにブーディエ(Boudier)のクレーム・ド・カシスを投入、
グラスはキール・ロワイヤル色になっていますのでご注意を。


最近はBrut(辛口)ではなく、甘めのSemi Secoにしています。
IMG_6117
フレシネ・デ・メヒコが伝統的な製法で作ったことがわかります。
「伝統的な製法」とは、おそらくシャンパーニュの製法でしょう。
いわゆる、「瓶内二次発酵」。
スーパーで780円で売ってるスパークリングが本格的ってスゴイっす。


公式ページもあるので素性を調べてみましょう。
セパージュは、ピノ・ノワール、シャルドネ、サンテミリオンとあり、
比率は不明です。
サンテミリオンとは、フランスのユニ・ブラン(Ugni blanc)、
イタリアのトレッビアーノの別名です。

フィンカ・サラ・ビベというワイナリーの名前ですが、
フレシネ創業者の妻、ドローレス・サラ・ビベさんに由来するそうです。
ラベルにはフィンカ・ドニャ・ドローレスとなっていましたね。
(ドニャ・ドローレスは「ドローレス夫人」の意味)


きっとボトルネックにあったこの肖像がその方なのでしょうね。
IMG_6118
何気にボトルネックの平面化撮影にチャレンジしてます。

実は同じ肖像がキャップの王冠部分にもありました。
IMG_6134
間違いなくドロレス・サラ・ビベさんですね。


ワイナリーの所在を確認。
SalaVive03
メキシコをよくご存じない方向けに解説しますと、
(ほとんどの方がご存じないと思いますが…)
メキシコシティの北西にケレタロ州というのがありまして、
一応その州内ですが、州都のケレタロ市からは結構離れています。

ケレタロはローマ時代風の水道橋が有名ですが、
実は町ごと世界遺産に登録されています。スゴイでしょ。
ケレタロ周辺にも、地図上に示した、サン・ミゲル・デ・アジェンデ、
セラヤ、サン・フアン・デル・リオなど訪れるべき町がいっぱいです。
(筆者はメキシコ在住歴6年であります。)


メキシコのストリート・ビューは結構細かい道まで網羅していて、
ワイナリーの敷地内まで入れました。
SalaVive01
さすがフレシネ。立派です。

ワイナリー周辺は一面の畑です。
SalaVive02



テイスティングですが、
白および泡を評価するのが得意ではないのと、
泡はほぼすべてカクテルベースに使いますので、
適当な点数をつけておきます。

最初の香りがイマイチな感じがしたので、
ちょっと辛口の評価にしました。(笑)


*****


Finca Sala Vivé (Freixenet de México)
Sala Vivé Semi Seco
WWWポイント77点



WhiteWhiteWine01

L.A. Cetto Cabernet Sauvignon 2015

かれこれ20年前、メキシコ在住中にワインに目覚め、
そこからナパヴァレーなんかも訪問していた頃が懐かしいです。
しかし住んでいるのはメキシコ。
当然、メキシコワインを飲む機会が多くなります。
メキシコで有名なのが「Monte Xanic」や「L.A. Cetto」のブランドでした。


LACettoCS


今日は、時を超えていただくメキシコワインの雄、L.A. Cettoです。
日本のネットでは「ラセット」なんて紹介されていますが、
もともとイタリアからの移民だそうで、
「エレ・アー・チェット」とイタリア語で読むのが正しいです。
公式サイトによると、創業者の息子さんがLuis Agustín Cettoさんだそうで、
そのイニシャルなんでしょうね。


ワイナリーはバハ・カリフォルニアのアメリカ国境近く、
ティフアナからも近いところですね。
LACBC


ついでにストリートビューしてみると、
畑やそれをながめながらワインをいただける様子がわかります。
LACW
その昔はメキシコのワイナリー訪問なんて思いもしなかったですが、
これは行ってみる価値ありそうです。


このカベソー、公式サイトの説明を見ると、
クラシックラインということでベーシックタイプのようですね。
カベソーのモノセパージュですが、仏樽で12ヶ月熟成とのこと。
いただいてみましょう。Alc.13%。
透明感のある赤紫です。
華やかに赤ベリーが香ったかと思うと、
野菜かハーブのような特徴的な匂いも感じます。
最終的に黒ベリーに落ち着くという不思議な感じ。
まろっとしたタンニン。生っぽい風味。
余韻はあっさりめです。
味はおいしいんですが、「メキシコ」独特の風味があります。
生臭いと取るか、新鮮でさわやかな風味と取るかで、
評価は分かれそうです。
結論、まあまあおいしいとなりそうですが、
半分残して明日も飲んでみます。


*****


L.A. Cetto Cabernet Sauvignon 2015
RRWポイント 88点


Casa Madero Cabernet Sauvignon 2015

メキシコワイン、このブログ始めてから2回目です。
昔、メキシコで飲んでたのはなぜかシャルドネが多かった記憶があります。
でも記憶は遥か昔。20年前ですからね。
通算6年間住んでいたメキシコは、いわゆる僕の「Another Sky」です。(笑)
今あらためて、赤ワインを通じてメキシコにもう一度つながりたい、
そんな心境なんですね。


CasaMadero


当時は存在さえも知らなかった、カサ・マデロです。
しかしながら、ここはアメリカ大陸最古のワイナリーだそうで、
創業はなんと1597年、400年以上昔です。
まだスペインの植民地の頃ですよね。すごい。
最近は、近代設備に投資し技術向上を図っているそうで、
輸出中心にやってることもあってか世界でも評価が高いそうです。

今回は、基本のレセルバ、カベソーを試してみます。
サッポロビールが輸入をしているようですが、
この上のグラン・レセルバのラインがネットでは見つかりませんでした。

このワイナリーは、メキシコの内陸、コアウイラ州にありまして、
「Valle de Parras」の自社畑と同じ場所です。
モンテレイとトレオンの町のちょうど真ん中くらいです。
メキシコのワイナリーはバハ・カリフォルニア州に集中していますので、
ここはちょっと変わった場所にありますね。

例によってGoogle Mapのストリート・ビューで訪問しました。
CasaMadero (1)
ミュージアムとかも敷地内にあり、なかなか立派なものです。


さて、抜栓です。
Alc.13.9%とはまた細かい表示。
セパージュはカベソー100%です。
仏産オーク樽で12ヶ月熟成だそうです。
濃いめのルビー。エッジはかすかに茶色っぽく色づいてるかな。
ブラックベリー、それも多めの派手な香りです。
スワリングでミントも出てきます。
アタックで酸・タンニンがバランスよく、
爽やかに口の奥まで広がります。
とってもフルーティです。
複雑味もある。
これで本当にカベソー100%なのって思ってしまいます。
余韻も長くうまみがあります。
意外や意外。メキシコワイン、あっぱれです。


*****


Casa Madero Cabernet Sauvignon 2015
RRWポイント 91点


Marqués del Valle Cabernet-Malbec 2016

このメキシコワイン、
リカマンで800円くらいで売ってたんですが、
メキシコ在住時代が懐かしいワインブランド、
L.A.Cetto(エレアーチェット)が作っていると書いてあったので、
思わず衝動買いしました。


LAcetto
 

エチケットには「Vinícola de Tecate」社とあり、L.A.Cettoの表示はありません。
おかしいなとWEBで調べてみると、
Walmartやらの大手スーパーのサイトでもL.A.Cetto生産となってましたので、
社名の経緯はわかりませんでしたが、L.A.Cettoで間違いなさそうです。

しかし、L.A.Cettoの公式サイトではこの銘柄はリストアップされておらず、
メキシコのスーパーで500円以下で売られるようなものなのでしょう。

いずれにせよ、
20年前、ワインを意識して飲み始めたのがメキシコに居た頃です。
メキシコのワインもよく飲んでました。
L.A.Cetto以外にも「Monte Xanic」のシャルドネもおいしかった記憶があります。
カリフォルニアの地続きのバハ・カルフォルニアですから、
ワインのクオリティーも悪いわけがありません。
さあ、久しぶりにメキシコワイン、お試しです。

カベソーにマルベックをブレンドしているようですが、
エチケット読んでも、WEBで調べても、その比率は不明でした。
色は若干透明感のあるルビー。
カシス+ハーブのようなちょっとクセのある香り。
味もプラムのような果実感があってフレッシュな印象。
タンニン・酸味もまろやかで程よいです。
余韻も長めでいい感じ。
スーパーのサイトによると6ヶ月樽熟成しているようですから、
その影響かもしれませんが、
でもやっぱり何かのハーブのようなクセが残るのが惜しい感じです。
メキシコでの500円以下の価格を考えると立派です。


*****


Marqués del Valle Cabernet-Malbec 2016
RRWポイント 85点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ