Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

バルベーラ

G.D. Vajra Langhe Rosso 2017

G.D.ヴァイラというバローロを代表する作り手ですが、そのランゲ・ロッソ。
バローロもいいですが、こういうのに作り手のポリシーが現れてたりします。
実際作り手のメッセージでは「ピエモンテ入門として多様な品種をブレンドし、
それぞれの個性を味わってもらえるようにした」なんて書いてありました。


IMG_3273
G.D.ヴァイラは1972年に現当主のアルド・ヴァイラさんと奥様が立ち上げ、
息子たちと家族総出で経営しているとのこと。ランゲに40haものいい畑を所有。
バローロのみならず年間10万本の多様なワインを生産するそうです。


公式ページはいい感じなんですが、今日のランゲ・ロッソ2017の情報見当たらず。

ネットで調べると、結構年ごとに違いがありそうです。
2017年はネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットを主体にブレンドしており、
そこに少量のフレイザとアルバロッサとピノ・ノワールを加えてるようです。
比率は不明なんですが、2015年のデータはあったので参考になるかもしれません。
(2015)
・バルベーラ 40%
・ドルチェット 25%
・ネッビオーロ 25%
・フレイザ 10%
これを見ると、ネッビオーロ少なめですね。
2017年の情報ではネッビオーロが先に書いてあるんで、一番多いのかと思いましたが、
おそらくバルベーラ多めなんでしょうね。なのでカテゴリーはバルベーラにしました。
熟成はおそらく、半分ステンレスタンク、半分が1~3年落ちの木樽で18~24ヶ月。

作り手のコメントで「ランゲ・ロッソはサッカーチームだ。」というのがありました。
「各々の品種が各ポジションの個性を発揮。少量入ってるアルバロッサはほぼ感じないが、
これはゴールキーパーなんだ。なぜなら彼がいないと試合ができない。」 …ぎゃふん!(笑)


はい、これがバルベーラとドルチェット。
GDVajra04
どちらもピエモンテを代表する品種で、単品種のDOC/DOCGもありますが、
どうも自分はその酸味が苦手です。この2品種、どっちも同じ味がします。
おそらくブラインドでは利きわけられないです。(笑)
(DOCG=Denominazione d’Origine Controllata e Garantita)

で、これがフレイザとアルバロッサ。
GDVajra03
Freisa d’Asti DOCなど、フレイザは単品種で使われることもあるようですが、
アルバロッサは補助品種のみですね。ゴールキーパーですもの。(笑)


作り手訪問。バローロ村の西側、ヴェルニェという村にあります。
GDVajra01
実は、公式ページに所有畑の詳細な地図がほぼすべて載っていました。
Web登録しないと見れなくなってますが、メアド入れるだけなので簡単。

これが、その地図のうちのひとつですが(地図は全部で18ありました。)、
フレイザ、アルバロッサ、ピノ・ノワール畑があるのはこの地図だけなので、
今日のランゲ・ロッソはワイナリー(地図真ん中)近くの畑からと思われます。
GDVajra00
ここはリースリングも作ってるんですよね。

あまり意味はないですが、Google Mapに重ねてみました。(笑)
1
労力かけた割には、あまり新たな発見はなかったです。(笑)

作り手の所在をBarolo DOCGの地図で見るとこの辺りになります。
GDVajra02
ギリ、バローロのエリア内って感じですね。

今日のワインはバローロ域内からが多そうですが、本来のLangheは広域です。
Langhe_B
Roero DOCGBarolo DOCGBarbaresco DOCGなどを内包してますね。

そして、そのややこしさはこんな地図を見ればわかります。
Langhe
DoglianiというのはDolcetto100%のDOCGです。2005年にDOCG昇格しました。
Diano d’AlbaDolcetto di Diano d’Alba)も同じくDolcetto100%のDOCGです。
こちらは2010年にDOCGに昇格しました。


ラベル平面化画像。
IMG_3181
インポーターシールは裏ラベルを隠さず優秀です。


さあ、抜栓。
IMG_3270
ワイナリー名、ロゴ入りです。コルクはこの繰り返しなので平面化はなし。

Alc.13.5%。(pH:3.70、Brix:7.0)
ガーネット。
IMG_3271

ブラックベリー、チェリー、プラム…。
生っと茎感もあり。
やっぱり酸味からくる辛口アタックです。
確実にバルベーラ・ドルチェットがどっさり入ってる感。
適度に複雑味のある味は奥行きもあっていい感じなんですがね~。
このあたりは作り手の実力というか手腕なんでしょう。
のど越しで収斂性のタンニンが襲ってきます。
この苦味と酸味が絡みあって、余韻はけっこう楽しめ、
味わい尽くしたなと思うとフィニッシュ。

う~ん、いいんだけど、やはり酸っぱさがね~。
この作り手のネッビオーロが試したくなるポテンシャルは感じました。(笑)


*****


Azienda Agricola G.D. Vajra
Langhe Rosso 2017
RRWポイント 89点


Ch. igai Takaha Ofukuro Beauty 2017 Santa Barbara County

ワイン関連の本を読み漁っていた頃、新刊で発売されたので思わずゲットした、
「幸せになりたければワインを飲みなさい」という本があります。
カリフォルニアワインのおいしさを知り、外資系IT企業を辞め、なんだかんだで(笑)
現在カリフォルニアワインを自らリリースしてるという著者のお話。
それで、この方の出されているシャトー・イガイ・タカハのワインを知りました。
本はまだ読了してませんが(笑)一番お手頃なのをいただいてみようと思います。


IMG_0039
Ch.igai Takahaはラベルにもあるご自身の家紋「丸に違い鷹羽」のことだそうで、
「igai」の「i」の上の点が落っこちて「Ch.」となりChâteauの省略形になるという、
なんとも芸の細かいネーミングです。落ちる点は軌跡を描いてますし。(笑)


公式ページは、日本語です。(笑)

ワイン作りは、主にサンタ・バーバラ近辺のいくつかのワイナリーに依頼してるそうで、
Our Team」として作り手の紹介があります。
シャトー・イガイ・タカハの畑やワイナリーといった実体がない訳で驚きですね。
フラッグシップの「侍」はBrewer-Clifton WineryのGreg Brewer氏が担当という具合。
今日のオフクロ・ビューティーというのは家紋ワインというシリーズで、
Transcendence WineryのKenneth Gummere氏がワインメーカーだそうです。
・バルベーラ 50%
・ドルチェット 50%
というピエモンテの酸味の強い2大品種のブレンドですね。面白い。
オヤジ・ダンディーというのもあって、こちらは何と同じ黒品種を使った白ワインです。
醸造法など詳しいことは不詳。


実体のないワイナリーを訪問できないのですが、依頼された「作り手」を訪問。
IMG_0031
前出のBrewer-CliftonとTranscendenceのワイナリーはこんなところ。
サンタ・バーバラに近いロンポクという町の市街地の中にありました。
今日のワインはSanta Barbara County AVAなのでこの近辺の畑なんでしょう。
ロサンゼルスとサンフランシスコの間の海岸沿いCentral Coastに属します。


ラベル平面化画像。
IMG_0030
最近iPhone SEに変えたので、色味の調整がまだ不慣れでうまくいきません。(笑)


さあ、抜栓。
IMG_0037
見事な無印ですが(笑)コルクはCork Supply社製のテクニカルコルクVincですね。

Alc.14%。
オレンジがかったクリアなルビー。
IMG_0038

プラム、プルーン、ドライフルーツ…。
すでに酸味が香りに出てる感じがします。
やはり、酸味乗った辛口アタックです。
ピエモンテでもここまで酸なバルベーラは珍しいんじゃ?って感じ。
味の深みがあるのはわかるんですが、
レモンのタブレットが舌の上に置いてあるがごとしの酸にマスクされ、
そこまで到達できないという印象。(笑)
食事に合わせれば何とかなるかなと思いましたが、
その食事(ハンバーグでした)を邪魔するくらいの鋭角の酸…。
これは手ごわいです。


*****


Ch. Igai Takaha
Ofukuro Beauty 2017
Santa Barbara County
RRWポイント 82点


Vietti Barbera d’Asti (DOCG) Tre Vigne 2016

シカゴのアメリカン航空のフラッグシップ・ラウンジです。
今日は時間があったので3種類置いてあった赤ワインをじっくり堪能。
まずは、イタリアワインから。いただくのはバルベーラですが、
バローロでパーカーおじさんの100点を取ったことがある作り手だそう。


IMG_7121
バルベーラ・ダスティDOCGです。2008年にDOCからDOCGに昇格。


公式ページはバルベーラでもちゃんとミレジムごとにデータあり。
当然ながらのバルベーラ100%で、
樽熟は、バリック・大樽・ステンレスタンク使って18ヶ月です。


ワイナリーはカスティリオーネ・ファッレットという集落にあります。
Vietti01
小さな集落なので門を入った敷地の向こうには畑が見えてますね。


ワインはバルベーラ・ダスティですが、アルバの近くになります。
Vietti02
ピエモンテ州と銘醸地の位置関係も把握しておきましょう。


エチケット平面化画像。
IMG_7118
何のマークなんでしょうね。変なおじさん。


さて、いただきます。
Alc.14%。
濃い目のルビー、エッジはきれいに透ける感じです。
カシス、ブルーベリー。フレッシュな香り。
辛口、うま口のアタックかと思うと、
サッとパレットに広がる酸味です。
バルベーラに間違いない。(笑)
ラウンジのおつまみと合わせると気にはなりません。
IMG_7122
食事に合わせてパカパカ飲むワインなんでしょうね。
味にいろんな要素も感じますが酸味がすべて持てってしまいます。


*****


Vietti Barbera d’Asti (DOCG) Tre Vigne 2016
RRWポイント 86点


Prunotto Barbera d’Alba 2017

アンティノリが所有するピエモンテの名門プルノットです。
バルバレスコドルチェットと試しましたので、今日はバルベーラ。
特に同じ作り手のドルチェットとバルベーラ比較は個人的に重要です。


IMG_6225


家飲みで有名なバローロ、バルバレスコばっかり飲んでられないわけですが、
この手の偉大な作り手は大抵お手頃のバルベーラ、ドルチェットを出しています。
同じ作り手のカジュアルラインがおいしければ「偉いワイン」認定ですよね。
よって、バルベーラ、ドルチェットのお試しに勤しもうと思っていますが、
今のところ、どっちも酸味が特徴的で今ひとつ違いがわからないのが課題です。
まあ、おいしければどっちでもいいんですが…。(笑)

公式ページでワイン情報を確認。
当然のバルベーラ100%。
Barbera d'Alba DOCです。
ドルチェット同様、樽熟成はしていません。

ワイナリー訪問はバルバレスコの時にやってますので割愛。


エチケット平面化画像。
IMG_5926


さて、抜栓。
Alc.14%。
紫がかったガーネット。
ラズベリー、チェリー、甘い香りです。
何かに似てるなぁ…あっ、あずきだ!
やはり、酸味乗ったアタックです。
直後パレットにも酸味広がります。
舌先にもピリピリ来るくらいです。
味わいもあるんですが酸味が優勢ですね。
おかげで余韻も軽めに感じます。

う~ん、
やっぱりドルチェットとの違いは掴めません。
でも、前に飲んだドルチェットのほうが、
バランスで一歩リードしてる感じがします。

シュニッツェル(ドイツ風とんかつ)に、
イタリア製のトマト&バジルソースをかけて合わせると、
トマトの酸味とうまくマッチしてマリアージュは成功でした。


*****


Prunotto Barbera d’Alba 2017
RRWポイント 86点


Aldo Conterno Conca Tre Pile Barbera D’Alba 2013

伝統的バローロの作り手、アルド・コンテルノ。
18世紀以来の本家ジャコモ・コンテルノの5代目、アルド。
独立して起こしたワイナリーは本家を凌ぐ不動の地位を築いてます。
で、今日はそこのバルベーラをいただこうということで、
いつものようにバローロよりお手頃ですよ。(笑)


IMG_5211


アルド・コンテルノのこのラベルは昔から見慣れてはいまして、
「目」のように見えるマークのお陰で、
なんだか藤子不二雄のキャラを連想していました。(笑)
IMG_0011


公式ページは簡素な作りです。
まあ、最低限の情報は載っているので良しとしましょう。

でも、熟成の説明は、
ステンレスタンクで数か月、オーク樽で数か月と、
結構アバウトな情報。

ワインの名前の通り、
「Conca Tre Pile」というバルベーラ専用の畑からだそうで、
樹齢は最長で45年と、これまたアバウト。
樹齢は「平均」で表記いただきたいです。(笑)

また、バローロのマップが載っていたり、
各都市からワイナリーまでの距離が載っていたりします。
Aldo01
これは僕的にはいい情報です。行った気になります。


Google Mapで訪問すると、畑の斜面の道沿いに発見。
Aldo02
お城のような結構立派な建物です。

遠巻きに見ると、バローロの畑の景色が素晴らしいです。
Aldo03
バローロの集落からは東に車で10分といった位置関係です。


さて、抜栓。
Alc.14%。
濃いくすんだ赤紫。
黒ベリー、プラム、酸い感じの香りです。
新樽の香りっぽいのも。
アルコール強い臭もあり。
やはり、アタックは酸味です。
味わいはありますが酸味に隠れるほどです。
後味まで酸味が支配しますが、余韻は十分あります。
バルベーラは酸味が特徴とも言いますが、
マイルドなバルベーラもありますから、
これはどうなんでしょうと思ってしまいます。

ポモドーロのパスタに合わしたら、あら?
丁度いい酸味でした。
評価に悩みますね。


*****


Poderi Aldo Conterno
Conca Tre Pile Barbera D’Alba 2013
RRWポイント 87点


Tre Donne Donna Rossa Barbera D’Alba 2015

ふらっと立ち寄ったワインショップで買った一本。
バルベーラを試そうと思っただけでしたが、
調べるとなかなか面白い作り手です。


IMG_4888


公式ページはなかなか充実しています。
もともとはレキオという1850年から4代続く由緒あるところで、
現在は3人の姉妹が運営をしているということで、
「Tre Donne(3人の女性)」というワイナリー名にしたそう。
まさに家族経営という雰囲気が良く出ています。
TreDonne00
左からアントネッラ、ロザンナ、ダニエラだそうで。
まあ、名前はどうでもいいですね。(笑)


ワイナリーはピエモンテ州アルバの町の北西、ネイヴェという集落にあり、
小高い丘のてっぺんがワイナリー、その周りが畑という理想的なところ。
TreDonne02
ワイナリーのアップはあまりいいアングルで撮れなかったので、
アルバやバルバレスコとの位置関係だけ見ておきましょう。


この3姉妹には4人の娘がいるそうで、facebookに写真がありました。
TreDonne001
3人だけ写ってますが、もう一人はまだ小さいのかな?
この子たちがワイナリーを継いだら、
「Quattro Donne(4人の女性)」に改名するんでしょうか。(笑)


ホームページ内にあった写真が気に入ったので貼っておきます。
TreDonne01
畑の雰囲気もわかりますね。


さて、このワインの情報ですが、
セパージュはバルベーラ100%。
樽熟は、20%だけイタリア伝統のスラヴォニアン・オークの大樽
(2千リットル)で、残り80%はステンレスタンクで12ヶ月熟成。
さらに、ボトル詰め後リリースまで6ヶ月寝かすとのこと。


IMG_4889


さて、抜栓。Alc.14%。
濃いガーネット。
黒ベリー。木...樽香。
樽は軽めと思いましたが結構香ります。
カベソー、ボルドーのような香りです。
酸味いっぱいでフレッシュなアタック。
やはりバルベーラ、酸味が目立ちますが、
複雑味・深みがありなかなかの貫禄。
フルボディも感じます。
余韻も、やっぱり酸味を引きずりますが、悪くないです。
ローズマリーチキンとバッチリ合いました。
これはいい。
「ネッビオーロよりも良くね?」と思いました。
酸味強いはうまいのだ!


*****


Tre Donne Barbera D’Alba 2015
RRWポイント 91点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ