Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

ヴィオニエ

Yalumba The Y Series Viognier 2017

オーストラリアのヴィオニエをスーパーで買いました。
ヴィオニエはフランス・ローヌ地方北部のコンドリューが原産地で、
1985年頃まではほとんど地域外に出ていない品種でしたが、
1990年代になって世界中で栽培されるようになったそうです。
お陰でいろんな国(特に新世界)のヴィオニエが発見できます。
その秘密は味にあるんだと踏んで、各地のヴィオニエを試しています。


IMG_0871
ヤルンバは1849年創業のオーストラリア最古の家族経営ワイナリー。
20年に及ぶヴィオニエ研究の末、1998年にThe Virgilius Viognierをリリース。
ヴィオニエに関してはオーストラリアならヤルンバを選んで正解のようです。
ただ、今日のはYシリーズというスタンダードタイプですが。(笑)


公式ページはヴィンテージ毎にワイン情報も完備でよく出来ています。

・ヴィオニエ 100%
南半球なので2017年の3~4月に収穫。ステンレスタンクで自然酵母で発酵。
発酵後は、オリと共にそのまま3ヵ月熟成されます。
トップキュヴェのThe Virgiliusは、全房を直接フレンチオーク樽に圧搾・搾汁。
発酵後、10ヶ月間のシュールリー。樽も使ってますし随分手間が違うようです。
いつかはトップのも試してみたいものです。(5000円は少し躊躇しますが…笑)


さて、バロッサ・ヴァレーにあるヤルンバへ行ってみましょう。
Yalumba01
北パラ川沿いのアンガストンという町の近くですが、敷地が広い。
ストビューでは入口までしか行けません。学校の時計台のような建物らしいです。

オーストラリアの産地と共にヤルンバとの位置関係を見ます。
Australia2
アデレードの北東へ車で1時間ほどの距離です。
所有畑はたくさんあるようで、バロッサ・ヴァレー、エデン・ヴァレーの他、
ちょっと離れてクナワラ、ラットンブリーにも畑があるようです。
今日のヴィオニエはSouth Australiaなので複数畑の広域からでしょうね。


ラベル平面化画像。横長のおシャレなデザインです。
IMG_0827
インポーター(サントリー)シールは裏ラベルを丸隠しです。
剥がすとヤルンバの住所が書かれてました。情報を隠されるの困りますねえ。
まあ、サントリーさんのお陰でスーパーでも買えたわけですが。


さあ、スクリュー回転。
IMG_0866
YシリーズだけにYのエンボスがキャップに入っています。

Alc.13.5%。イエロー。
IMG_0867

白い花、花梨、白桃。
甘み感じさせるようなアタックながら辛口。
ボリューム感ある味わいですが、
苦味をまとっていますね。
酸はあくまで穏やかに、
バックグラウンドでいい仕事をします。

総じて好印象なんですが、 
後口まで苦味が続くのが評価を難しくさせますね〜。


*****


Yalumba
The Y Series Viognier 2017
South Australia
WWWポイント 78点



WhiteWhiteWine01

Concha y Toro Casillero del Diablo Viognier 2017

ヴィオニエで検索すると、世界中の大抵の産地で見つかりますね。
1980年代に評論家に注目されるまではジリ貧だったとは想像つきません。
コンチャイトロのお馴染みカシジェロ・デル・ディアブロですが、
これにもヴィオニエがあったのでスーパーで発見して思わず購入。


IMG_0135
で、今回フランス北ローヌのヴィオニエとの比較と相成ったわけです。
フランスからはメゾン・レ・アレクサンドランのヴィオニエ2018です。


もともとそんなに飲んでいない、馴染みのない品種ですので、
比較というよりは、共通点でもって品種の特徴を掴みたいというのが本音。
果してその共通点っていうのがうまく出るんでしょうかね。
シャルドネやソーヴィニヨン・ブランを考えても国によって随分違いますし。
IMG_0136
しかし、こういうテーマを持った試飲って楽しいです。(笑)


コンチャイトロの公式ページで今日のワイン情報を見ます。

当然ながらの、
・ヴィオニエ 100%
熟成はフレンチオーク樽とステンレスタンクの併用だそうで。期間不明。
前回試したフランス北ローヌのヴィオニエは樽なしでした。違い出るかな?

産地はカサブランカとリマリです。
Chilean-Wine-Map
この2つの産地、結構離れてますよ。大手はなんだかダイナミックです。

Casillero del Diabloシリーズの専用サイトというのもあります。

しかし、驚くのはこのシリーズのラインアップの多さ。
レセルバ・プリバダのカルメネールがある!日本には入って来てないですね。


エチケット平面化画像。
IMG_0091


さて、スクリュー回転。
IMG_0133
ディアブロ(悪魔)マークがエンボスになってます。カッコいいです。

Alc.13.5%。
薄いイエロー。
IMG_0134
フランスのより薄いですね。

比較するとこんな感じ。
IMG_0137

洋梨、花梨、フランスと同じ系統の香りだとわかります。
でも、フランスにあった白桃を感じませんね。
軽い酸とまろやかな口当たりです。
同じアルコール度数ながらチリの方が少し重みを感じます。
お陰でフランスのようなハツラツ・サラサラ感少なく、
まろやかでしっとりした感じです。樽の効果でしょうか。

でも、
苦味と甘みが絡み合ったような複雑な風味はすごく似てる気がします。
案外共通点は多いですね。
それをもってヴィオニエの個性って理解できそうです。

で、採点は…落ち着いてる分こっちが飲みやすいということで、
フランス+1点の79点ということにします。


*****


Concha y Toro
Casillero del Diablo
Viognier 2017 Reserva
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01

Maison Les Alexandrins Viognier 2018

ヴィオニエの幅を知りたいなと、フランスとチリのヴィオニエをゲットしました。
まずはフランスのヴィオニエから記事にします。(チリとその比較は次回。)
最初AOCコンドリューで探すも、有名ワインだけにめっぽうお高い。(笑)
なもんで、北ローヌ、タン・レルミタージュの作り手のこれで手を打ちました。


IMG_0131
ヴィオニエは北ローヌのコンドリューの村が原産の白品種です。
今では新世界でもよく見かける品種ですが、1960年代頃まではローヌのみ、
栽培面積も落ち込み絶滅寸前だったと聞きます。


さて、ネットで注文した時は「ニコラ・ペラン」として売られてましたが、
届いた現物には、メゾン・レ・アレクサンドランとしか書いていません。

公式ページで調べると、なかなかややこしい経緯がありました。

まず、北ローヌのタン・レルミタージュに6代続く家族経営の作り手、
ニコラ・ジャブレ氏が南ローヌのファミーユ・ペラン(ペラン家)と手を組み、
ジョイント・ベンチャー、ニコラ・ペランを立ち上げます。(2007年)
ニコラ・ジャブレ氏はニコラ・ペランの当主として、ギヨーム・ソレル氏
アレクサンドル・カソ氏と協力してメゾン・ニコラ・ペランを運営していましたが、
アレクサンドル・カソ氏が2009年にタン・レルミタージュ近くのメルキュロル
(Mercurol)に設立したドメーヌ・レ・アレクサンドランのワインを売り出し、
さらにメゾン・ニコラ・ペランを北ローヌで確固たる存在にするため、
メゾン・ニコラ・ペランがドメーヌ・レ・アレクサンドランを吸収合併し、
2015年より、ドメーヌ&メゾン・レ・アレクサンドランに改名したという訳です。
ああ、しんど~。
まあ、だいたいこんな感じのことが書いてあります。
これでペラン家は外れた感じなのでしょうかね。

これが公式ページに載っていたメゾン・レ・アレクサンドランのマークです。
Alexa
「par Nicolas Perrin」と入ってるので、辛うじてペランの名前は残ってそうです。

これが、メゾン・ニコラ・ペラン時代のマーク。
Perrin
二匹のユニコーンやツタの意匠が似ていますね。


そうそう、今日のワインの情報は、
・ヴィオニエ 100%
樽はなく、ステンレスタンクのみの熟成です。


お約束なので、ワイナリー訪問でタン・レルミタージュ近くへ。
TL01
番地的には右の写真がドメーヌ・レ・アレクサンドランです。
町中にドメーヌ&メゾン・レ・アレクサンドランの本拠地があるようです。


エチケット平面化画像。
IMG_0125
例の3人の経営者の名前が裏ラベルに書いてあります。
QRコードは公式ページへのリンクです。

インポーターシールは別撮り。アサヒビールの輸入です。
Asaqhi3
改名したのにまだ「ニコラ・ペラン」としつこく書いてますね。(笑)


さあ、スクリュー回転。
IMG_0129

Alc.13.5%。
濃いめの黄色、うっすら緑。
IMG_0130

洋梨、花梨、白桃、華やかな甘い花の香り~。
サラサラっとした溌剌さある辛口アタック。
苦味と甘みが絡み合ったような複雑な風味がします。
特徴なんでしょうが、ちょっと主張の強い味です。

トロみを感じさせる強い粘性や、
華やかでゴージャスな味わいが特徴と、
解説してあるページもありました。
確かにそんな感じです。

スルっと軽めがいいときは、ちょっと違うかな~
と思いました。


*****


Maison Les Alexandrins
(par Nicolas Perrin)
Viognier 2018
WWWポイント 78点



WhiteWhiteWine01

Paul Jaboulet Aîné Viognier 2018

ふと、ヴィオニエを飲んでみようかと。
アメリカやオーストラリアでも栽培されているようですが、
フランス・北ローヌ地方のコンドリューの村が原産地です。
コンドリューのだか不明ですが、一応のフランス産をいただきましょう。


IMG_9816
大手ポール・ジャブレ・エネですが、Vin de Franceのカテゴリーです。
旧称Vin de Table、いわゆるテーブルワインですね。


公式ページはいつもながらの情報ゼロです。

インポーターサイトも今ひとつ。
ヴィオニエ100%、マロラクティック発酵なのは確かでしょうが、
樽熟してるという情報もあれば、ステンレスタンクで8ヶ月というのもあります。
公式サイトの怠慢で真相は闇の中…。(笑)

コート・ロティなんかでシラーに隠し味で入れられてたのをいただいただけで、
モノセパージュは飲んだことなかったんですよね。
華やかな香り、穏やかな酸、強いボディなんかが特徴のようです。


エチケット平面化画像。
IMG_9761


さて、抜栓。
IMG_9817
ポール・ジャブレ・エネ専用デザインはいいですね。コルク横ミレジムも。

コルクも平面化してきましょう。
IMG_9814

Alc.12.5%。
レモンイエロー。
IMG_9815

白い花、洋梨、花梨、若干トロピカル~。
甘い酸と一瞬感じましたが辛口アタック。
桃のようなうまみを感じますが実体は軽そう。
リースリングのような喉越しの酸と風味ですね。
リースリングより花っぽいかな。
コンドリューとかもう少し上等なやつとか、
ニューワールドのヴィオニエも試してみたいですね。


*****


Paul Jaboulet Aîné Viognier 2018
WWWポイント 78点



WhiteWhiteWine01
--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ