Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

ミュラー・トゥルガウ

Franken Müller-Thurgau trocken 2017

特徴的なボックスボイテルのボトルです。ドイツのフランケン専用でしたね。
以前同じ所のドミナを試してますが、今日は王道ミュラー・トゥルガウをいただきます。
そう、これもKALDIに置いてあるやつです。(笑)


IMG_1303
この「GWF」というのは「Gebietswinzergenossenschaft Franken」の略、
つまり、「フランケン・ワイン協同組合」ということでしたね。


公式ページはきれいですが、ショップ兼用、協同組合らしい感じです。
英語表示の切替ボタンを押すと、なんとGoogle翻訳されるという手抜きですが。(笑)

カルディで売ってるシリーズは一番下のレンジなのか公式ページには見当たりません。
まあ、ミュラー・トゥルガウ100%で、樽はないでしょうからいいんですけどね。

ミュラー・トゥルガウは、1882年にトゥルガウ出身のスイス人植物学者、
ヘルマン・ミュラー教授がドイツのガイゼンハイム研究所で開発した交配品種ながら、
今ではリースリングに次いでドイツで2番目に生産される代表品種になっています。
で、フランケンでは、土着のシルヴァーナーを抜いて一番生産される品種です。
<*2017年データ:Müller-Thurgau (25.9%)、Silvaner (24.3%)、Bacchus (12.2%) >

ミュラー・トゥルガウはリースリングxシルヴァーナーの交配種など諸説ありましたが、
最新の解析では、リースリングxマドレーヌ・ロワイヤルの交配種と判明しています。
(マドレーヌ・ロワイヤルは、ピノ・ノワールとトロリンガーの交配品種)


ワイナリー訪問といきたいですが、協同組合なのでどこへ行けばよいやら。(笑)
2,100の生産者が会員で、総畑面積も1,200ヘクタールあるそうで。
Frank01
ドイツワインのサイトからフランケンの風景を貼ってお茶を濁します。


ついでにフランケンをもう少し深堀りしておきます。
やはり「川起点」で考えます。マイン川がフランケンを貫いてますね。
シュヴァインフルトから大きく蛇行してフランクフルトの手前までの河畔です。
Frank02
フランケンは大きく3つのベライヒに分類されます。
一番西側、フランクフルト寄りが、
Mainviereck(マインフィアエック/四角地区 )
真ん中のヴュルツブルクを含む三角形の地帯が、
Maindreieck(マインドライエック/三角地区)
一番東側、四角でも三角でもないのが、(笑)
Steigerwald(シュタイガーヴァルト )

ややこしいのが、これ以外に、タウバー川沿いのベライヒが、
Tauberfranken(タウバーフランケン)といってバーデン地方に属します。
また、遠く離れたボーデン湖の北岸東側にBayerischer Bodenseeがあり、
これはフランケンの飛び地のベライヒになっています。ややこしや。


ややこしついでに、13あるドイツの特定生産地帯(Bestimmtes Anbaugebiet)を俯瞰。
ドイツワインの地図もあまりいいのがネットでころがってないんですよね。
German02
(いつか怒られそうですがお馴染みワインフォリーの地図です。)

これはまた違うやつで日本語ですが、なんだかクリソツ。
German01
みんな、あちこちパクりまくりなんでしょうか。
なんとなくわかりました? フランケンにあるバーデン、タウバーフランケンと、
バーデンのベライヒ、ボデンズィー近くのバイエリッシャー・ボーデンズィー


ボックスボイテルはラベル平面化撮影しなくても平面です。(笑)
IMG_0950
PrädikatsweinKabinettなので最低エクスレ度(果汁糖度)は67度。
(1リットルの水より何グラム重いか=1リットル当たりの糖度)
しかし、Trockenなので最高残糖分9g/l以下の辛口ワインに仕上げてあります。


さて、スクリュー回転。
IMG_1304
キャップは一応マーク入り。

Alc.11.5%。
イエローです。
IMG_1301

青リンゴ、華やかな香りは白ユリかな。
甘さは本当にかすかで食事に合わせるのに程よい印象。
ニュートラルなフルーティさを感じる味です。
飛び抜けた特徴がない感じですが、それが特徴とも言えそう。
あっさりなのに安っぽさがないのがいいですね。
後味もクリアでよろしい。


*****


Franken Müller-Thurgau
trocken 2017
Prädikatswein Kabinett
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01

Hagnauer Sonnenufer 2017 Müller-Thurgau

バーデン、ボーデンズィーのミュラー・トゥルガウです。
250mlの栄養ドリンクのような(笑)かわいいボトルなので、
地元のスーパーで発見し、思わず購入。2.9ユーロです。(笑)
しかしこれが、あながちバカにできないワインなんですよね。


IMG_9913
ハーフよりも小さく、お試しや日本への持ち帰りにいいサイズ。
ドイツ人はどんな時にこのサイズで飲むんでしょうね。カップ日本酒的?


公式ページを見てみると、なかなか立派なワイナリーです。

ボーデン湖の畔、Hagnau am Bodenseeの町に本拠地を置くワイン生産者協同組合で、
1881年設立の歴史あるところ。52の会員生産者と計166haの畑を擁しています。
このあたりでは最古で最大のワイン生産者共同組合だそうです。
残念ながらドイツ語のみですが、この公式ページの内容は豊富で、
施設やブドウ畑など各地を360°グルグル回れるバーチャルツアーや、
52生産者の顔写真が全部確認できるページもあります。(笑)

早速、Google Map訪問してみます。きれいなショップになってます。
Hagnau01
すぐ近くがもう湖。湖岸の際きわまでブドウ畑があるんですね。

Bodenseeは、ドイツの13ワイン生産地域のひとつBadenのベライヒでしたね。
Hagnau02
Dr. Hegerの時に描いたバーデンの地図に今日の場所も追記しました。


ラベル平面化画像。
IMG_9742
Qualitätsweinですね。残糖は5.5g/lなのでやや辛口って感じでしょうか。
(EUのスティルワインの規定では残糖度が4g/l以下のものを辛口とする。)


さあ、スクリュー回転です。
IMG_9914
キャップのマークはカッコいいです。

Alc.11%。
濃いめの黄色。
IMG_9911

柑橘系、グレープフルーツ、甘い香りも少し。
アタックでブドウ果汁を感じますが甘すぎることはないですね。
かすかな苦味のような複雑味もあり、薄っぺら軽ではないです。
酸もあるんですが、穏やかで他を邪魔をしないのはいい感じ。

他のミュラー・トゥルガウも試したくなります。
そうそう、これと同じボトルで(同じ生産者で)、
シュペートブルグンダーから作る辛口ロゼ「Weißherbst」も買ってあります。
この辺りの名物らしいですから、これを開けるのも楽しみ~。


*****


Hagnauer Sonnenufer 2017
Müller-Thurgau   
Baden Bodensee
WWWポイント 77点



WhiteWhiteWine01

Einig-Zenzen 1636 Zen Ice 2011 Auslese Rheinhessen

最近、極甘口にはまっています。
甘口は敬遠しますが、サラッとした上等な極甘口はたまりませんね。
今日はリカマンで特売していた甘そうなドイツワインを試します。
「ツェン・アイス」ですって。アイスワイン(Eiswein)なのかしら?


IMG_6817
細い375mlのボトルです。この形がすでに甘そうです。(笑)

作り手は、アイニッヒ・ツェンツェン(Einig-Zenzen)。
公式サイトは立派で、大手であることを伺わせます。
しかしながらワイン個々の情報は載ってなさそう。
公式日本語サイトもありますが、こちらも今日のワインが見当たりません。

仕方がないので裏ラベルやインポーターサイトを当たります。
IMG_6819
等級は「Prädikatswein」。2007年7月までは「Q.m.P」、いわゆる
「Qualitätswein mit Prädikat」(生産地限定格付け上質ワイン)と
呼ばれていたやつです。
「Prädikat」とは「肩書」のことで、以下の「肩書」が名乗れます。

・カビネット(Kabinett):普通に収穫された完熟ブドウから。
・シュペトレーゼ(Spätlese):7日間以上の遅摘みブドウから。
・アウスレーゼ(Auslese):更に糖度が高く房選りされたブドウから。
・ベーレンアウスレーゼ(Beerenauslese):更に糖度高く粒選りで。
・アイスヴァイン(Eiswein):樹上自然凍結で作るアイスワイン。
・トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese):貴腐。

で、今日のやつは…アウスレーゼと書いてますね。
「ZEN ICE」と言いながらアイスワインじゃないんでしょうかね。
これら「肩書」には糖度とアルコール度の規定がありますので、
アウスレーゼが83〜100、アイスヴァインが110〜128となっており、
糖度が満たなかったからアウスレーゼとしているのかもしれません。
誰か詳しい人教えて!


セパージュはたぶんこうです。(リカマンのサイトから)
・ミュラートゥルガウ 34%
・シルヴァーナ 23%
・ケルナー16%
(お~い!合計しても100%になりませんがな!!)
ミュラートゥルガウはドイツを代表する白品種のひとつですね。
リースリングとマドレーヌ・ロワイヤルの交配種だそうです。
産地はラインヘッセンとなっていますね。


表ラベルもアップにしておきます。
いつもの平面化をするにはボトルが細く、上下に長すぎました。
IMG_6818
「Sechzehn Sechs & Dreissig」って何かなと思ったら、
「1636」のドイツ語表記でした。(笑)


さて、抜栓です。
Alc.8.0%。
むっちゃ黄色が濃いゴールド。
ウッディな香りをまとったリンゴ、梨。
サラサラ感ある喉越し。
甘いけどサラッとして好感触ですね。
甘ったるくない甘さは至福であります。
甘さはすご〜く甘いのにね。
うま〜い。


*****


Einig-Zenzen
1636 Zen Ice 2011
Auslese Rheinhessen
WWWポイント 80点



WhiteWhiteWine01
--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ