Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

メドック格付け第5級

Château du Tertre Les Hauts du Tertre 2012 Margaux

メドック格付け第5級、ちょっと影が薄いシャトー・デュ・テルトルです。
で、例によって、そのセカンド・ワインをお試しするのであります。
世間的評価は、1978年以降ムラがなく、1998年に現オーナーになってからは、
畑の整備や醸造設備の刷新に資金が投入され更なる高品質化がされてるとか。
まあ、今日はその高評価のファーストではなくセカンドなんですが…。(笑)


IMG_2715
オランダ人のエリック・アルバダ・イェルヘルスマ(Eric Albada Jelgersma )
氏がオーナーなのですが、この人、シャトー・ジスクールを1995年に取得、
3年後の1998年にシャトー・デュ・テルトルも買っちゃってるわけです。
オランダでスーパーマーケットチェーンを持つ実業家で資金は潤沢そうですが。
ネット記事を見ていると、2018年に79歳で亡くなられたそうです。合掌…。


公式ページは、さすがにシャトー・ジスクールのと体裁が似ています。

セカンドもちゃんと載ってますが、情報が薄いのも似ていて、これは困ります。
以下のシャトーの作付け割合のみで、個々のワインのセパージュが載ってません。
・カベソー 43%
・メルロー 33%
・カベフラ 19%
・プチヴェルド 5%
ファーストは作付けに近いかもしれませんが、セカンドはかなり違うはずです。

ネット情報を集め、それらしいのを比較検討し、結果これが一番確からしい。
・カベソー 40%
・メルロー 30%
・カベフラ 30%
どうやって確からしいか判断してるかというと、正確な情報を載せてそうな(笑)
(ミレジム毎にデータが整理されアルコール度数他も正確)欧州のショップの、
複数の情報が一致した場合に採用します。あとは勘。(笑)
熟成も一致した意見が、新樽率30%で12ヶ月になってます。


さあ、マルゴーAOCでも外れになるアルサック村にあるシャトー訪問。
ストビューでは敷地内に入れず。代わりに空撮写真をつけておきます。
Tertre01
シャトー名の「Tertre」は高台のこと。マルゴーでは一番高い丘にあるそう。
アルサック村はジロンド川から遠いですが、ムーリナ川という小川があり、
シャトーの所有畑をぐるっと囲むように流れています。
また、マルゴー村やカントナック村のシャトーのように区画が分断されず、
シャトーの周辺に整然とかたまってあるのも好感が持てます。


さて、今日はいつもの「マルゴーまるごと地図」ではなく新作です。
シャトー・デュ・テルトル目線で作り直し。ちゃんと上が北です。(笑)
MarMargaux
マルゴー村は少々混みあってますが(笑)全格付けシャトーを明記してます。
以下にリストアップしますので、地図で位置(所在村)確認しましょう。

<MARGAUX マルゴー村>(9シャトー)
(第1級)Château Margaux(マルゴー)
(第2級)Château Durfort-Vivens(デュルフォール・ヴィヴァン)
     Château Lascombes(ラスコンブ)
     Château Rauzan-Ségla(ローザン・セグラ)
     Château Rauzan-Gassies(ローザン・ガシー)
(第3級)Château Ferrière(フェリエ―ル)
     Château Malescot-Saint-Exupéry(マレスコ・サン・テグジュペリ)
     Château Marquis-d’Alesme(マルキ・ダレーム)
(第4級)Château Marquis-de-Terme(マルキ・ド・テルム)

<CANTENAC カントナック村>(9シャトー)
(第2級)Château Brane-Cantenac(ブラーヌ・カントナック)
(第3級)Château Boyd-Cantenac(ボイド・カントナック)
     Château Cantenac-Brown(カントナック・ブラウン)
     Château Desmirail(デスミライユ)
     Château d’Issan(ディッサン)
     Château Kirwan(キルヴァン)
     Château Palmer(パルメ)
(第4級)Château Pouget(プージェ)
     Château Prieuré-Lichine(プリューレ・リシーヌ)

<LABARDE ラバルド村>(2シャトー)
(第3級)Château Giscours(ジスクール)
(第5級)Château Dauzac(ドーザック)

<ARSAC アルサック村>(1シャトー)
(第5級)Château du Tertre(デュ・テルトル)

以上の合計21シャトーになります。


エチケット平面化画像。
IMG_2599
裏ラベルにプチヴェルドも混ぜてるって書いてますね。(汗)
じゃあ、第二候補のこれかな?
・カベソー 33%
・メルロー 32%
・カベフラ 30%
・プチヴェルド 5%

インポーターシールは裏ラベルを隠さない偉いタイプです。
IMG_2716


さあ、抜栓。
IMG_2710
セカンド・ワインでも手抜きのない感じのコルク。

平面化しておきましょう。
IMG_2711
セカンド専用デザイン、横ミレジム入り、完璧です。

Alc.12.5%。
濃いガーネット。エッジが結構褐変しています。ねっとり系の涙。
IMG_2714

黒ベリー、スパイス、なめし皮、森の下草。
スモーキーな感じプンプンです。
辛口アタック。
でも、薄っすらと酸が健在ですね。
枯れることなく生き生き感を与えてます。
圧倒的な複雑味と構造感がパレットに迫ります。
タンニンもしっかりこなれシルキー。
余韻に入っても、これら同じバランスで続き、
おさらいができますよ。
最初の酸はまろやかで最後までいい仕事してます。

これはなかなか傑出してるワインじゃないでしょうか。
ファーストが気になりますね。


*****


Château du Tertre
Les Hauts du Tertre 2012
Margaux
RRWポイント 94点


Château Batailley Lions de Batailley 2015

メドック格付け第5級、ポイヤックのシャトー・バタイエです。
例によってそのセカンドワイン、リオン・ド・バタイエをいただきます。
歴史が古く、百年戦争(1339~1453年)が敷地や畑で繰り広げられたそうで、
シャトーの名前はバタイエ(Bataille=戦い)に由来するそうです。


IMG_2085
ボルドー大手ネゴシアンのボリー・マヌー(Borie-Manoux)社のオーナー、
カステジャ(Casteja)家が現在所有しています。
ボルドーの通常ルートに乗らない流通政策で、長らく過小評価されてたそうですが、
今日のと同じ2015年のファーストにパーカーおじさんは93-95点をつけていますから、
なかなか良さげです。(因みに今日のセカンド2015年は89点ですが…。笑)
 

公式ページはあっさり、こじんまりとした作り。

ミレジム毎のデータなんかないですし、なにより今日のセカンドが載ってません。
というのもセカンドワインは2014年が初リリースで、限定数量だったため、
この2015年が実質的に最初のセカンドワインになるようです。
従って、ネット情報に頼りますがデータがまちまちで一定してません。
仕方がないのでパーカーおじさんのコメントからセパージュはこれが正解と判断。
・カベソー 60%
・メルロー 33%
・カベフラ 6%
・プチヴェルド 1%
シャトー・バタイエの生産量の1/3強がセカンドに回されるそうで、
若木からとかなんでしょうけど、かなりの割合ではないかと思います。
樽熟は、ファーストが16~18ヶ月ですがセカンドは不明。


シャトー訪問はうまく近寄れなかったので、周辺地図にコラージュ。
近隣の格付けシャトーも確認。サン・ジュリアンにも結構近いです。
Pauillac_Batailley2
すぐ近くにシャトー・オー・バタイエ(Château Haut-Batailley)がありますが、
ただ名前が似てるのではなく、1942年にシャトー・バタイエの一部の畑が分割され、
シャトー・バタイエとシャトー・オー・バタイエに分かれました。
シャトーの建物は分割できないので、オー・バタイエの建物は後付けでショボいです。
オー・バタイエの方は2017年にシャトー・ランシュ・バージュのオーナーでもある、
カーズ家が所有することになり今に至ってます。

いつものポイヤック全体地図上にもシャトー位置を示しました。
Pauillac_Batailley
ポイヤックは名だたる第1級が3つもありますし、第2級も2つ。
ところが第3級がゼロで、第4級がデュアール・ミロンのみです。
あとは第5級が12もあります。で、今日のシャトー・バタイエも5級です。

まとめておきます。上の地図で位置関係も確認しましょう。
<第1級>
・Ch. Lafite-Rothschild(ラフィット・ロートシルト)
・Ch. Mouton Rothschild(ムートン・ロートシルト)
・Ch. Latour(ラトゥール)
<第2級>
・Ch. Pichon-Longueville-Baron(ピション・ロングヴィル・バロン)
・Ch. Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalande(ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)
<第3級>なし
<第4級>
・Ch. Duhart-Milon(デュアール・ミロン・ロートシルト)
<第5級>
・Ch. d’Armailhac(ダルマイヤック)
・Ch. Clerc-Milon(クレール・ミロン)
Ch. Batailley(バタイエ)
・Ch. Haut-Batailley(オー・バタイエ)
・Ch. Haut-Bages-Libéral(オー・バージュ・リベラル)
・Ch. Croizet-Bages(クロワゼ・バージュ)
・Ch. Lynch-Bages(ランシュ・バージュ)
・Ch. Lynch-Moussas(ランシュ・ムーサ)
・Ch. Grand-Puy-Ducasse(グラン・ピュイ・デュカス)
・Ch. Grand-Puy-Lacoste(グラン・ピュイ・ラコスト)
・Ch. Pédesclaux(ペデスクロー)
・Ch. Pontet-Canet(ポンテ・カネ)
合計18シャトーです。


エチケット平面化画像。
IMG_2076
ファーストは金ピカですが、セカンドは似た図案ながら白地でシンプル。
シャトーの両脇にライオン(Lions)が加えられています。

インポーターシールは裏ラベルを隠していませんでした。エライ。
IMG_2077


さて、抜栓です。
IMG_2083
キャップシール、コルクともにセカンド専用デザインを奢っています。
ネックにも装飾があったので貼っておきました。

コルクも平面化。上下のない面白い図案です。
IMG_2078
コルク横にミレジム入り。セカンドでも手抜きなしという感じです。

Alc.13.5%。
ガーネット。粘性の涙です。
IMG_2084

黒ベリー、ブラックチェリー、ナツメグ、杉。
辛口アタック。
かすかな酸味は感じますが、
味の厚み・構造感・バランスはすこぶる良い感じがします。
タンニンはしなやか。薄いベールのように包んでくれます。
余韻も同じバランスで、味のおさらいをしながら続きます。

少々こじんまりした印象ながら、
よくまとまった小宇宙を体験できる、
上出来のセカンドと言えるんじゃないでしょうか。
2015年はボルドーの良年というのもあるんでしょうね。


*****


Château Batailley
Lions de Batailley 2015
RRWポイント 93点




Château Grand-Puy-Lacoste 2012 Pauillac

メドック格付け5級のシャトー・グラン・ピュイ・ラコストです。
ポイヤックにはグラン・ピュイ・デュカスというシャトーもありますが
(同じくメドック格付け5級)、当時、シャトーの名前は地名(Grand-Puy)
+オーナー名であったため、特に関連性はないようです。
因みにGrand-Puyは大きな丘の意味だそうで。


IMG_1647
以前ラコスト・ボリーというセカンドを試していますが今日はファースト。
ラコストはその昔の所有者の名前で、ボリーは今の所有者の名前です。
現所有者はフランソワ・グザヴィエ・ボリー(Francois-Xavier Borie)氏。
1978年に父のジャン・ウジェーヌ・ボリー(Jean-Eugene Borie)氏が取得、
それを長男のフランソワさんが引き継いで運営しています。
昔の名前のつけ方ならシャトー・グラン・ピュイ・ボリーにしたいところでしょう。(笑)


公式ページは格付けシャトーらしくカッコよくしっかり出来ています。

ファーストもセカンドもミレジムごとのデータシート完備。
今日のファーストラベルの2012年も詳細データありです。
・カベソー 76%
・メルロー 24%
畑の作付けでは5%ほどカベフラがあるのですが、この年はブレンドしてません。
手摘み収穫、除梗の前と後で2回選果を行なう念の入れようです。
新樽率75%のフレンチオーク樽で16~18ヶ月の熟成だそうです。


さあ、シャトー訪問。きれいな畑に囲まれストビューでは近づけず。(笑)
GPL01
エチケットのイラストにある建物が名前の通り大きな丘(Grand-Puy)の上にあります。

公式ページに所有畑の地図が載ってたので、例によってGoogle Map転記します。
GPL03
ポイヤックの近隣の格付けシャトーができるだけ入るようにしました。

いつものポイヤック地図上にもシャトー位置を追記しています。
GPL02
以前の地図ではCh.Grand-Puy-Ducasseの位置が違っていたので今回修正してます。
シャトーはポイヤックの市街地にありました。畑が離れていたので間違えてました。

ポイヤックは名だたる第1級が3つもありますし、第2級も2つ。
ところが第3級がゼロで、第4級がデュアール・ミロンのみです。
あとは第5級が12もあります。で、今日のグラン・ピュイ・ラコストも5級です。

まとめておきます。上の地図で位置関係も確認しましょう。
<第1級>
・Ch. Lafite-Rothschild(ラフィット・ロートシルト)
・Ch. Mouton Rothschild(ムートン・ロートシルト)
・Ch. Latour(ラトゥール)
<第2級>
・Ch. Pichon-Longueville-Baron(ピション・ロングヴィル・バロン)
・Ch. Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalande(ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)
<第3級>なし
<第4級>
・Ch. Duhart-Milon(デュアール・ミロン・ロートシルト)
<第5級>
・Ch. d’Armailhac(ダルマイヤック)
・Ch. Clerc-Milon(クレール・ミロン)
・Ch. Batailley(バタイエ)
・Ch. Haut-Batailley(オー・バタイエ)
・Ch. Haut-Bages-Libéral(オー・バージュ・リベラル)
・Ch. Croizet-Bages(クロワゼ・バージュ)
・Ch. Lynch-Bages(ランシュ・バージュ)
・Ch. Lynch-Moussas(ランシュ・ムーサ)
・Ch. Grand-Puy-Ducasse(グラン・ピュイ・デュカス)
・Ch. Grand-Puy-Lacoste(グラン・ピュイ・ラコスト)
・Ch. Pédesclaux(ペデスクロー)
・Ch. Pontet-Canet(ポンテ・カネ)
合計18シャトーです。


エチケット平面化画像。
IMG_1649
珍しく裏ラベルがなく、エノテカシールのみだったのでそれは割愛。


さて、いただきます。
Alc.13.5%。
濃いガーネット。
IMG_1648

黒ベリー、若い新樽のような樽香、モカ、スパイス。
果実香は弱い感じですね。
素っ気ない辛口アタック。
と思うと、ビロードのような飲み心地が始まり、
まろやかに舌の上で転がっていきます。
かすかな酸を感じさせ、結果まとまりの良い構造感です。
お上品な印象。これをエレガントというのでしょうか。
喉越し余韻のタンニンはごくごくシルキーで、
じんわり、そのこじんまりした構造感を楽しめます。

小さくまとまった小宇宙です。
ビッグではないがバランスはすこぶるいいと思いました。


*****


Château Grand-Puy-Lacoste 2012
Pauillac
RRWポイント 92点


Château Haut-Bages Libéral 2016

メドック格付け第5級、シャトー・オー・バージュ・リベラルです。
以前にサードのLe Haut-Médoc de Haut-Bages Libéral 2011を試してます。
前は公式ページにサードのオー・メドックは載ってなかったのですが、
今はセカンドと共にちゃんとラインナップとして載っているようです。
しかし、今日のお試しはファーストです。安心していただきましょう。(笑)


IMG_1474
2015年からエチケットのデザイン(字体)が変わったようです。
前の流麗な筆記体調の方が良かったんですが。これは少々安っぽい感じがします。


公式ページは格付けシャトーらしくカッコよくできています。

リュルトン家のゴンザーグ(Gonzague)&クレール・ヴィラール(Claire Villars)・
リュルトン夫妻所有とのことで、Gonzague & Claire Lurton Vineyards名のサイトもあり、
シャトー ・デュルフォール・ヴィヴァンフェリエールも所有してるのがわかります。

どのサイトも同じ作りで、ワイン紹介はミレジム毎、データシートも完備です。ブラボー。
今日のオー・バージュ・リベラル2016は、
・カベソー 70%
・メルロー 30%
と、作付け比率通りのセパージュで、樹齢は平均35年とのこと。
樽熟は新樽率40%で16ヶ月熟成です。
パーカーおじさんの90-92点他、評価誌の点数もちゃっかり載せてあります。


さて、ポイヤックにあるシャトーを訪問します。
HBL02
シャトーというほどの建物ではないですが、その畑の立地が素晴らしく、
大部分の畑がシャトー・ラトゥールのメインの畑に隣接しているそう。


例によって、ポイヤックの格付けシャトーの位置関係を俯瞰しておきます。
HBL01
ポイヤックは名だたる第1級が3つもありますし、第2級も2つ。
ところが第3級がゼロで、第4級がデュアール・ミロンのみです。
あとは第5級が12もあります。で、今日のオー・バージュ・リベラルも5級です。

まとめておきます。
<第1級>
・Ch. Lafite-Rothschild(ラフィット・ロートシルト)
・Ch. Mouton Rothschild(ムートン・ロートシルト)
・Ch. Latour(ラトゥール)
<第2級>
・Ch. Pichon-Longueville-Baron(ピション・ロングヴィル・バロン)
・Ch. Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalande(ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)
<第3級>なし
<第4級>
・Ch. Duhart-Milon(デュアール・ミロン・ロートシルト)
<第5級>
・Ch. d’Armailhac(ダルマイヤック)
・Ch. Clerc-Milon(クレール・ミロン)
・Ch. Batailley(バタイエ)
・Ch. Haut-Batailley(オー・バタイエ)
Ch. Haut-Bages-Libéral(オー・バージュ・リベラル)
・Ch. Croizet-Bages(クロワゼ・バージュ)
・Ch. Lynch-Bages(ランシュ・バージュ)
・Ch. Lynch-Moussas(ランシュ・ムーサ)
・Ch. Grand-Puy-Ducasse(グラン・ピュイ・デュカス)
・Ch. Grand-Puy-Lacoste(グラン・ピュイ・ラコスト)
・Ch. Pédesclaux(ペデスクロー)
・Ch. Pontet-Canet(ポンテ・カネ)
合計18シャトーです。


エチケット平面化画像。
IMG_1464
裏ラベルのQRコードは先ほどの公式サイトにつながるだけです。


さて、抜栓。
IMG_1470
キャップは、これがハーフボトルなのでエンボスのマークとかないのかも。
コルクは横ミレジム含め立派なものです。

コルクを平面化するとこんな感じ。
IMG_1472
エチケットにも薄っすら描いてあったシャトーのイラストですね。

Alc.13.5%。
濃いガーネット。
IMG_1473

黒ベリー、杉、チョコ。
酸を少し感じる辛口アタック。
若いタンニンか、ちょっと「きぶい(京都~関西方言)」です。
味の厚みはそこそこですが、酸味が少しバランスを崩してますね。
そうなると、喉越しのタンニンも少し荒々しい気がしてきます。
余韻はじんわり長くていい感じなのですが。

格付けワインの貫禄はあるんですが、まとまりが少し悪いですね。
パーカーおじさんのつけた90-92点他、
みなさん結構高得点なのが気になります。(笑)
ジェームス・サックリングさん、94-95点。
Wine Spectator、91-94点。
Wine Enthusiast 、93-95点。


*****


Château Haut-Bages Libéral 2016
Pauillac
RRWポイント 89点


Château Dauzac D de Dauzac 2015

メドック格付け第5級、マルゴーのシャトー・ドーザックです。
以前2008年を試し、他の格付けマルゴーよりお手頃なのに、
なかなかおいしいという好印象のシャトーです。
今日はそこのサード・ワインに相成ります。スーパーでゲット。(笑)


IMG_9924
AOCボルドーであり、すでにマルゴーでもメドックでもないのですが、
公式サイトではファースト、セカンド他と並んでちゃんと紹介されてます。
AOCマルゴーのセカンド、Aurore de DauzacLabastide Dauzacと、
オー・メドックのHaut-Médoc de Dauzacの後ですから序列的には5番目。
サード・ワインは言い過ぎでしたね。フィフス・ワイン?(笑)


公式ページではフィフス・ワイン(笑)もミレジム毎にデータありますよ。

しかしながら、他のワインは2018年のミレジムまで載っているのに、
この「D de Dauzac」は2015年以降のデータが載っていません。
最近は作ってないことも考えられますね。
・カベソー 56%
・メルロー 44%
熟成は「ステンレスタンクと樽」と書いてあるだけで、比率・期間不明。


ラバルド村のシャトー訪問。
Dauzac01
AOCマルゴーの外れで、割とマイナーな印象のシャトーですが、
敷地の広さや庭園の優雅さなどかなり立派な感じです。


お約束なので、全マルゴー格付けシャトー地図を貼っておきます。
Dauzac02
ドーザックとデュ・テルトルも1枚に収めるために北が右下なのでご注意。


エチケット平面化画像。
IMG_9847
八角形のラベルは全ラインアップで踏襲されてますね。


さて、抜栓。
IMG_9925
キャップの「D」はカッコいいですね。

コルクはつまらない汎用品ですが、一応平面化。
IMG_9921

Alc.13%。
ガーネット。
IMG_9922

黒ベリー、ナツメグのようなスパイス。
はっきりした樽香を感じます。
上等ボルドーの雰囲気ありますね。
ドライな風味の辛口アタック。
味の厚みはあるんですが、
少し風味に「乾燥した感」があるのが気になります。
まあ、変な甘みをつけられるよりは好感持てますが。
タンニンは穏やかでシルキー。
余韻、フィニッシュ、ほぼほぼ上等ボルドーの貫禄あり。

ドライな素っ気なさは仕方ないですかね。
これで2千円しませんから、偉いワインです。


*****


Château Dauzac D de Dauzac 2015
RRWポイント 90点


Château Lynch-Moussas 2003

メドック格付け第5級、シャトー・ランシュ・ムーサの2003年です。
1994年以降改善してるという評はありますが、今ひとつパッとした印象はなし。
マイナー格付けシャトー(失礼!)を探求するのも修行のひとつです。
ポイヤックの幅を知るためにも味わっておきましょう。


IMG_8761
このシャトーはジロンド川岸からはなれた内陸側にありますが、
ポイヤックでも最大級の敷地を持っているそうです。
元は同じ5級のシャトー・ランシュ・バージュと同一だったそうで、
ランシュ・バージュを切り離しても敷地が大きいというのはすごいっす。

公式ページは立派です。が、英語表示できなさそう…。
1919年からボルドーのネゴシアン、カステジャ家の所有とのこと。
今年(2019年)はカステジャ家が運営を始めてちょうど100周年だそうです。
2003年のセパージュは、
・カベソー 68%
・メルロー 32%
個々のミレジムに樽熟は記載なし。
通常は、55~60%の新樽率で14~24ヶ月だそうです。


さて、シャトーを訪問。おっと、入口からの一本道には入れません。
Lynch-Moussas01
背後に森を控え、前には池があり、優雅ですね~。

さあ、ポイヤックを俯瞰して、他の格付けシャトーとともに、
シャトー・ランシュ・ムーサの位置を確認しますよ。
LynchMoussas01
あれれ。ランシュ・ムーサはポイヤックの外にあります。
行政区分上はサン・ソヴァール(Saint-Sauveur)になるようです。
公式ページには細かな住所はなく、「ポイヤック」となっており、
郵便番号「33250」とだけ書いてあります。
実はこの郵便番号、サン・ソヴァールとポイヤックで共通です。
なんだか住所がポイヤックでないのを誤魔化してるような印象です。(笑)


ここで、AOCポイヤックの全18シャトーをおさらいしておきます。
上の地図に等級付きで書き込んでますので合わせて場所も確認ください。

PREMIERS CRUS<第1級>
Ch. Lafite-Rothschild(ラフィット・ロートシルト)
Ch. Latour(ラトゥール)
Ch. Mouton Rothschild(ムートン・ロートシルト)

DEUXIEMES CRUS<第2級>
Ch. Pichon-Longueville-Baron(ピション・ロングヴィル・バロン)
Ch. Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalande
(ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド)

TROISIEMES CRUS<第3級>
なし

QUATRIEMES CRUS<第4級>
Ch. Duhart-Milon(デュアール・ミロン・ロートシルト)

CINQUIEMES CRUS<第5級>
Ch. d’Armailhac(ダルマイヤック)
Ch. Batailley(バタイエ)
Ch. Clerc-Milon(クレール・ミロン)
Ch. Croizet-Bages(クロワゼ・バージュ)
Ch. Grand-Puy-Ducasse(グラン・ピュイ・デュカス)
Ch. Grand-Puy-Lacoste(グラン・ピュイ・ラコスト)
Ch. Haut-Bages-Libéral(オー・バージュ・リベラル)
Ch. Haut-Batailley(オー・バタイエ)
Ch. Lynch-Bages(ランシュ・バージュ)
Ch. Lynch-Moussas(ランシュ・ムーサ)
Ch. Pédesclaux(ペデスクロー)
Ch. Pontet-Canet(ポンテ・カネ)

ポイヤックは5級もいっぱいですが、名だたる1級・2級も多いです。
わりと狭いエリアにこれだけあるわけですから、名醸地なんでしょう。

しかし、マルゴー、サンテステフ、サンジュリアンのようなAOCと違い、
ポイヤックだけジロンド川に面した、市街地と立派な港があります。
その昔はここからワインを積み出し英国へ送られていました。
(12~15世紀、ボルドー周辺の地方「アキテーヌ」は英国の支配下でした。)
個人的にはポイヤックのシャトーは単にその地の利から栄えたのではないか、
と疑いの目を持っています。(笑)
ポイヤック特有のテロワールなんて幻想ではないかと思えてきます…。


エチケット平面化画像。
IMG_8764
シャトーのイラストは右下隅にちょろっと書かれていますが、
2009年からは真ん中に大きく書かれるようになります。
LynchMoussas02
バランスも含め、こっちの方がやっぱりいいですよね。


さあ、いただきましょう。
Alc.12.5%。濃いガーネット。褐変きてますね。
IMG_8767

黒ベリーのコンポート、フィーグ。熟成香の複雑な香り。
しかしながら果実系のフレッシュさは残っています。
辛口アタック。
味に深みはあるようですが、ぼやけて骨格がはっきりしない感じ。
喉越しのタンニン、余韻の残り方、すべてソツはないんですが、
やはり主張に乏しい感じが否めません。

パーカーおじさんも、軽い、水っぽいという評価をしていたようですが、
僕は「ぼんやり」と評価しておきましょう。88点。
あとで確認して気づいたのは、パーカーおじさんの2003年の評価も88点。
気が合うんですよね~。(笑)


*****


Château Lynch-Moussas 2003
Pauillac
RRWポイント 88点


Château Pédesclaux 2015

メドック格付け第5級、ちょっと影が薄いシャトー・ペデスクローです。
パーカーおじさんも過去には、こんなワインを飲んでいる暇はないだの、
酷評していたようですが、良年2015年は90点をつけてます。
その2015年をいただいてみましょうか。


IMG_8482
2009年に不動産業のジャッキー・ロレンツェッティが取得。
近代設備に巨額投資してみるみる品質が向上したそうです。
そう言えば、エチケットもモダンなデザインであか抜けてますしね。


公式ページはいい感じでカッコいいです。
ワイン情報はファーストとセカンド(Fleur de Pédesclaux)があり、
ミレジム毎にデータ完備。ただし、PDFのデータシートのみ。
本日の2015年のセパージュは、
・カベソー 52%
・メルロー 42%
・プチヴェルド 6%
メルローの比率がずいぶん高いですね。
樽熟は記述がないのでネット情報。
新樽率60%で16ヶ月のようです。


さて、ポイヤックのシャトーに行ってみましょう。
Chateau_Pedesclaux01
うまく近づけないので畑越しですが、これはこれでテロワ~ル。
あれれ?シャトーがガラス張りの超近代的なやつになっていません。
このガラス張りの新館は2015年に完成したんだそうで、
Google Mapの写真は2013年8月のデータでした。


ポイヤックの集落からシャトー・ラフィットあたりまで、
今日のペデスクローをかすめながら散策してみました。ご笑覧を。
Chateau_Pedesclaux02
こうして見ると、ペデスクローってジロンド川にも近いし、
一流シャトーに囲まれた中心的な位置にありますよね。
環境には恵まれてると思いますので、あとは努力次第です。(笑)


エチケット平面化画像。
IMG_8485
シャトーのイラストもガラス張りの最新デザインに一新されてます。


さて、いただきます。
Alc.13.5%。 濃いガーネット。
IMG_8475

黒ベリー、野菜、香りは少なめです。
辛口アタック。
味の厚みは弱めかもと思いましたが、バランスはいいです。
タンニンはちょうどいいこなれ方をしています。
良年で完熟したであろう2015年とすれば少々軽めです。
それを良しとすれば楽しめるはずですが。

ただ、一点付け加えるならば、
今日は抜栓後2日目にいただいたということです。
香りや風味が飛んでしまった後なのかもしれません。
それでも、パーカーおじさんと同じ点数をつけておきましょう。


*****


Château Pédesclaux 2015
RRWポイント 90点


Château Pontet-Canet Hauts de Pontet-Canet 2014

メドック格付け第5級ながら、パーカーおじさんが何度も100点をつける、
超優良シャトー、ポンテ・カネです。
気にはなってたんですが、やはり結構いいお値段で売ってます。
ま、そういうわけで今日はセカンドでのお試しとなりました。(笑)


IMG_8496
1975年にテスロン・コニャックが買い取ってから品質向上が目覚ましく、
特に1994年以降は飛躍的によくなりポイヤック随一の注目シャトーとなってます。


公式ページはカッコよく、ワイン情報もミレジム毎で一見いいんですが、
その個々のワイン情報は極少。
このセカンドもちゃんと載ってるんですが、2014年は未掲載のようです。
代わりに2013年を覗いてみると、「2013年のセカンドは一切作ってません。」
と書いてあります。ボルドーの2013年は悪年と聞きます。
ファーストを確保するだけで精一杯だったと伺えますし、
レベルに達しない場合、セカンドは潔く作らないというポリシーも感じます。

しかし、ネットのどこを探しても2014年のセパージュが見つからず。
唯一見つけたのが日本の通販サイトで、以下のようになってました。
・カベソー 62%
・メルロー 32%
・カベフラ 6%
例年ですとプチヴェルドが1~2%加えられるようですが、
この情報でそれがないとなると、信ぴょう性が高まる気がしますね。
樽熟もこのサイトの情報では、12ヶ月のようです。
ファーストが16ヶ月ですから、そんなもんでしょうね。


さて、シャトー訪問。
pontetCanet01
う~ん、すぐ横の道からは中がよく見えません。

周辺のシャトーとの位置関係を見ておきましょう。
pontetCanet02
ポイヤックの名だたるシャトーのご近所です。
その他の格付けシャトーは黄色で囲っておきました。
ポイヤック駅(Gare de Pauillac)から歩いていくと22分。


エチケット平面化画像。
IMG_8318
ユーロリーフのマークあり。ビオも頑張ってやってるようです。


さて、抜栓です。
IMG_8490
キャップシールはセカンド名の専用品。コルクは横・腹にミレジム入り。


Alc.14%。
濃い濃いガーネット。微妙に褐変気味な気がします。
IMG_8493

黒ベリー、スパイス、野菜~セロリ。
辛口アタックに微妙に酸味が乗ってます。
味の厚みは十分なんですが、酸味が余計に感じます。
この酸がセカンドとして意図的なのかで評価が分かれますね。
味を引き締めている効果はあると思うんですが。
熟成が進んでもフレッシュさをキープする役割とも言えますし。

最近、酸を強めに感じることが多いので体調なのかなとも疑います。(笑)
何を飲んでも甘めに感じる時期もありましたしね。

ポークソテーに合わせて飲み進めると、
徐々にうまいと思えてきました。
う~ん、ファーストも試してみたくなりますね。


*****


Château Pontet-Canet
Hauts de Pontet-Canet 2014
RRWポイント 91点


Château Belgrave 2008 Haut-Médoc

メドック格付け第5級、影も薄いシャトー・ベルグラーヴです。
でも割とお手頃価格ですから助かります。(笑)
1980年に大企業ドゥールト社が買収し、かなり投資をしており、
加えてミシェル・ロランをコンサルに迎え品質は向上してるそうで。
(また出たな!ミシェル・ロラン!!)


IMG_8209
王冠とワンちゃんがシンボルマークのようですね。


公式ページドゥールト(Dourthe)社のサイトに中にあります。
データもミレジムごとに充実してます。
セパージュは、
・カベソー 65%
・メルロー 30%
・カベフラ 5%
樽熟は新樽率45%で12〜14ヶ月間です。


ベルグラーヴはオー・メドックにありますが、
公式ページの説明にサン・ジュリアンのスタイルなんて書いてます。
どういうことかと言うと、おそらくこういうことです。
Belgrave01
オー・メドックとサン・ジュリアンの際々にあるんですね。
シャトー・ラグランジュとは林を挟んで隣同士です。

シャトー訪問は、近づけません。この道のちょっと先にあります。
Belgrave02
左方向へ少し歩くと、すぐにシャトー・ラグランジュの畑です。


エチケット平面化画像。
IMG_8201
ドゥールト(Dourthe)社名が入ってます。


ネックも特徴的だったので撮影しておきました。
IMG_8202
ここにも王冠+ワンちゃんマーク。


さて、抜栓です。
IMG_8205
コルク、キャップシール、さすがの格付けワイン風情です。

コルク平面化撮影も敢行。
IMG_8204
ここにも王冠+ワンちゃんがいたからです。

Alc.13%。
濃いガーネット、少々濁り気味。
IMG_8206
エッジは褐変してきています。2008年ですからね。飲み頃~。

黒ベリー、チェリー、リコリス、森の下草は熟成香ですね。
ぬるっと感ある辛口アタック。
酸味、タンニンはなめらかに溶け込んでる感じです。
味の構造感はまずまずかな。
酸を感じて、生き生きフレッシュ感を与えてはいますが、
ちょっと過ぎる気はします。
傑出した感は弱いかな~。
パーカーおじさんの88点というのはわからなくもないですが、
熟成済みの飲み頃を楽しめたので91点としておきましょう。(笑)


*****


Château Belgrave 2008
Haut-Médoc
RRWポイント 91点


Château Clerc Milon 2015

シャトー・クレール・ミロンです。
メドック格付け第5級ですが、1級のシャトー・ムートンと同じく、
バロン・フィリップ・ド・ロートシルトの所有シャトーです。
同社の試飲イベントにて他シャトーと一緒にいただきました。
クレール・ミロンは2012年も前に家でいただいています。


IMG_6342
過去に飲んだ2012年に自分は91点をつけましたが、
当たり年2015年のこれはいかほどのもんでしょうね。
因みにパーカーおじさんは93点だそうで。おう。

このシャトー・クレール・ミロン、
バロン・フィリップ・ド・ロートシルトが取得したのが1970年。
シャトーと言っても、シャトーらしい建物はないそうです。
Clerc01
これはGoogle Mapに上がっていた地図。
小屋のようなシャトーのイラストがありますね。
畑がラフィットとムートンに隣接しているのもわかります。
カルメネールが川側の隅っこに作付けされているのもわかりました。
(解像度がなくて見にくいですが。)

公式ページは、ムートンダルマイヤックと同じテイスト。
そりゃあ、オーナーが同じですからね。
載っている情報もだいたい同じ体裁です。

本日の2015年のセパージュは、
・カベソー 51%
・メルロー 34%
・カベフラ 13%
・プチヴェルド 1%
・カルメネール 1%
やっぱり入ってました、カルメネール!
樽熟は、新樽率40%で16~18ヶ月。


シャトーの位置関係も見ておきましょう。
Clerc02
ポイヤック全景です。こうしないとラトゥールが入りません。(笑)
クレール・ミロンはかなり北の端っこ。ラフィットの近くです。


はい、エチケット平面化画像。
IMG_6333



さて、いただきます。
Alc.13.5%
濃いルビーかガーネットか。
黒ベリーに樽香が溶け込んだ香り。
しかしながらローストの浅い樽って感じですが。
ぬれ落ち葉?的な香りも少し。
でも爽やかな感じを与えるいいアクセントです。
うん、ダルマイヤックと似た貫禄のアタックです。
さっぱり感を感じさせる酸がかすかにあります。
バロン・フィリップ・ド・ロートシルトからお越しの、
アリス・アニュレ女史の解説では、
まだ若く、熟成のポテンシャルがあるとのこと。
あと10年は待てるんですって。
確かに後味に残る酸とタンニンはもう少しこなれて欲しい気がします。

おいしいですが、93点はつかないですね~。
カルメネール入りがなんとなくうれしいひと時でした。(笑)


*****


Château Clerc Milon 2015
RRWポイント 91点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ