Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

2007年

Concha y Toro Carmín de Peumo 2007

コンチャイトロのカルメネール最高峰、カルミン・デ・ペウモです。
2万円コースなので偉いワインではないのですが、昔飲んだ感動が甦り、
最新のヴィンテージを試してみたくなり、ネットで探してみました。
2009年とか2013年はあるのですが、狙ってる2016年あたりが見つからず。
その昔飲んだ2007年の記録を頼りにエア・テイスティングをします。(笑)


IMG_0344
(写真はアメリカ在住時代に懐かしのiPhone4で撮ったものです。笑)
なかなかチリのトップエンドのクラスは日本に入ってきませんね。
セーニャやアルマビバなど有名どころはあるんですけどね。
ましてや、カルメネールのモノセパージュはまだまだ市民権を得てないか…。


公式ページはすでに慣れ親しんでいるいつものです。今日のワインを探してみます。


ワインの分類では、Fine Wine Collectionという上等カテゴリーに入っています。

Don Melchorというカベソーブレンドだけ別格扱いなのが気になりますが、
少なくともカルメネールではコンチャイトロの頂点であると言えます。

最新ヴィンテージが2017年のはずですが、2013年のデータしか載ってません。
仕方がないので2007年は当時のメモから。
・カルメネール 90%(91%)
・カベソー 6.5%(5%)
・カベフラ 3.5%(4%)
(*カッコ内は2013年のデータです。)
樽熟は、フレンチオークの新樽で18ヶ月+ボトルで12ヶ月。
2013年はエノロゴも変わってるようですし、仏樽で13ヶ月のみとなってます。
最近のヴィンテージは質を落としてるんでしょうか?

過去のパーカーおじさんの評価から考察してみると…
2003年 97点
2005年 97点
2007年 96点
2008年 95点
若干下降傾向なのが気になりますが、錚々たるもんです。
2007年の96点はなかなかなもんですよ。

その後はこんな感じ。
2010年 93点
2011年 94点
2013年 95点
2014年 93点
十分高評価ではありますが、落ちてきている気がします。
2016年を見つけてもガッカリしそうですね。


カルメネールはコンチャイトロのペウモの畑からで、
醸すのもカチャポアル・ヴァレーのペウモの施設です。ここです。
Chile002
混醸するカベソーとカベフラはマイポの方から持ってきているようです。

ペウモをワイン・マップ上で確認しておきましょう。
Chile001


ラベル平面化画像…ではなく、当時は剥がしてスクラップしていました。(笑)
IMG_0305
スクラップブックに丁寧に貼っていたんですよ。
今は簡単に平面化撮影でデジタル化、スクラップブックもブログとなりました。
便利な世の中になりましたね。

アメリカ在住中はほぼチリワイン、カルメネール一辺倒でしたけど、
一冊まるまるチリワインのスクラップブックは今見ても圧巻ですが…。

そのスクラップブックを見るとドン・メルチョールもいただいてましたね。
IMG_0307

当時はあまりテイスティングコメントはなく、「うま」とかしか書いてません。(笑)
しかし、カルミン・デ・ペウモ2007の記憶はなんとなく残っています。
抜栓したのが2011年でしたが、まだ少し若い印象の味でしたね。
しかしながら、カルメネールの本質を突き詰めた味は決して重苦しくなく、
いわば現代風の「おしゃれな」味わいに仕上げてあったような気がします。
爽やかなうまさを堪能できた忘れがたい1本となっています。



*****


Concha y Toro
Carmín de Peumo 2007
RRWポイント 95点


Château Malartic-Lagravière 2007 Pessac-Léognan

そう言えば、このブログを始めてからグラーヴの格付けワインを試してません。
正確にはシャトー・オー・ブリオンをとそのセカンドを試しましたが、
メドックの格付け第1級としていただきましたからね。
今日は、グラーヴで赤・白とも格付けされたマラルティック・ラグラヴィエール。
当然のように赤の方をいただいてみます。(笑)


IMG_8162
グラーヴの格付けワインは、やはりあまり偉くない価格のが多いです。
今日のはハーフですが、それでもなかなかのお値段。


公式ページはなかなか充実の内容で、一流シャトーって感じですね。
データもミレジムごとにしっかり載っています。
・カベソー 55%
・メルロー 40%
・カベフラ 3%
・プチヴェルド 2%
というセパージュ。樽熟は、新樽率80%で18ヶ月です。


さて、シャトー訪問。レオニャンの町のすぐ近くでした。
Malartic-Lagraviere02
グラーヴ格付けワインはグラーヴ地区でも北部に集中しています。
1987年には「ぺサック・レオニャン」として独自のAOCが認められ、
その他のグラーヴ地区とは別扱いなことを明確にした格好です。


ぺサック・レオニャンの地図にグラーヴ格付けシャトーを書き込み。
Malartic-Lagraviere03
一応、黄色い文字で格付け全16シャトーを示しています。
興味のある方は、クリックで拡大してご確認ください。

以下に、グラーヴ格付けシャトーの一覧を記します。
1953年に最初の格付けが行われ、1959年に修正、全16シャトーが認定されています。

<赤>のみ:7シャトー
・シャトー・オー・ブリオン(Château Haut-Brion / Pessac)[メドック第1級]
・シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン(Château La Mission-Haut-Brion / Talence)
・シャトー・パプ・クレマン(Château Pape-Clément / Pessac)
・シャトー・ド・フューザル(Château de Fieuzal / Léognan)
・シャトー・スミス・オー・ラフィット(Château Smith-Haut-Lafite / Martillac)
・シャトー・オー・バイィ(Château Haut-Bailly / Léognan)
・シャトー・ラトゥール・オー・ブリオン(Château La Tour-Haut-Brion / Talence)
 (※2005年にラ・ミッション・オー・ブリオンに統合)

<赤・白>両方:6シャトー
・ドメーヌ・ド・シュヴァリエ(Domaine de Chevalier / Léognan)
・シャトー・ラトゥール・マルティヤック(Château Latour-Martillac / Martillac)
シャトー・マラルティック・ラグラヴィエールChâteau Malartic-Lagravière / Léognan)
・シャトー・カルボニュー(Château Carbonnieux / Léognan)
・シャトー・ブスコー(Château Bouscaut / Cadaujac)
・シャトー・オリヴィエ(Château Olivier / Léognan)

<白>のみ:3シャトー
・シャトー・クーアン(Château Couhins / Villenave-d’Ornon)
・シャトー・クーアン・リュルトン(Château Couhins-Lurton / Villenave-d’Ornon)
・シャトー・ラヴィル・オー・ブリオン(Château Laville-Haut-Brion / Talence)
 (※2009年からラ・ミッション・オー・ブリオン・ブランとしてリリース)

メドックのように等級はありません。
しかし、メドック第1級のシャトー・オー・ブリオンは別格でしょうし、
赤・白両方で認定されたシャトーのほうが格上という考えもありそうです。
実際、赤・白両方格付けされた6シャトーは、異口同音に自身のサイトなどで、
「我は赤・白とも認定された6シャトーのひとつなり」と高らかにうたっています。


エチケット平面化画像。AOCぺサック・レオニャンです。
Malartic-Lagraviere01
裏ラベルには、やっぱり書いてますよ。
「我は赤・白とも認定された6シャトーのひとつなり」って。(笑)

インポーター徳岡のシールをはがすと、URLが隠れてました。
IMG_8168
困るんですよね。こういう大事な情報をシールで隠されると。


さて、抜栓。
IMG_8164
ミレジムが横に入ったコルク、専用キャップ。高級タイプです。

コルクの平面化撮影もしておきましょう。
IMG_8165
エチケットと同じ船のイラストです。

Alc.13%。
濃い、透けないガーネット。エッジは褐変気味です。
IMG_8161

ブラックベリー、チェリー、トリュフ、スパイス。
2007年ですからね。熟成香があります。
フレッシュ感ある辛口アタック。
酸とタンニンはまろやかに溶け込んでいますね。
が、なんだか味の厚みは弱めです。
余韻もじんわりと長く流石なんですが、
もう少し味の芯が欲しい気がします。
もしかして10年ほどでピーク過ぎたのかな?
オリはけっこう多かったです。

パーカーおじさんは90点だそうで。
そんなもんかな~。
期待先行がよくなかったのかも。(笑)


*****


Château Malartic-Lagravière 2007
Pessac-Léognan
RRWポイント 89点


Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande 2007

メドック格付け第2級、シャトー・ピション・ロングヴィル…
コンテス・ド・ラランドです。長いな。
ほら、エチケットも二段書きになってますがな。
2007年からルイ・ロデレール社のルゾー家がオーナーで、
カベソー比率上げたり、ビオディナミを取り入れたりしてるそうです。
今日の2007年は、そうなる前のやつ、ということになりますね。


IMG_6855
ピション・ロングヴィル家とラランド家の両家の紋章を合わせたものが、
ボトルにも浮彫で入っています。浮彫はボルドーではめずらしい?
コンテス・ド・ラランドはラランド伯爵夫人の意。
お向かいのシャトー・ピション・バロンとは元々ひとつであったわけです。


公式サイトはなんと工事中。
仕方ないのでネット調査。
セパージュは、
・カベソー 58%
・メルロー 36%
・カベフラ 2%
・プチヴェルド 4%
樽熟は新樽率50%で18ヶ月のようです。

インスタは更新中のようです。
なかなか写真は見ごたえがあります。
Lalande03


県道D2号線に面してますから道からここのシャトーが見えます。
Lalande02
まわりは所有畑かと思いきや…

すぐ隣がシャトー・ラトゥールの入口です。
Lalande04
じゃあ、どこが所有畑なんでしょう? 向かいかな?

まあ、気にせず位置関係の確認とまいりましょう。
Lalande01
お勉強のため、近隣の格付けシャトーの場所も示しておきました。
この辺りのテロワールがワインの質を決めるのなら、
オー・バージュ・リベラルなんかが狙い目なんじゃないでしょうか。

エチケット平面化画像。
IMG_6854
グラスで飲ませてくれるボトルはエチケットが痛んでいることが多いです。
グラス試飲あるある。
売りものにならないからグラス試飲に回せってことなんでしょうね。(笑)


さて、いただきますよ。
Alc.13%。
濃いガーネット。
黒ベリー。
ヌルッと樽香はスパイス風味。
厚みのあるアタック。
ふわっと喉に軽めの収斂性。
構造感はそこそこながら、
余韻にかけて尻すぼみかな。
うまさの素性はいいです。


*****


Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande 2007
RRWポイント 91点


Alejandro Fernández Dehesa La Granja 2007

偉いテンプラニージョも探していますよ。
ティント・ペスケラで産地のリベラ・デル・ドゥエロと共に、
スペイン随一のテンプラニージョの作り手として一躍有名になった、
アレハンドロ・フェルナンデス氏。
氏の率いるグルーポ・ペスケラがデエサ・ラ・グランハという、
新ワイナリーを得て1998年から醸すお手頃テンプラニージョです。


IMG_6430
ティント・ペスケラは試したことがないですが、
作り手が同じならデエサ・ラ・グランハもいいはずです。
パーカーおじさんもずっと90点以上つけてるみたいですし。

グルーポ・ペスケラの公式サイトが共通で、
氏が所有運営する4つのワイナリーにリンクされています。
そこからデエサ・ラ・グランハのページに入り、情報を探します。

セパージュは、テンプラニージョ100%。
熟成は、アメリカンオーク樽で熟成させるのがスペインっぽいですが、
堂々の24ヶ月の上、ボトルでさらに12ヶ月寝かせるそうです。
樽がどう香るか興味津々ですね。

さて、ワイナリーの場所を確認します。
Dehesa01
なんとか1枚でわかるよう詰め込みました。
まず右下のスペイン地図で「DO Ribera del Duero」を確認ください。
ブルゴスの南方を中心としたドゥエロ川流域です。
そこに、アレハンドロ・フェルナンデスのティント・ペスケラがあり、
今日のデエサ・ラ・グランハは西へ車で1時間半ってなところです。

産地呼称としては、「Vino de la Tierra de Castilla y León」となります。
Vino de la Tierra(VdlT)はかなり広域で、いわゆる「IGP」です。
(Indicación Geográfica Protegida)フランスで言う「Vin de Pays」ですね。
Dehesa03
この産地呼称(VdlT)は名前の通り、ほぼカスティージャ・イ・レオン州です。
カスティージャ・イ・レオン州は上図のように9つの県からなります。

さあ、ここがデエサ・ラ・グランハ。
Dehesa02
畑に囲まれたいい感じのワイナリーです。

エチケット。なぜか中国の受賞メダルがこれ見よがしに貼ってます。
IMG_6197
Vino de la Tierra de Castilla y Leónの地図入り表示がありましたね。


さて、抜栓です。
ミレジム入りコルク。キャップシールのエンボスもいい感じです。
IMG_6433
Alc.14%。完熟~。
濃い黒いガーネット、やはりエッジが褐変気味です。
黒ベリー、プンプン香ります。
独特な樽香も目立つ感じです。
これがアメリカンオークなんでしょうね。
非常にかすかではありますが「ケモノ」臭的なものも。
いわゆるブレタノマイセス由来のアレです。
辛口アタック。
酸味のような喉の収斂性があります。
味の構造感ありそうですが、まだ開いてない感じです。
デカンタします。
(未ろ過で澱があるのでデカンタしてねと公式ページにもありました。)

酸味感が穏やかになり、うま味が増した気がします。
でも、収斂性は健在です。
余韻もなめらかに続くようになりグッドですね。
風味に、長期熟成から来る若干の古くささを感じるのが、
個人的な好みではありますが、少しマイナス。

でもうまうまのテンプラニージョであることに間違いはありません。
しかし、デカンタはやるもんですね。


*****


Alejandro Fernández Dehesa La Granja 2007
RRWポイント 91点


Château Margaux 2007

ボルドー・メドック格付け第一級、いわゆる五大シャトー。
今日はそのうちのシャトー・マルゴー2007をお試しです。
同時にセカンドのパヴィヨン・ルージュの2014年も試しましたが、
それは明日の記事にします。


IMG_4898


「Grand Vin(偉大なワイン)」のエチケットがまぶしいです。
メドックの2007年はバッド・ヴィンテージのようですが、
それでも8万円以上はしますから、
バカうまでないかぎり「偉いワイン」ではないです。

日頃、当サイトのRRWポイントで90点以上をつけて満足している、
うまうまワインの10倍くらいうまくないといけません。
果たしてお値段に見合う1000点がつけられるでしょうか?
無理~!(笑)


IMG_4904a


公式サイトを見てみると、長い歴史を物語るように、
なんと1771年のヴィンテージから検索できます。
(あやしい日本語ですが、日本語表示もできます。)

2007年ものの説明では、やはり厳しい年だったそうで、
収穫のたった32%しかファーストに回せなかったとのこと。
セパージュは、
・カベソー 87%
・メルロー 11%
・カベフラ 2%
普通ならこれにプチヴェルドーが加えられるはずですが、
それもできなかったと悔しそうなコメントが書かれています。

パーカーおじさんなら100点を連発しているかと思いきや、
最近では1990年と2000年のみ。
2001年以降のパーカーポイントの推移を見てみましょう。
・2001年 PP93
・2002年 PP93
・2003年 PP98
・2004年 PP93
・2005年 PP98
・2006年 PP94
・2007年 PP92(*今日のはこれ)
・2008年 PP94
・2009年 PP99
・2010年 PP99
・2011年 PP93
・2012年 PP95
・2013年 PP88-90
・2014年 PP95
・2015年 PP99
・2016年 PP97-99
こうしてみると、おじさんは結構きびしい判定をしてますね。
やはり今日の2007年はPP92と低いです。
2013年もボルドーは厳しい年だったと聞きますので、
影響って出るもんですね。


IMG_4902


さて、いただきます。
Alc.13%。
2007年とあって褐変気味です。
ルビー色も薄まり、透明感があります。
パヴィヨン2014との画像比較を貼っておきます。
IMG_4903


フレッシュな黒ベリーですが、
香り自体の量や強さはさほどではなかったです。
店員さんは「さすが、すごい香り立ち方!」なんて言ってましたが、
スワリングしてもそこまでは感じませんでした。(笑)
樽香と判別できる要素も、すでに全体の香りに溶け込んでいるようで、
その点はエレガントな香りと言ってもいいでしょう。
辛口のアタック。
酸味やタンニンが寝かされて大人しい分そう感じます。
酸味が静かな分、「きぶさ」がまだ残ってるのを感じます。
完全に丸くなってるわけでもないのが面白いです。
今どきでは珍しい、古き良きボルドーの味ですね。
構造はありますが、評価としては傑出してるとは言い難いです。
普通、凡庸、そんな言葉が頭に浮かびます。

「忖度」して点数をつけるのは可能ですが、
いつもどおりの自然体で評価すればいいところ90点です。
きっとパーカーおじさんもそう思ったに違いないですが、
五大シャトーに「忖度」して92点にしたんだはず。(笑)


*****


Château Margaux 2007
RRWポイント 90点


E.Guigal Châteauneuf-du-Pape 2007

以前に飲んだE.ギガルのクローズ・エルミタージュが案外うまく、
また別で飲んだAOCシャトーヌフ・デュ・パプがもう一息でしたので、
E.ギガルのシャトーヌフ・デュ・パプなら完璧ではないかと思い、
ハーフですがゲットしてみました。


IMG_4547


問題はグルナッシュですね。
最近だいぶん慣れてきましたが、過去に飲んだまずいグルナッシュが災いし、
グルナッシュと聞くとなんとなく不安がつきまといます。(笑)

ちょっとお勉強。その昔行ったアヴィニョンの町と、
シャトーヌフ・デュ・パプのコミューンの位置関係をGoogle Mapで調べます。
CNPAVIGNON
アヴィニョンの北側とは漠然と知っていましたが、車で30分とは案外近いですね。

公式サイトで素性を調べます。
E.ギガルは日本語版(http://guigal.jp)英語版(http://www.guigal.com)があっていいですね。
特に英語版はミレジムごとのセパージュ詳細が載っていてありがたいです。

さて、この2007年は、
・グルナッシュ 80%
・シラー 10%
・ムールヴェードル 5%
・その他 5%
とのことですが、その他5%って?
AOCシャトーヌフ・デュ・パプはブレンド用の補助品種が13種も認められているので、
いろいろ入っていそうですね。
でも、80%はガルナチャ(グルナッシュ)かぁ…。
平均樹齢50年の古木(Vieux vigne)だそうで、
大樽で3年熟成というのもすごいです。
これでおいしくなっていればいいのですが。

さあ、抜栓。
Alc.14%。
縁がレンガ色がかった黒っぽい濃い赤です。
2007年ですから10年超の熟成ですね。
黒ベリー、スパイス。
やっぱりグルナッシュの粗めのタンニンを感じますが、
甘みのある複雑味の余韻へとスムーズにつながっていきます。
うま。
これが上等なシャトーヌフ・デュ・パプなんですね。


*****


E.Guigal Châteauneuf-du-Pape 2007
RRWポイント 89点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ