Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Alentejo

Herdade da Malhadinha Nova Monte da Peceguina 2016 Vinho Regional Alentejano

リカマンでお手頃にゲットしたポルトガルの赤です。
リカマン(傘下の都光酒販)の直輸入らしいですね。
リカマンのサイトで「怪物級の掘り出し物!」とかすごい持ち上げよう。
ポルトガルにハズレは少ないと思ってますので期待値上がりますね。


IMG_0194
ヘタウマなイラストはハチドリらしいです。オーナーの幼少期の作品。
毎年イラストが変わるらしく、2015年は変なトカゲ男でした。(笑)


公式ページは立派そうですが、ワインがショップ兼用で情報少なし。

1998年からの家族経営で、2002年に20haの畑から始めたとあります。
かなり新しいですが、すでにリゾートホテルやレストランが併設されています。

ワイン情報はリカマンのサイトから。セパージュは…

・トウリガ・ナシオナル 25%
・シラー 23%
・アラゴネス 22%
・アリカンテ・ブーシェ 20%
・カベルネ ・ ソーヴィニヨン10%

ポルトガル代表品種トウリガ・ナシオナル他いろいろ入ってますね。
アラゴネス(Aragonez)はスペインで言うテンプラニージョでしたね。
アリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)はよく出くわしますが、
フランス原産で、プティ・ブーシェとグルナッシュの交配種です。
「タンテュリエ」という果肉が赤いという特徴があります。
スペインでは「Garnacha Tintorera」で知られてますが、
ポルトガルの(正に)アレンテージョで多く栽培されているとのこと。

樽熟は本家サイトもリカマンも明記がないですが、UKのショップによると、
フレンチオークで7ヶ月とのこと。


さて、ワイナリー訪問。上空から見ると広大な敷地に展開しています。
Nova01
ストビューでは中へ入れないのでこういうまとめにしました。(笑)
奥の施設がプール付きの立派なリゾートホテルです。
しかし、見事なまでに周辺には何もないです。


ポルトガルの非常にいいワインマップを見つけました。
その上に今日のワイナリーの場所を書き込んでます。
Nova02
ポルトガルのDOCのやIG(広域)の範囲がきっちり示されています。
アレンテージョに色を付けました。
DOCアレンテージョは濃い黄色です。かなり限定地域ですね。
逆にIGアレンテジャーノ(Vinho Regional Alentejano)はかなり広範囲。

いつものイベリア半島地図でスペインと一緒に見ましょう。
Nova03
今日のワイナリーの場所はマルのあたりです。


エチケット平面化画像。
IMG_9358
ポルトガル語のオリジナル裏ラベル。セパージュと簡単な歴史の説明。


さあ、抜栓。
IMG_0192
横ミレジム入りコルク。キャップシールともにシンボルマーク入り。

Alc.14.5%。
ガーネット。
IMG_0193

黒ベリー、黒胡椒、リコリス…
メトキシ生野菜っぽいのもかすかに感じます。
酸味感じる辛口アタック。
味の骨格はしっかりしてますね。
タンニンは喉越しシルキー。
あとはこの酸をどう評価するかです。

余韻でもこの酸は続くんですが、
味にメリハリをつけてくれて、
合わせる食事を引き立てる効果がありそうです。
トマトソースのパスタと最高に合いました。


*****


Herdade da Malhadinha Nova
Monte da Peceguina 2016
Vinho Regional Alentejano
RRWポイント 92点


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015

酒店グランマルシェの店頭で適当にゲット。
「ポルトガルでうまそうじゃん」的な...
ジャケ買いみたいなもんですね。


IMG_5885


ネットでこのワインを調べますが、
ルイス・デゥアルテなる作り手の情報は多いのですが、
ワイナリーの公式サイトのようなものが見つかりません。
ポルトガルやブラジルのサイトではいろいろと引っかかるので、
かなり有名で評価の高そうな人ではあります。

これがルイス・デゥアルテさん。
LuisDuarte01

頼みの綱の裏ラベルを見てみます。
IMG_5509
ルイス・デゥアルテさんのコメントとして、
使ってるブドウの品種と仏樽で12ヶ月熟成だと書いてますが、
それ以上の情報は、所在も公式サイトのURLもなし。

困りましたね。
DOCはアレンテージョ(Alentejo)です。
LuisDuarte02
アレンテージョの中にも狭域の地域名があるようですね。

ルイス・デゥアルテはエヴォラ県のコルヴァルにあることは、
ネットで情報漁っていたらなんとなくわかりました。
LuisDuarte03
このあたりですね。

こうなったら日本のインポーターのサイトを見ます。
モトックスさんのサイトにはしっかり情報がありました。

セパージュは、
・アリカンテ・ブーシェ 50%
・アラゴネス 30%
・トウリガ・ナシオナル 20%
だそうで。

アラゴネスは別名ティンタ・ロリス(Tinta Roriz)、
いわゆるテンプラニージョでしたね。 
トウリガ・ナシオナル(Touriga Nacional)はポルトガルの黒ブドウ品種。

さて、問題はアリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)です。
プチ・ブーシェ(Petit Bouschet)とグルナッシュの交配種だそうで、
南仏(ラングドックやプロヴァンス)で昔から栽培されていたようですが、
近年はこのワインのようにポルトガル南部の方が盛んなようです。
Luzon03

モトックスさんの生産者紹介は結構詳しく、
このワインのネーミングにも触れてました。
ワイン名になっている「ラパリーガ・ダ・キンタ」ですが、
ポルトガル語では「農園の娘」を意味する言葉だそうです。
しかし、同じくポルトガル語が公用語のブラジルでは何故か、
「火曜日のあばずれ」という意味になるそうです。
ブラジルに輸出も多いそうですから、
そんなダブルミーニングを狙っているのかもしれませんね。


さて、抜栓。
Alc.14%。
濃いガーネット。透ける気配がないです。
黒ベリー。
ヌルッとした香りですが個人的に好きな種類の香りです。
なので、果実味のある香りなんですが、アルカリ性な印象です。(笑)
後でカシス、チェリーもかすかに来たような...。
辛口アタックかと思えば舌の上に甘みも感じます。
喉に収斂性。
味わいの構造はそこそこあります。
余韻は甘みと酸味が後を引いてイマイチかな。
ステーキに合わせるといい具合でした。
総合評価は悪くないです。


*****


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015
RRWポイント 88点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ