Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Alicante_Bouschet

Luzón Colección Garnacha Tintorera 8 meses 2017

このルソンというDOフミージャの作り手のモナストレルは昔試しています。
同じ作り手ですが、ガルナチャ・ティントレラのバリエタルを店頭で発見。
アリカント(アンリ)ブーシェのシノニムで、タンテュリエ(teinturier)
という果肉に色がついている特徴の品種という知識の記憶が蘇ります。
ちょくちょくブレンドの補助品種として見かけますが、モノセパージュとは。
「これは試さないという選択肢はないやろ?」ということで…。(笑)


IMG_2950
ルソンは、1841年来ワインを作っているというDOフミージャ(Jumilla)
では最古の部類の作り手です。と、公式ページには解説がありますが、
ネットを見ていると、1916年から地元の共同組合をルーツに始まったと
解説してあるのもありました。2005年にフエンテス・グループ傘下に入り、
施設の近代化をしてるなどと信憑性の高い内容なのですが、どっちが本当?(笑)
多分どっちの話もつながってるのかもしれませんね。古い地元のワイナリーが、
時代を経ていろんな発展をしてきた、ということにしておきましょう。


公式ページはモダンで、まあまあよくできています。

・ガルナチャ・ティントレラ 100%
ワイン名にある「8 meses」はスペイン語で「8ヶ月」の意味で、
フレンチとアメリカン混成のオーク樽で8ヶ月の熟成をしてるのが自慢のようです。
木樽で熟成が6ヶ月以上なら「Crianza」がうたえますが、+2ヶ月してることを、
どうしても言いたかったんでしょうね。なので、オチョ・メセス。

さて、Garnacha Tintoreraについて少し解説しておきます。
アリカント・アンリ・ブーシェ(Alicante Henri Bouschet)、もしくは、
Alicante Bouschetで知られる、1866年にPetit BouschetとGrenacheが交配された、
フランスが原産の品種ですが、ポルトガルのアレンテージョで多く栽培されてます。
今日のワインのようにスペインも多そうです。チリやカリフォルニアにもあります。
Luzon03
前述のように、タンテュリエ(teinturier)の品種は果肉・果汁が色付きです。
スペイン語のティントレラ(tintorera=染物屋、クリーニング屋の意)は、
フランス語でタンテュリエ(teinturier)で、名前の由来がわかりますね。


さて、ワイナリー訪問。以前行ってますが…。
Luzon01
フミージャ(Jumilla)の市街のすぐ南、車で10分ほどです。

DO(Denominación de Origen)Jumillaをスペイン地図で位置確認。
Luzon02
隣のDO Yeclaと同じくムルシア州のDOですね。実際ワインも似ています。
モナストレル(Monastrell=ムールヴェードル、Mourvèdre)が主要品種でしたね。
近隣のDO Valencia、DO Almansa、DO Alicanteも同様です。

DO Jumillaについてちょっと疑問があります。
日本語の複数のサイトでは、モナストレル最低50%以上使用が必要となっています。
でも今日のワイン、モナストレルは一切入ってませんがDO Jumilla認証です。
DO Jumillaの公式サイトにもそんな決まりは書いていませんので謎ですね~。
モナストレルを表示するには85%以上使う必要があるというのは正しいようです。

多分、認定品種なら何をいくら使ってもいいんじゃないかと思います。
因みに以下が認定品種。 モナストレル(=Mourvèdre)、テンプラニージョ(=Cencibel)、
ガルナチャ・ティントレラ(=Alicante Henri Bouschet)、グルナッシュ(=Garnacha)、
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、プチヴェルド。
とにかく、ガルナチャ・ティントレラは認定品種でOKということで。(笑)


ラベル平面化画像。
IMG_2865
スペイン語と英語で最小限の解説があります。

インポーターシールはごく小さいのが欄外に(笑)控えめに貼ってありました。
IMG_2866
これでいいんです。オリジナルを隠さないのはえらいです。


さあ、抜栓。
IMG_2947
キャップシールはラベルと同じ字体のロゴ。

コルク平面化。こっちは筆記体のロゴです。
IMG_2948
テクニカルコルク、DIAM3を採用です。

Alc.14.5%。(pH:3.54、Brix:7.6)
濃いガーネット。涙は輪郭が不明瞭ながら、さすがに色付きです。
IMG_2949

黒ベリー、ダークチェリー、スパイス。
自然な樽香が香ばしいです。8ヶ月の効果ですね。
生野菜っぽいのも出てきました。
辛口アタック。
タンニンの収斂性と共に厚みのある味が来ます。
しっかりした構造感がありますね。
余韻も渋みが絡んで長く楽しめる感じ。

これといった欠点はなく、
楽しめる赤のお手本に思えます。


*****


Bodegas Luzón
Colección Garnacha Tintorera
8 meses 2017
RRWポイント 92点


Bodegas Castaño Solanera Viñas Viejas 2016

スペインはムルシア州DO Yeclaのモナストレル(ムールヴェードル)です。
パーカーおじさん92点の説明に釣られたんですが、実は2015のことだそうで。
ヴィンテージ違いをあたかもその点数のように語る、よくある商法です。(笑)
しかし、過去コンスタントに90点以上取ってるようで実力は間違いないようです。
2012は最高点の94点だったそうですよ。


IMG_1635
何やら白地に幾何学模様の浮彫が施され、独特なデザインですが、
2015年までは普通のデザインだったようです。大胆な変更ですね。


公式facebookページによると、
公式ページはwww.bodegascastano.comらしいのですがエラーで繋がりません。
公式ショップサイトは生きていました。これだけでいいと思ってるんでしょうね。(笑)

ショップサイトなので、最新ヴィンテージの2016年の情報はありました。
・モナストレル 65%
・カベソー 20%
・ガルナチャ・ティントレラ 15%
というブレンドになっています。一応どれもDO Yeclaで使用可の品種です。
Garnacha Tintoreraはアリカント・ブーシェ(Alicante Bouschet)のことで、
1866年にPetit BouschetとGrenacheが交配されたもので、親戚ではありますね。
スペイン語のティントレラはフランス語でタンテュリエ(teinturier)のことで、
果肉にも色がついているという特徴があります。
普通のグルナッシュをGarnacha Tintaともいうので混同しないように。
(フランスでもグルナッシュ・ノワールと言って、グルナッシュ・ブランや
グルナッシュ・グリと区別したりしますね。)

また、ワイン名のViñas Viejas(ビニャス・ビエハス)は所謂Vieilles Vignesのこと。
モナストレルとガルナチャ・ティントレラはなんと樹齢71年だそうです。
20%ブレンドされているカベルネ・ソーヴィニヨンも樹齢33年となかなかです。
VVを名乗るだけのことはありますね。

熟成は、80%がフレンチオーク樽、20%がアメリカ産で10ヶ月だそうです。

で、公式ショップの販売価格が12.65ユーロです。(笑)
日本での販売価格とそんなに差がないのはうれしいですね。


さて、まさにイエクラの町にあるワイナリー訪問です。
Castano01
市街地の外れで、イエクラ闘牛場がすぐ隣にありますね。
規模の大きな工場然としたところですね。

イエクラのあるムルシア州はスペイン全土のDO地図で見るとここです。
Castano03

ムルシア州全体をGoogle Mapで見てみます。
Castano02
DO Yecla以外のDO/IGPは左下の小地図と照らし合わせて確認ください。


エティケタ平面化画像。
IMG_1361
画像ではうまく表面のボコボコ感が出ないかもです。


さあ、抜栓。
IMG_1637
キャップシールもラベルに合わせた幾何学模様のエンボスになってます。

コルク平面化がこれ。
IMG_1633
「The art of Monastrell」はワイナリーのスローガンのようです。

Alc.14.5%。
濃いガーネット。
IMG_1634

黒ベリー、ダークチェリー、コンポート様の花梨。
辛口アタック。
独特の酸味がバックグラウンドにあるんですが邪魔はしてません。
味の芯はなかなか厚みのある構造感を感じますね。
ムールヴェードルの個性でしょうか、スモーキーって印象です。
喉越しから余韻で最初の酸が若干主張してきますが、
これも個性として楽しめました。
なかなかいいです。


*****


Bodegas Castaño
Solanera Viñas Viejas 2016
DO Yecla
RRWポイント 91点


Porta 6 Reserva Vinho Regional Lisboa 2016

以前ジャケ買いして意外においしかったPorta 6というポルトガルのワインですが、
その上級バージョンか、レセルバ(Reserva)というのを発見しました。
ボトルがなで肩になって、スクリューキャップがコルクになってます。
これはきっと、さらに美味しいんじゃないかと即買いです。(笑)


IMG_1422
同じイラストが使われてますが、前のようにボトル全体を覆うのではなく、
オシャレに小さくなってます。名前が金文字になったのも上等感出てますね。


公式ページは通常バージョンの「Porta 6」押しですが、Reservaもちゃんと載ってました。

しかし、セパージュを確認すると、通常バージョンとは随分違ってました。
・シラー 40%
・アリカンテ・ブーシェ 20%
・カベソー 20%
・トウリガ・ナシオナル 20%
アラゴネス(テンプラニージョ)主体だったのがシラー主体になってます。
それで、このボトル形状(ローヌ風?)になったのでしょうかね。

アリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)はポルトガルではよく見ます。
フランス原産で、プティ・ブーシェとグルナッシュの交配種です。
「タンテュリエ」という果肉が赤いという特徴があります。
スペインでは「Garnacha Tintorera」で知られてますが、
ポルトガルではアレンテージョで多く栽培されているとのこと。

トウリガ・ナシオナルはご存知ポルトガルを代表する黒品種でしたね。

完全除梗でステンレスタンクで醸造・熟成のようです。
「レセルバ」というなら樽を使ってると思ったのですが意外です。



ワイナリー訪問します。
リスボン県のすぐ北、レイリア県(Distrito de Leiria)のVidigal Winesです。
Vidigal01
ラインアップも多く、生産量も大量でしょうから、施設も大きいです。

公式ページに載っていた地図だと位置関係がわかりやすいです。
Vidigal02
この地図にあるポルトガル中のだいたいの産地を手広く扱っているようです。

ついでですが、DOCとIGがわかる詳しい地図を貼っておきます。
Portugal_DOCs_IG
DOC(Denominação de Origem Controlada)は原産地呼称統制。
IG(Indicação geográfica)は、いわゆるVinho Regional(生産地表示ワイン)。


ラベル平面化画像。
IMG_1314
Vinho Regional Lisboa = IG Lisboaがわかりますね。


さあ、抜栓。キャップは無地ですね。
IMG_1423
コルクは横にも刻印ありますが、ミレジムでなくワイナリー名でした。

Alc.14%。
濃いガーネット。
IMG_1444

黒ベリー、ダークチェリー。
辛口アタック。
苦味と旨味が絡み合った複雑でボディーのある味わい。
爽やかさの酸も感じますが、
余韻からフィニッシュまで衰えないボリュームでうまさが続きます。

セパージュは全然違いますが、通常バージョンと似た味わいで、
レセルバの名前通り、ちょっとだけこっちの方が美味しい気がします。
(笑)


*****


Vidigal Wines
Porta 6 Reserva
Vinho Regional Lisboa 2016
RRWポイント 92点


Herdade da Malhadinha Nova Monte da Peceguina 2016 Vinho Regional Alentejano

リカマンでお手頃にゲットしたポルトガルの赤です。
リカマン(傘下の都光酒販)の直輸入らしいですね。
リカマンのサイトで「怪物級の掘り出し物!」とかすごい持ち上げよう。
ポルトガルにハズレは少ないと思ってますので期待値上がりますね。


IMG_0194
ヘタウマなイラストはハチドリらしいです。オーナーの幼少期の作品。
毎年イラストが変わるらしく、2015年は変なトカゲ男でした。(笑)


公式ページは立派そうですが、ワインがショップ兼用で情報少なし。

1998年からの家族経営で、2002年に20haの畑から始めたとあります。
かなり新しいですが、すでにリゾートホテルやレストランが併設されています。

ワイン情報はリカマンのサイトから。セパージュは…

・トウリガ・ナシオナル 25%
・シラー 23%
・アラゴネス 22%
・アリカンテ・ブーシェ 20%
・カベルネ ・ ソーヴィニヨン10%

ポルトガル代表品種トウリガ・ナシオナル他いろいろ入ってますね。
アラゴネス(Aragonez)はスペインで言うテンプラニージョでしたね。
アリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)はよく出くわしますが、
フランス原産で、プティ・ブーシェとグルナッシュの交配種です。
「タンテュリエ」という果肉が赤いという特徴があります。
スペインでは「Garnacha Tintorera」で知られてますが、
ポルトガルの(正に)アレンテージョで多く栽培されているとのこと。

樽熟は本家サイトもリカマンも明記がないですが、UKのショップによると、
フレンチオークで7ヶ月とのこと。


さて、ワイナリー訪問。上空から見ると広大な敷地に展開しています。
Nova01
ストビューでは中へ入れないのでこういうまとめにしました。(笑)
奥の施設がプール付きの立派なリゾートホテルです。
しかし、見事なまでに周辺には何もないです。


ポルトガルの非常にいいワインマップを見つけました。
その上に今日のワイナリーの場所を書き込んでます。
Nova02
ポルトガルのDOCのやIG(広域)の範囲がきっちり示されています。
アレンテージョに色を付けました。
DOCアレンテージョは濃い黄色です。かなり限定地域ですね。
逆にIGアレンテジャーノ(Vinho Regional Alentejano)はかなり広範囲。

いつものイベリア半島地図でスペインと一緒に見ましょう。
Nova03
今日のワイナリーの場所はマルのあたりです。


エチケット平面化画像。
IMG_9358
ポルトガル語のオリジナル裏ラベル。セパージュと簡単な歴史の説明。


さあ、抜栓。
IMG_0192
横ミレジム入りコルク。キャップシールともにシンボルマーク入り。

Alc.14.5%。
ガーネット。
IMG_0193

黒ベリー、黒胡椒、リコリス…
メトキシ生野菜っぽいのもかすかに感じます。
酸味感じる辛口アタック。
味の骨格はしっかりしてますね。
タンニンは喉越しシルキー。
あとはこの酸をどう評価するかです。

余韻でもこの酸は続くんですが、
味にメリハリをつけてくれて、
合わせる食事を引き立てる効果がありそうです。
トマトソースのパスタと最高に合いました。


*****


Herdade da Malhadinha Nova
Monte da Peceguina 2016
Vinho Regional Alentejano
RRWポイント 92点


Luis Felipe Edwards Cabernet Sauvignon 2016

チリのルイス・フェリペ・エドワーズです。
過去からカルメネールはよく飲んでいて、
ハズレのない、なかなかの作り手という印象です。
今日はスーパーで250mlボトルというのを発見。
いろいろやってるなあと、つい手にしました。


IMG_6056
今日は昼間にサイゼリヤでモンテプルチアーノ・デ・モリーゼを、
デカンタ500mlでいただいてきましたので、夜は軽めに抑えようと。
そういう時に250mlサイズというのは理想的ですね。
ハーフボトル含め、小さいの、もっと普及しませんかね。

ラベルも、小さいボトルに表・裏兼用タイプ。
IMG_6054
小さいラベルに所狭しとメダルがいっぱい。(笑)


1976年創業と、チリでは新しい方のワイナリーです。
しかし、今や、100%家族経営としてはチリ最大規模に成長したそうで。
(インポーターサイト:三菱食品


久々に公式サイトをのぞくとカッコよくなってました。
トップページで畑や敷地の空撮動画がバーンと再生されます。
圧倒的なテロワールを感じずにはいられません。
LFE01

所有の畑も地図入りで詳しく解説。
LFE02
こういうのはうれしいです。

ワインの情報を見ようとサイト内を探すと、
バリエタルは「ファミリーワイン」として別サイトになってました。
そしてまた、
こんな安物まで(失礼!)ミレジムごとのデータシートを完備。
2018年までダウンロードできます。
(チリは南半球なので収穫は春ですから、もう2018出てます。)

今日のこのカベソーのセパージュは、
・カベソー 85%
・アリカント・ブーシェ 9%
・カベフラ 5%
・メルロー 0.5%
・シラー 0.5%
と、複雑なことやってます。

「アリカント(アンリ)ブーシェ」というのは、
昔はラングドックなどフランスでも栽培されていたそうで、
タンテュリエといって果肉や果汁まで赤いブドウの種類で、
ワインの色付けに効果があって重宝されていたようです。
今では南仏でもほとんどお目にかからなくなった品種が、
チリのこんなところでブレンドされてるんですね。9%も。
LFE03
Wikipediaより拝借。


樽は軽めに、仏・米国産の混合で3ヶ月とのこと。


さあ、スクリューキャップ回転。
Alc.13%。
濃いルビー。
カシス、黒ベリー、チェリー。
甘い酸味のアタックです。
喉元にはタンニンのかすかな収斂性。
残念ながら厚みはない味です。
しかし、ガブ飲みワインのはるか上をいく、
まとまりある感じの味わいはグーです。
余韻もありますが甘・酸が残るのがちょっと残念。

なるほど、フルボトルはきついですが、
250mlのちょっと飲みにはいいですね。(笑)


*****


Luis Felipe Edwards Cabernet Sauvignon 2016
RRWポイント 86点


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015

酒店グランマルシェの店頭で適当にゲット。
「ポルトガルでうまそうじゃん」的な...
ジャケ買いみたいなもんですね。


IMG_5885


ネットでこのワインを調べますが、
ルイス・デゥアルテなる作り手の情報は多いのですが、
ワイナリーの公式サイトのようなものが見つかりません。
ポルトガルやブラジルのサイトではいろいろと引っかかるので、
かなり有名で評価の高そうな人ではあります。

これがルイス・デゥアルテさん。
LuisDuarte01

頼みの綱の裏ラベルを見てみます。
IMG_5509
ルイス・デゥアルテさんのコメントとして、
使ってるブドウの品種と仏樽で12ヶ月熟成だと書いてますが、
それ以上の情報は、所在も公式サイトのURLもなし。

困りましたね。
DOCはアレンテージョ(Alentejo)です。
LuisDuarte02
アレンテージョの中にも狭域の地域名があるようですね。

ルイス・デゥアルテはエヴォラ県のコルヴァルにあることは、
ネットで情報漁っていたらなんとなくわかりました。
LuisDuarte03
このあたりですね。

こうなったら日本のインポーターのサイトを見ます。
モトックスさんのサイトにはしっかり情報がありました。

セパージュは、
・アリカンテ・ブーシェ 50%
・アラゴネス 30%
・トウリガ・ナシオナル 20%
だそうで。

アラゴネスは別名ティンタ・ロリス(Tinta Roriz)、
いわゆるテンプラニージョでしたね。 
トウリガ・ナシオナル(Touriga Nacional)はポルトガルの黒ブドウ品種。

さて、問題はアリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)です。
プチ・ブーシェ(Petit Bouschet)とグルナッシュの交配種だそうで、
南仏(ラングドックやプロヴァンス)で昔から栽培されていたようですが、
近年はこのワインのようにポルトガル南部の方が盛んなようです。

モトックスさんの生産者紹介は結構詳しく、
このワインのネーミングにも触れてました。
ワイン名になっている「ラパリーガ・ダ・キンタ」ですが、
ポルトガル語では「農園の娘」を意味する言葉だそうです。
しかし、同じくポルトガル語が公用語のブラジルでは何故か、
「火曜日のあばずれ」という意味になるそうです。
ブラジルに輸出も多いそうですから、
そんなダブルミーニングを狙っているのかもしれませんね。


さて、抜栓。
Alc.14%。
濃いガーネット。透ける気配がないです。
黒ベリー。
ヌルッとした香りですが個人的に好きな種類の香りです。
なので、果実味のある香りなんですが、アルカリ性な印象です。(笑)
後でカシス、チェリーもかすかに来たような...。
辛口アタックかと思えば舌の上に甘みも感じます。
喉に収斂性。
味わいの構造はそこそこあります。
余韻は甘みと酸味が後を引いてイマイチかな。
ステーキに合わせるといい具合でした。
総合評価は悪くないです。


*****


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015
RRWポイント 88点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ