Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Anjou

Domaine des Quarres Les Pierres Noires Anjou Sec 2016

アンジュー(Anjou)の白をいただきます。品種はシュナン・ブランです。
アンジューは、メーヌ川とロワール川の間のアンジェ(Angers)の町を中心とした、
その名もメーヌ・エ・ロワール県(Maine-et-Loire)ほぼ全域が対象です。
赤・白・ロゼがあり、赤はカベフラが主体でしたね。(ガメ、カベソーも使用可。)
有名なRosé d'Anjouはこの地方の固有品種であるグロロー種主体です。


IMG_2326
ニコラ・ジョリーとかは別にして、この辺りの作り手は特に有名でもなく、
しかしながら、比較的お手頃なワインを提供してくれています。
今日のDomaine des Quarresというのも、2007年に設立の新しいところです。
セドリック、ヴェロニク夫妻(Véronique Gourdon & Cédric Aubert)が運営。


公式ページは簡素でシンプル。ワイン情報はラインナップ紹介のみ。

まあ、サイトがあるだけマシってことですが…。

ショップサイトにリンクがありました。

しかし、そこにも、
・シュナン・ブラン 100%
以上の情報がない。(笑)

インポーターのサイト(ファインズ)には若干の紹介ページがありました。
レイヨン川沿い、Coteaux du Layon AOCの地域にあり、ラインアップを見ると、
この辺りで産するワインの種類がよくわかります。

・Coteaux du Layon(-Villages)(Villages対象の村にこのドメーヌがあります。)
・Anjou Blanc(今日の辛口白です。)
・Anjou-Villages(Anjou Rouge。Villages対象アンジェの南46ヶ村に入るようです。)
・Cabernet d'Anjou(カベルネ・フラン主体のロゼ。ロゼ・ダンジューより上等。)
・Rosé de Loire(Rosé d'Anjouより広域。ソーミュール、トゥーレーヌまで含む。)
・Anjou-Gamay(ガメ100%が名乗るAOC。)
・Crémant de Loire(泡。ロゼが多いですが、ここはシュナン100%でやってます。)


さて、
レイヨン川沿い、ラブレ・シュル・レイヨン(Rablay-sur-Layon)にある、
ドメーヌを訪問してみます。看板は上がってますが普通の邸宅に見えます。
Quarres01

集落の周りは一面の畑です。Google Mapにそれがわかる写真がありました。
Rablay
この雰囲気が伝えたくてどなたかがアップしたストビューのようですね。

いつものロワール地図にドメーヌの位置(白字)を書き込み。レイヨン川に注目。
Loire00
メモのような書き込みもしてるので見にくいですね。(笑)
そろそろ作り直さないといけません。

このGoogle Map地図のカバーする範囲はロワール全域ではこんな感じ。(四角枠)
Quarres03
ロワールが広すぎるというのもありますが、ちょっと中途半端な地図でした。


エチケット平面化画像。
IMG_2238
しかし、裏ラベルのインポーターシール、隠し方ひどくないですか。
剥がすと、提供温度や合わせる料理なんかが書いてありました。
きれいに剥がせなかったのでオリジナルラベルの写真はないですが、
「フランス語だから隠していいや」ってことはないですぞ。


さあ、抜栓。
IMG_2323

コルクも平面化。ドメーヌ名入り。
IMG_2319
ミレジムがコルク横に打ってます。えらい。

Alc.14.5%。
薄いイエロー。
IMG_2324

青リンゴ。すりおろした感じ。
リンゴの皮とも。(青臭いメトキシかも…。)
辛口アタック。
酸味のあるリンゴの風味。苦味もありますね。
最後まで酸が付きまとうのはいただけないです。
そして、少し旬を過ぎたような味わいも気になります。
2016は古いのでしょうか。
もう少し早飲みに向いてる気がします。


*****


Domaine des Quarres
Les Pierres Noires
Anjou Sec 2016
WWWポイント 76点



WhiteWhiteWine01

Trésors de Loire Rosé d’Anjou 2017

ロワールはアンジューのロゼ、ロゼ・ダンジューであります。
その昔パリで入ったファミレスのような所はこんなロゼばっかりでした。
若干の懐かしさを感じつつ、値段もお手頃なこんなのを選びました。
フランスを代表するロゼと言われますが、1000円ほどです。(笑)


IMG_9150
ロゼはいつも迷うんですが、今日は黒ブドウで飾り立てました。
ロゼ・ダンジューは赤ワイン用品種グロローが主体なので間違いではないです。
でも、評価は白ワインでやると思います。(笑)


作り手を調べると、やっぱりのジョセフ・ヴェルディエでした。
Bourgueil01
行っても意味がないですが、以前の画像で作り手訪問。
傘下に多くの生産者がいるロワール中でワインを作っている会社でしたね。
それこそ、ナントのミュスカデからプイィ・フュメ、サンセールまで…。

一応、公式ページをリンクしておきます。

残念ながら、このワインは載ってますが詳細情報まったくなし。


ロゼ・ダンジュ―について記しておきます。
残糖が7g/lないとこのAOCは名乗れないそうです。甘味が必須なんですね。
主要品種はグロロ―(Grolleau)。トゥールが原産のロワールにしかない黒品種です。
これを補完するのに、カベフラ、カベソー、ピノー・ドニス(Pineau d'Aunis、
ロワール原産の黒品種)、ガメ、コ(マルベック)の使用が認められてます。

位置関係を見ておきましょう。
Anjou01
アンジェ(Angers)の町の周辺です。地域的にはAOC Anjouと同一。
その他の主要AOCも書き込んでおきました。白は大概シュナン・ブランです。


エチケット平面化画像。
IMG_8918
白やロゼは透けているのでなかなか撮影が難しいです。


さあ、抜栓。
IMG_9148
標準的な「ロワール渓谷」とだけ書いた合成コルク。

Alc.11%。
薄いサーモンピンク。
IMG_9149

ライム、ピーチ、花の香りです。
甘みと酸味が合わさった味がいきなり来ますね。
ふっくらした甘みは好印象。
酸味はあまり強くないことに気づきます。
やっぱり、パリのファミレスで飲んだロゼを思い出す味。
白として評価して79点。なかなかですよ。


*****


Trésors de Loire Rosé d’Anjou 2017
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01

Domaine de Haute Perche Anjou 2016

久々のロワールです。カベフラの辛口赤です。
以前記事に書いたのはトゥーレーヌ(シノン)ですが、
今日のはアンジューです。(あとで場所は確認しますよ。)


IMG_8027
ロワールのカベフラは和食に合うと思うので個人的に重宝しています。


公式ページはフランス語のみで情報量はまあ普通です。
セパージュはカベルネ・フラン100%。
熟成はステンレスタンクで、期間は明記なしです。
樹齢30年の木からリュット・レゾネで収穫したブドウだそう。


さて、ドメーヌ訪問します。
Anjou1
近づけるはずなんですが、Google Map上に画像が貼られてません。
珍しいバグだと思われますが、結局ちょっと離れた所から。
1966年創業の家族経営(パパン家)のワイナリーです。


さあ、場所を確認しましょう。まずはロワール全域です。
Loire01
アンジューは、シノンやブルグイユのあるトゥーレーヌ地区の下流。
同じくロワール川沿いです。ソーミュールと一緒に解説してることもありますね。

アンジューを拡大。
Loire02
「Coteaux-de-l'Aubance」のようなシュナンブランの白を作ってる
サブ・リージョンもあります。

今日のドメーヌはアンジェの町の南東、ロワール川南側です。
Loire03


エチケット平面化画像。
IMG_7955


さて、抜栓です。
IMG_8028
コルクはドメーヌ名入り。

平面化撮影しておきました。
IMG_8030

Alc.13.5%。
濃いルビーかな。
IMG_8025

フランボワーズ、フレーズ、かすかにキャンディっぽい感じ。
草っぽさも微妙にあります。
フルーティな辛口アタック。
味わいは薄っぺらくないのでOKです。
後から甘みを感じてくる気がしますが実は甘みはなさそう。
酸味も現れますが嫌味はなく爽やかに余韻へ入って行きます。
カレー味の肉じゃが(?)にベストマッチでした。(笑)


*****


Domaine de Haute Perche Anjou 2016
RRWポイント 87点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ