Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Aragonez

Porta 6 Vinho Regional Lisboa 2016

たまに飲みたくなるポルトガルのワインですが、今日は完全にジャケ買い。
CDじゃないですが、ラベルデザインで買いたくなる時ありませんか?
リスボンの街角でしょうか、おしゃれで雰囲気のあるイラストです。
ラベルデザインでワインが2割増しくらい美味しくなることがあります。(笑)


IMG_0519
で、また、ラベルがでかいです。ネックの猫のイラストもかわいい。
作者はドイツの有名なイラストレーターHauke Vagtという方だそうです。


このワインは、リスボン県のすぐ北、レイリア県(Distrito de Leiria)にある
Vidigal Winesというところが出しています。
たくさんの種類を扱ってますが、公式ページは何気にこの「Porta 6」押しです。

ワイン紹介ページでは「お手頃価格なので箱買いしてね!」なんて書いてます。(笑)
データシートもあって情報は豊富です。セパージュは以下になってます。
・アラゴネス(テンプラニージョ)50%
・カステラン 40%
・トウリガ・ナシオナル 10%
AragonezTempranilloのシノニムで、ダンや北部ではTinta Rorizと呼ばれます。
Aragonezは中央部やアレンテージョなどの南部での呼び名です。
近くAragonezに統一されるなんて情報もありますが、やはり首都圏が優位なんでしょうか。
Castelãoはリスボン含む南方に多い黒品種でタンニン分が豊富なんだそうです。
Touriga Nacionalはご存知ポルトガルを代表する黒品種でしたね。
ワイン作りは完全除梗・破砕、ステンレスタンクのみでの熟成です。


ワイナリー訪問します。
Vidigal01
ラインアップも多く、生産量も大量でしょうから、施設も大きいです。

公式ページに載っていた地図だと位置関係がわかりやすいです。
Vidigal02
この地図にあるポルトガル中のだいたいの産地を手広く扱っているようです。

ついでですが、DOCとIGがわかる詳しい地図を貼っておきます。
Portugal_DOCs_IG
DOC(Denominação de Origem Controlada)は原産地呼称統制。
IG(Indicação Geográfica)は、いわゆるVinho Regional(生産地表示ワイン)。


ラベル平面化画像。裏ラベルも表の雰囲気を踏襲して秀逸です。
IMG_0257
Vinho Regional Lisboa = IG Lisboaがわかりますね。


さあ、スクリュー回転。
IMG_0516
「Porta 6」のロゴがエンボスになってます。いい感じ。

Alc.13.5%。
赤みの濃いガーネット。
IMG_0517

ブラックベリー、プラム、ダークチェリー。
辛口アタック。
甘み・酸味などの雑味を感じないスキッとした味は、
厚みもそこそこあって安っぽくないです。
喉越しで、やっぱりの酸味が顔を出すんですが、
フレッシュさ演出してくれるいい酸です。
余韻で軽い収斂性のタンニンもわかります。
後味に少しその酸味が残るのは仕方ないとして、
全体評価として「フレッシュうまい」です。
減点ポイントは少なく、上出来じゃないでしょうか。
価格からすると偉いワイン認定です。


*****


Vidigal Wines
Porta 6 Vinho Regional Lisboa 2016
RRWポイント 91点


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015

酒店グランマルシェの店頭で適当にゲット。
「ポルトガルでうまそうじゃん」的な...
ジャケ買いみたいなもんですね。


IMG_5885


ネットでこのワインを調べますが、
ルイス・デゥアルテなる作り手の情報は多いのですが、
ワイナリーの公式サイトのようなものが見つかりません。
ポルトガルやブラジルのサイトではいろいろと引っかかるので、
かなり有名で評価の高そうな人ではあります。

これがルイス・デゥアルテさん。
LuisDuarte01

頼みの綱の裏ラベルを見てみます。
IMG_5509
ルイス・デゥアルテさんのコメントとして、
使ってるブドウの品種と仏樽で12ヶ月熟成だと書いてますが、
それ以上の情報は、所在も公式サイトのURLもなし。

困りましたね。
DOCはアレンテージョ(Alentejo)です。
LuisDuarte02
アレンテージョの中にも狭域の地域名があるようですね。

ルイス・デゥアルテはエヴォラ県のコルヴァルにあることは、
ネットで情報漁っていたらなんとなくわかりました。
LuisDuarte03
このあたりですね。

こうなったら日本のインポーターのサイトを見ます。
モトックスさんのサイトにはしっかり情報がありました。

セパージュは、
・アリカンテ・ブーシェ 50%
・アラゴネス 30%
・トウリガ・ナシオナル 20%
だそうで。

アラゴネスは別名ティンタ・ロリス(Tinta Roriz)、
いわゆるテンプラニージョでしたね。 
トウリガ・ナシオナル(Touriga Nacional)はポルトガルの黒ブドウ品種。

さて、問題はアリカンテ・ブーシェ(Alicante Bouschet)です。
プチ・ブーシェ(Petit Bouschet)とグルナッシュの交配種だそうで、
南仏(ラングドックやプロヴァンス)で昔から栽培されていたようですが、
近年はこのワインのようにポルトガル南部の方が盛んなようです。
Luzon03

モトックスさんの生産者紹介は結構詳しく、
このワインのネーミングにも触れてました。
ワイン名になっている「ラパリーガ・ダ・キンタ」ですが、
ポルトガル語では「農園の娘」を意味する言葉だそうです。
しかし、同じくポルトガル語が公用語のブラジルでは何故か、
「火曜日のあばずれ」という意味になるそうです。
ブラジルに輸出も多いそうですから、
そんなダブルミーニングを狙っているのかもしれませんね。


さて、抜栓。
Alc.14%。
濃いガーネット。透ける気配がないです。
黒ベリー。
ヌルッとした香りですが個人的に好きな種類の香りです。
なので、果実味のある香りなんですが、アルカリ性な印象です。(笑)
後でカシス、チェリーもかすかに来たような...。
辛口アタックかと思えば舌の上に甘みも感じます。
喉に収斂性。
味わいの構造はそこそこあります。
余韻は甘みと酸味が後を引いてイマイチかな。
ステーキに合わせるといい具合でした。
総合評価は悪くないです。


*****


Luís Duarte Vinhos Rapariga da Quinta Reserva 2015
RRWポイント 88点


Casa de Santar Reserva Tinto 2012

たぶん、人生初のポルトガルワインです。
先日、グランマルシェに寄った時に、
「ロバート・パーカー90点」の表示があったので衝動買い。(笑)
別にパーカーおじさんの信奉者ではないですが、
好みが似てることが多いので買う時の一応の参考になります。


CasadeSantar


ポルトガルワインの予備知識はほぼゼロですので、
まずはせっせとWEBを使って調べます。

カサ・デ・サンタールというのは、
GLOBAL WINESというところが扱うブランドだということがわかります。
DOCは「Dão」、「ダン」と読みます。(鼻母音で…)
ドウロと並ぶ歴史ある主要生産地のようですね。

セパージュは以下のようになっています。
・トウリガナシオナル 50%
・アルフロシェイロ 25%
・ティンタロリス(アラゴネス)25%

さあ、ローカル品種は訳がわかりませんね。
50%ブレンドされているトウリガナシオナル(Touriga Nacional)は、
ポルトガルを代表する黒ブドウ品種だそうで、
濃い色でタンニンの多い凝縮した味になるそうです。
25%入ってるティンタロリス/アラゴネス(Tinta Roriz / Aragonez)ですが、
スペインで言うところの「テンプラニージョ」だそうです。


さて、いただいてみます。
Alc.14%、仏樽で9ヶ月の熟成だそうで。
やはり濃い濃い赤紫です。ディスクも色づいてます。
黒ベリーからのトースト香とスパイス。
香りからすでにパワフルそうです。
アタックで若干の果実味を感じたと思ったら、
なめらかなタンニンが口に広がり、すぐ喉に収斂性が来ます。
酸味も合わさっているのがしばらくしてわかります。
余韻は普通にありますが、渋みが少し残る感じ。
フルボディーではありますが、
ボルドー品種の複雑味がないぶん比較的軽めにも感じます。
品種の違いなんでしょうね。
おいしいですが、もう少し寝かせてもいいような味です。
パーカーさんからマイナス1点でどうでしょう。


*****


Casa de Santar Reserva Tinto 2012
RRWポイント 89点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ