Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Bodega_Garzón

Garzón Tannat Reserva 2018

久しぶりにウルグアイのタナをいただきましょう。フランス南西地方のマディランで有名な品種ですが、ウルグアイでは国の代表品種と言ってもよい力の入れようです。と言っても日本でウルグアイの選択肢はあまりないんですよね。結局前にも試したことのある、ヴィノスやまざきに置いてあるボデガ・ガルソン(Bodega Garzón)と相成りました。チリのカルメネール、アルゼンチンのマルベック、そしてウルグアイのタナ。これらを勝手に南米うまうま御三家と呼んでいます。(笑)

IMG_5200
ボデガ・ガルソンは1999年にアレハンドロ・ブルゲローニ氏(Alejandro P. Bulgheroni)がマルドナド県のガルソンに創設しました。この方、ワインをこよなく愛する南米を代表する経済人だそうで、アルゼンチンやナパ、イタリアのワイナリーにも出資してるという資産家です。その方が自ら立ち上げたのがウルグアイのここですから相当こだわりがあるような気がします。

公式ページは美しいワイナリーの写真が目を引く今風のタイプです。

ウルグアイの紹介から、ワイナリーの紹介から、なかなかの充実度です。ワイン紹介もしっかりしています。
・タナ 100%
レセルバですから樽熟してます。フレンチオークのバリックと5,000Lの大樽併用で澱と共に6~12ヶ月熟成させるとのこと。


タナ(Tannat)は当然フランス原産なんですが、ウルグアイで広まりました。
Uruguay02
フランスからの移民でブドウ栽培家であったパスクアル・アリアゲ(Pascual Harriague)さんがウルグアイにタナを導入したということで(1870年頃)、ウルグアイではタナのシノニム「アリアゲ」とも呼ばれます。
フランス本国では南西地方マディランを中心に2,513ha(2016年)栽培されていますが、他のヨーロッパではほとんどなく、次点はウルグアイの1,725haになります。その次がアルゼンチン(837ha)、アメリカ(247ha)と続きます。ウルグアイのタナの多さがわかりますね。


ワイナリー訪問。ストビューがないので公式ページの空撮写真を拝借します。
Garzon01
近代的で広大な施設です。まわりの畑もきれいですね。首都モンテビデオからは東に車で3時間ほど、その名もガルソンというところにあります。

ウルグアイをGoogle Map上で見てみましょう。ボデガ・ガルソンも記しました。
Uruguay01
ウルグアイのワイン産地の地図もインポーズしました。ガルソンは産地で言うとマルドナド(Maldonado)になります。小さな国ですが国中でワインを作ってるようですね。

南米大陸でいうとここらへんです。
Uruguay00
チリ、アルゼンチン、南アフリカの銘醸地と同じ緯度ですね。


ウルグアイ・ワインの公式ページというのも情報多く、興味深いです。ご参考まで。



ラベル平面化画像。
IMG_4737
裏ラベルで、ヴィノスやまざき蔵直ワインというのがわかりますね。


さあ、抜栓。
IMG_5198
キャップシールはエンボスで名前入り。コルクはこれだけなので平面化なし。

Alc.14.5%。(pH:4.72、Brix:7.5)
濃い濃いインキーなガーネット。
IMG_5199

黒ベリー、カシス、黒胡椒。
辛口アタック。
タンニンにすぐ気がつきますが非常にスムース。
ふくよかで厚みのあるストラクチャー。
コクはあるんですが全然重々しくない、好きな感じです。
甘やかさ、コク、柔らかな渋み…すべてが絶妙なバランス。
そして、極上のタンニンを味わい尽くすような長い余韻。
タナ(Tannat)はタンニン(Tannin)が語源というのがよくわかります。

ウルグアイのタナ。素晴らしいです。
と言うより、間違いないですよ、この作り手。


*****


Bodega Garzón
Tannat Reserva 2018
RRWポイント 98点


Garzón Tannat de Corte 2016

ヴィノスやまざきでウルグアイワイン発見。
やっぱりタナですね。
タナ飲みたさに、すぐさまゲットです。


IMG_6042


公式ページはよくできています。
驚いたのはワイナリー施設のかっこよさ。

思わずGoogle Mapで現地へ飛んでみます。
Garz01
まわりの畑も美しいですね。

モンテビデオから車で3時間。
Garz02
アルゼンチンのブエノスアイレスとの位置関係も見ておきましょう。

ヴィノスやまざきの直輸入ですね。
IMG_5380
裏ラベルが専用になってます。情報多いからいいですが。

セパージュは、
・タナ 80%
・マルセラン 10%
・カベルネ・フラン 7%
・プチヴェルド 3%
と、凝ったブレンドですね。

ステンレスタンクで3~6ヶ月と樽はないですが、
澱と一緒にシュール・リー熟成をしています。


興味津々。抜栓と行きましょう。
Alc.14%。
黒いくらい濃いガーネットです。
黒ベリーに乾いた草のような香り。
ラズベリージャムからのキャンディ香も微妙に感じます。
うま味のあるアタックに収斂性のタンニンが来ます。
酸味もかすかにありますが、いいアクセントです。
全体のバランスは絶妙。これはうまい。

上級ラインもいただいてみたくなります。
またヴィノスやまざき行かなくっちゃ。


*****


Bodega Garzón Tannat de Corte 2016
RRWポイント 90点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ