Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Bulgaria

Telish Cabernet Sauvignon & Merlot 2013

KALDIで1000円ほどで買えるTelishというブルガリア・ワインです。
以前、Castra Rubraというのを同じくKALDIで買って割と良かったんですが、
その時、Castra Rubraの前身がTelishだったなというのが記憶に残ってました。
案の定、店頭のPOPは「あの、ミシェル・ロラン監修!」みたいな…。(笑)


IMG_2752
1960年創設の官営ワイナリーが民間に払い下げられ、現オーナー、
Jair Agopian氏が購入、1999年に「Telish」ワイナリーをスタート。
その後、2006年に新ワイナリー「Castra Rubra」を建てたそうです。

Telishというのは首都ソフィアの北側に「Telish」という町があり、
そこにある(あった?)ワイナリーというのはネットで調べました。
ワインの裏ラベルには「Telishにあるテリッシュ・ワインセラーで生産、
Kolarovoにあるカストラ・ルブラ・ワイナリーで瓶詰め」とあります。
どうやら、テリッシュもカストラ・ルブラも個別に存在してそうですが、
2つの所在はソフィア経由で車で4時間の距離です。
ブルガリアの北の端と南の端ですから、なんとも不便な位置関係ですね。


公式ページでいろいろ調べようとしたら、なんと工事中です。

タイミング悪いですね。結局ネット情報を探るしかありません。
インポーター、オーバーシーズのサイトに作り手紹介はありました。
ワイン情報が見当たらず、結局得体の知れないドイツのショップサイトで、
・カベソー 50%
・メルロー 50%
らしいことはわかりました。樽は不明です。お値段的になしかな?


テリッシュの町を散策しましたが(笑)ワイナリーらしきものは発見できず。
しかたないので再訪ですが、カストラ・ルブラへ行ってみます。
Telish01
これだけの施設ですから、実質こっちが本拠地なのでしょうね。
1999年テリッシュをスタートした時植えたのがカベソーとメルローと言います。
今日のワインからすると、畑だけは残ってるって感じでしょうかね。

因みに、Castra Rubraの名前ですが、すぐ近くにローマ時代の要塞の遺跡、
Castris Rubrisがあり、そこから取ったそうです。今は石垣が残ってるのみ。
どうりでワイナリーが石造り風情になってるわけですね。


さて、ネットの拾い物ですが、こんな地図がありました。
ブルガリアのワイナリー名が(多分ほとんど全部)地図上に示されてます。
Telish02
テリッシュの町のあたりにはTelishというワイナリー名は書かれていません。
Castra Rubra他、今まで飲んだブルガリアのワイナリーに印をつけました。
Logodajはいいとして、Enira(Bessa Valley)はまた飲んでみたいですね。


さあ、抜栓。
IMG_2750
キャップシールはラベルに合わせたデザインですが、コルクがまさかの無地。
当然ながらコルクの平面化はしません。(笑)

Alc.13.5%。
ガーネット。涙は形がはっきりしません。
IMG_2751

ブラックベリー、ブラックチェリー。
生っと熟成された樽香のようなものを感じます。
辛口アタック。
味の厚みは若干物足りないんですが、
カベソーとメルローのブレンドのお手本のような旨味は出せてます。
嫌味や欠点も見当たらないので、そこそこハイレベルと思われます。
タンニンも十分シルキーで余韻にスムーズにつないでくれますね。
若干の軽さだけ、どう評価するかです。


*****


Telish
Cabernet Sauvignon & Merlot 2013
RRWポイント 91点


Logodaj Selection Chardonnay & Vermentino 2015

以前、意外においしかったブルガリアのお手頃ワイン、ロゴダジです。
前のはカベソー・カベフラ・メルローのボルドー・ブレンドでしたが、
今日はロゴダジの白(シャルドネとヴェルメンティーノ)を試します。
「赤をおいしく作れる生産者は、白もおいしく作れるのか?」という、
命題の検証でもあります。(笑)


IMG_1710
ロゴダジは1994年創業で、ブルガリアではトップ10に入る生産量だそうです。

 
公式ページは相変わらずブルガリア~ンな雰囲気が漂っています。
Logbann
れれれ、シャルドネは載ってるんですが、ヴェルメンティーノとのブレンドではありません。
ヴェルメンティーノはサルデーニャ島などイタリアで多い品種ですが、ブルガリアでもやってるんですね。
とにかくセパージュはネット情報で、
・シャルドネ 60%
・ヴェルメンティーノ 40%
らしいので、ヴェルメンティーノは結構ガッツリ入ってますね。
熟成は、シャルドネがステンレスタンクで発酵・熟成なので同じでしょう。

 
さて、再度Google Mapで訪問。やっぱりのタンクしか見えません。ショボい…。
Logo02
反対側に事務所なりがあり試飲とかやってそうですが、ストビューで近寄れず。

ブルガリア南西部のストゥルマ・ヴァレー(Struma Valley)に位置し、
北マケドニアとの国境まで車で15分とすぐのところです。
Logo01
ボルドーの緯度と比べる線を入れましたが、割と南にあります。
イタリアのトスカーナくらい。


ラベル平面化画像。
IMG_1667


さて、スクリュー回転。
IMG_1709

Alc.12.5%。
ゴールドイエロー。
IMG_1708

洋梨、蜜入りリンゴ、ライム、華やかな香りです。
酸味が乗った辛口アタック。
薄めのライム系の味、薄っぺらさは否めなません。
う~ん、残念。

赤がおいしいところの白がおいしいとは限らない、
ということがわかりました。(笑)


*****


Logodaj
Selection
Chardonnay & Vermentino 2015
WWWポイント 76点



WhiteWhiteWine01

Logodaj Selection Cabernet Sauvignon & Cabernet Franc & Merlot 2014

成城石井で見つけたブルガリアワイン。
おまけのポアラー(ディスク状フィルムの注ぎ口)が欲しくて購入。
とってもお手頃ですので、イマイチの味でもおまけがあるのでOK。(笑)
しかし、これが驚きのうまさだったら「偉いワイン」認定ですよね…。


IMG_7885


公式ページはなんとなくブルガリア~ンな雰囲気。
ワイン個別の紹介はありますが、情報量は今ひとつ。
まずセパージュのパーセンテージがありません。
多分書いてある順番でカベソー主体なんでしょうけど…。
樽熟はフレンチ樽で12ヶ月、ボトルで3ヶ月です。


ブルガリアにあるワイナリーを訪問します。「えっ…。」
logodaj01
ショッキングなくらいみすぼらしいです。(笑)
近くがロゴダジという集落になっていますね。

ブルガリアはこんな位置関係で、ロゴダジは西の端ですね。
logodaj02
マケドニアの国境近く。緯度的にはけっこう南の方ですね。


これがオマケのポアラーです。
logodajp
使ってる人は知ってると思いますが、雫が垂れない優れものです。


ラベル平面化画像。
IMG_7859
セパージュを全部羅列するって斬新ですね。


さあ、スクリュー回転です。
Alc.13.5%。
濃いガーネット、透けない感じです。
IMG_7884

黒ベリー、プラム。
うま口アタック?
しっとりした深みのある味は好みですね。
程よいタンニン、他の要素もすべてほどよいです。
いいバランスです。

素直にうまいと感じます。
これって実はすごくない?
「偉いワイン」認定です。
みすぼらしいワイナリーなんですが…。(笑)


*****


Logodaj Selection
Cabernet Sauvignon & Cabernet Franc & Merlot 2014
RRWポイント 95点


Castra Rubra Via Diagonalis Selected Red 2009

ブルガリアワインをいただきます。
ブルガリアはエニーラばかりいただいてましたが、
今日のは、あのミシェル・ロラン監修だそうで。
これもKALDIでお求め。面白いのが置いてます。


IMG_6496
独特のエチケットデザインと、シャトー・オーブリオンのようなボトル。

公式ページは、ブルガリア語の他、英・独・仏・スペイン語に対応。
このワイナリーの歴史を見てみます。

1960年創設の官営ワイナリーが民間に払い下げられ、現オーナー、
Jair Agopian氏が購入、1999年に「Telish」ワイナリーをスタート。
その後、2006年に新ワイナリー「Castra Rubra」を建てたそうです。

そして、あのミシェル・ロランおじさんの登場です。
CastroRubra05
若いワイナリーの醸造家たちを率いてこのワインを生み出したんだそうです。

おそらく今風のボルドータイプのワインに仕上がってることでしょう。
ちゃんとデータシートがあったので詳細を転記します。
セパージュは、
・メルロー 55%
・カベソー 35%
・ルビン 5%
・マヴルッド 5%
となっています。サンテミリオンっぽい?
ルビン(Rubin)とマヴルッド(Mavrud)はブルガリア固有品種です。
樽熟はなんと、フレンチオークの新樽100%で16ヶ月です。
お手頃価格なのに贅沢な仕様ですね。

Kolarovoという所にあるワイナリーを訪問します。
CastroRubra01
Googleでは写りが悪いですが、石造りのモダンな施設です。

首都ソフィアからは車で2時間40分。
CastroRubra03
ブルガリアは黒海に面した東欧の国です。

緯度的にはこんな感じ。温暖な気候と思われます。
CastroRubra02
う~ん、ブドウ栽培にはバッチグーという感じですね。

ワイナリー近くの畑にも行ってみました。
CastroRubra04
いいテロワールと言い切っておきましょう。
これでうまくないわけがない。(笑)


エチケット平面化画像。控えめインポーターラベルは有難し。
IMG_6466
産地は「Thracian Valley」。考古学的な遺跡も多いところらしいです。
「Via Diagonalis」という名前はミリタリス街道にちなんでるそうです。
<東ローマ帝国がローマとコンスタンチノープル(今のイスタンブール)
を結ぶために建設した街道…たぶん>


キャップシールにもエチケットと同じ絵が。
IMG_6498


さて、抜栓。
Alc.14.5%。
濃いルビー。ちょっと褐変してます。
涙が粘性ハッキリ見て取れる太さです。
黒ベリー、チェリー、濡れた木の樽香。
カベソー、カルメネールにあるような香りです。
辛口アタック、即タンニンがじゅわっと舌に絡まります。
開いてないのかな?
と思ってデカンタします。
上等ボルドーの風格ある味が出てきました。
ミシェル・ロラン味でしょうか。(笑)
最初は樽風味がキツめに感じますが、
開いてくるとウマウマです。


*****


Castra Rubra Via Diagonalis Selected Red 2009
RRWポイント 92点


Domaine Bessa Valley Enira 2013

すでに過去に、
プチ・エニーラエニーラ・レセルヴァをいただいた、
ブルガリアのベッサ・ヴァレーです。
今日はやっと真ん中のエニーラをいただきます。
どれもおいしかったのでこれも期待しますね。さて?


IMG_6178


サンテミリオンのラ・モンドットやカノン・ラ・ガフリエールを所有する
かのナイペルグ伯爵がブルガリアで展開するこのワイナリー、
Bessa01
過去にいろいろと調べているので今回は簡単に。

(過去記事リンク)

Domaine Bessa Valley Petit Enira 2014

Domaine Bessa Valley Enira Reserva 2011


公式ページで本日のエニーラを調べます。
すると、なぜか2013だけ詳細がありません。
仕方ないのでセパージュだけでもショップサイトを頼ります。
・シラー 49%
・メルロー 45%
・カベソー 6%
微妙にメルローよりシラーが多めですね。
2014年もシラー48%となってるので傾向のようですね。


エチケット平面化画像。
IMG_5482
意味不明のブルガリア語さえ隠さないインポーターシールは偉い。


さて、抜栓。
Alc.14.5%。
透けないほど濃いルビー。
黒ベリー、プラム、
青くさいカベソーのような香りも。
樽香もいい具合に香ってきます。
辛口ながら厚み感じる味が乗ってます。
15度に冷やしていただきましたが、
この果実味感じさせるフレッシュ感なら、
多少高目の温度でも美味しくいただけそうです。
余韻に少し酸味を感じ、余計かなとは思いますが、
全体バランスは絶妙で、これはかなり楽しめます。

エニーラ3兄弟では一応これに最高点をつけますが、
普段飲みにはプチエニーラくらいの軽さがちょうどいい気はします。
(笑)


*****


Domaine Bessa Valley
Enira 2013
RRWポイント 95点


Domaine Bessa Valley Enira Reserva 2011

以前飲んだプチ・エニーラが驚きのうまさでした。
サンテミリオンで高名な、ラ・モンドット(La Mondotte)
シャトー・カノン・ラ・ガフリエール(Château Canon la Gaffelière)
を所有するナイペルグ伯爵がブルガリアで展開するベッサ・ヴァレー
もう少し上のラインだともっとおいしいのではと、
エニーラ・レセルヴァなるものをお試しです。


IMG_5145


メルロー主体ということもありますが、
ブルガリアでありながら、うまいサンテミリオンとしか思えない味。
やはり、「作り手」って最重要なんだと、
前回いただいたプチ・エニーラには思い知らされましたね。

プチ・エニーラの上には普通のエニーラがあるのですが、
ひとつ飛ばしてエニーラ・レセルヴァという上級ラインをお試し。
それでも3千円程度なので、けっして高いワインではありません。
うまけりゃプチ・エニーラ共々「偉いワイン」に認定です。
パーカーおじさんは90点をつけてますね。


黒いエチケットが上級感を出してますね。
IMG_5143
ナイペルグ家の紋章はラ・モンドット他と共通です。


ここでエニーラ3兄弟の違いを比較しておきましょう。
まず、セパージュ。すべて2011年物で揃えています。

<プチ>
<エニーラ>
<レセルヴァ>
・メルロー
78%
55%
38%
・シラー
15%
21%
29%
・プチヴェ
5%
15%
16%
・カベソー
2%
9%
17%
(プチヴェはプチ・ヴェルドのことです。)

上等になるにしたがって、
メルローの比率が下がっていくのが面白いですね。

樽熟も、新樽を50%使うのはレセルヴァのみで、
下から順に、10ヶ月、12ヶ月、16ヶ月と、
見事に順位付けがされています。


前回、ワイナリーの位置は確認しましたので、
そっちをご覧いただくとして、
公式ページにもたくさんの写真が載っています。

ナイペルグ家のホームページにあったBessa Valleyの写真を拝借。
bessa-valley
なかなか立派な建物です。周りは一面のブドウ畑です。

さて、抜栓。コルクはミレジム入り。
Alc.14.5%、フルボディー。
濃いガーネット、若干の褐変あります。
黒ベリー、湿った木の樽香。
やはりレセルヴァは樽香がポイントですね。
スパイス、胡椒など、熟成から来る生っぽい風味も。
アタックから果実味ある「厚み」を感じます。
深みというか複雑味があり、貫禄充分ですね。
喉元のシルキーなタンニンのまま長い余韻へ、
スムースにつながっていきます。
サンテミリオンを超えるうまさを感じます。

う~ん、
好きな人にはこの上質感はたまらないと思われます。
僕は、まだ試せていない普通のエニーラが、
全てにおいて、ちょうどいいんじゃないかと、
新たな興味がわいてきました。(笑)


*****


Domaine Bessa Valley
Enira Reserva 2011
RRWポイント 94点


Domaine Bessa Valley / Petit Enira 2014

ブルガリアワインです。
ブルガリアという国が気になったわけではなく、
これはおいしいんじゃないかという好奇心です。


IMG_4710


ハプスブルク家の末裔にしてサンテミリオンの有名シャトーを所有する、
ナイペルグ伯爵がブルガリアで展開するのがこのベッサ・ヴァレー。
所有するというのは、ラ・モンドット(La Mondotte)や
シャトー・カノン・ラ・ガフリエール(Château Canon la Gaffelière)。
これらは2012年にプルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに昇格していますから、
その手腕というのは確かなものと思われます。
その伯爵が次に目をつけたのがブルガリアというから興味をそそります。
実際、これら2シャトーと同じ紋章がエチケットに描かれており、
国は違えど同じシリーズのようで、期待が高まりますね。


ベッサ・ヴァレーの場所をGoogle Mapにて確認。
ブルガリアの首都ソフィアから南東に車で1.5時間くらいのところ。
Bessa04
緯度的には、ルシヨンか、イタリアならトスカーナあたり。
ボルドーの緯度にも線を引きましたので、
サンテミリオンからはちょっと南になる感じですね。


ついでにワイナリー訪問を試みます。
ブルガリアにもストリートビューありましたが、門までが限界。
Bessa03
門をくぐって一本道をずっと行けばワイナリーが奥にあるようです。
なかなか素晴らしい畑が見えますね。


で、今日のワインなんですが、このワイナリーの代表ブランド、
「エニーラ」や「エニーラ・レセルヴァ」ではなく、
例によってセカンドポジションの「プチ・エニーラ」です。
2,000円を切りますからお財布にやさしい。(笑)
でも、お試しにはこれぐらいがちょうどいいのです。
高くてもいいなら素直にサンテミリオンを飲めばいいわけですから。

公式ページでセパージュを調べようとしましたが、
2012年のミレジムまでしか載っていません。
困ったのでショップの情報を探ります。
ドイツやチェコやノルウェーのお店なんかをいっぱい見ますが、
不確かな情報が多いので多数決などで以下の内容を導き出します。

セパージュ:
・メルロー 78%
・シラー 15%
・プチヴェルド 5%
・カベソー 2%

樽熟成:
・新樽 10%
・1年落ち 30%
・2年落ち 60%
を使い10ヶ月といったところです。

メルロー主体のサンテミリオンスタイルのようですが、
シラーとブレンドというのは面白いですね。


IMG_4711


さて、抜栓。Alc.13.5%。
濃いルビー。
黒ベリー、いい具合の樽香。
チョコの香りも。 
軽めのメルロー風の飲み口です。
タンニンがほどよく、上品。
ボディは重くないですが、
余韻までバランスいい旨味が続きます。
成功メルローです。
これはいい。

こうなると、普通のエニーラも気になりますね。
普通のエニーラでも3,000円切りますから、
また今度試してみようと思います。


*****


Domaine Bessa Valley
Petit Enira 2014
RRWポイント 92点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ