Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Côte_de_Nuits-Villages

Domaine de l’Arlot Côte de Nuits Villages Au Leurey 2017

ブルゴーニュ白の経験値を上げるため、ドメーヌ・ド・ラルロの白を開けましょう。
以前Côte de Nuits Villages Clos du Chapeauを試し、相当おいしかったところ。
きっと白もおいしくできる作り手に違いないと見込んでの抜栓であります。(笑)
Côte de Nuits Villagesですから、一応村名AOCであるわけだし…。


IMG_1994
ドメーヌはニュイ・サン・ジョルジュの南側のプルモー・プリセーにあり、
(プルモー・プリセーはAOCニュイ・サン・ジョルジュを名乗れます。)
周りが所有の1級畑クロ・ド・ラルロ(Clos de l'Arlot)に囲まれています。
ドメーヌ名はこの畑から来ています。(Arlotは元々地下を流れていた小川だそう。)


公式ページはカッコいいですが、無駄な効果が多くて少々めんどくさいです。(笑)

さて、今日のワインは道を挟んでドメーヌの真ん前という場所の畑からでした。
このオー・ルーリー(Au Leurey)はもともとはピノ・ノワールの畑でしたが、
2006年にシャルドネに植え替えられたんだそうです。
・シャルドネ 100%
新樽率20~25%の樽で12~15ヶ月の熟成です。


さあ、ドメーヌ訪問。立派な門というか壁ですが、この壁の延長が、
所有畑(モノポール)クロ・ド・ラルロをぐるっと囲う石垣に繋がってます。
Leurey01
そして今日の畑がドメーヌの真ん前です。

公式ページには所有畑の位置が示され、クリックでワイン紹介に飛びます。
Leurey03
畑名もちゃんと書いてあってとっても親切。
前に飲んだクロ・デュ・シャポーにもちゃんとピンが立ってますし、
ロマネ・サン・ヴィヴァンにも区画を持ってるようですね。

いつものLuc Corporation様の地図を拝借してドメーヌと畑の場所を確認。
Leurey02
1級、村名、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ、AOCブルゴーニュ、
色分けで分布が非常にわかりやすい。斜面と地層の関係がわかりますね。

そうそう、そのオー・ルーリー(Au Leurey)の畑に行ってみなくては。
Leurey04
いやあ、いい感じです。遠目にドメーヌ・ド・ラルロが見えます。


エチケット平面化画像。
IMG_1988
インポーターシールは透明で控えめで裏ラベルを隠さない優等生。


さあ、抜栓。
IMG_1991
キャップシールのエンボスいい感じです。

コルクも平面化。
IMG_1992
オー・ルーリー専用品ですが横ミレジムはありません。

Alc.13.5%。
イエロー。
IMG_1993

梨、青リンゴ、バター、最初シーチキンっぽかった。(笑)
しっかりと樽が効いている印象です。
まったりとした辛口アタック。
酸も生き生きしてるのに気づきます。
芯は柑橘系のコンク。
苦味もかすかにあって全体的に複雑な感じがし、
エレガントと評してもいいようなまとまりに帰結します。
まったり余韻も長いです。
あとは酸の評価ですね。
もう少し寝かしてもよかったかもしれません。


*****


Domaine de l’Arlot
Côte de Nuits Villages
Au Leurey 2017
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01

Domaine Jean-Marc Millot Côte de Nuits-Villages “Aux Faulques” 2017

ジャン・マルク・ミヨのコート・ド・ニュイ・ヴィラージュです。
ニュイ・サン・ジョルジュに居を構える新しい作り手なんだそうで、
1980年代後半にブドウ栽培を始め1992年から元詰めをしていると、
インポーターサイトの情報がありました。
エシェゾー他グランクリュもやってるようですが、村名から試しましょう。


IMG_0157
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュは広域の地区名AOCっぽい名前ですが、
一応、村名AOCでして、ニュイ・サン・ジョルジュに続く3つの村
(Corgoloin、Comblanchien,、Premeaux)と、北に飛んで、ちょっと離れた
フィサン(Fixin)の2村(Brochon、Couchey)の合計5つの村が、
AOCコート・ド・ニュイ・ヴィラージュを名乗ります。
フィサンはまあいいとして、ニュイ・サン・ジョルジュ近くの3村は、
コート・ドール(黄金丘陵)のグラン・クリュ街道からボーヌへ続く道沿いの
いい場所ばかりです。
これだけ限定的で出どころもはっきりしていて場所もいいなら安心です。
紛らわしいオー・コート・ド・ニュイ(Hautes Côtes de Nuits)は地区名AOCで、
ニュイ・サン・ジョルジュのさらに西側の丘陵地になる広大な地域になります。


さて、公式ページを探しますが見つかりません。
ブルゴーニュの小規模な作り手あるあるですね。
仕方がないのでネット情報を漁るしかありません。
・ピノ・ノワール 100%
なのは当然として、除梗有無と樽熟期間は不明です。
新樽率だけは15%って書いてありました。
以下に参考情報のリンク貼っておきます。

インポーター
インポーター
情報1
情報2


さあ、公式ページはなかったですが、何とかドメーヌ訪問にトライ。
IMG_0139
住所はここで間違いないんですが、奥まっていて確証はありません。
ニュイ・サン・ジョルジュの町中ですね。

ニュイ・サン・ジョルジュのAOC地図上で示します。
Millot04
今日の畑は、Côte de Nuits-Villagesですからこの地図上にはありません。

しかし、エチケットにもあるように「Aux Faulques」が畑名。
調べると、コンブランシアン(Comblanchien)村にありました。
Millot010
黄色の部分。以前飲んだラルロのクロ・デュ・シャポーの畑の近くです。

例によってGoogle Mapで確認です。ドメーヌからの距離も把握。
Millot02
グラン・クリュ街道沿いに車で5分ほどです。

実際の畑へ行ってみますよ。
Millot03
場所といい、斜面の感じといい、プルミエクリュじゃないの?
…と思うくらいの雰囲気ですね。


エチケット平面化画像。
IMG_0146


さあ、抜栓。
IMG_0153
ドメーヌ名、ミレジム入りコルク。

コルクも平面化。横にミレジムはありませんでした。
IMG_0156

Alc.13%。
クリア感あるルビー。
IMG_0155

フランボワーズ、チェリー、プラム。
果実味感じる辛口アタックです。
味の構造感あり楽しめそうな感じ。
余韻も旨み続きますが、若干若々しい気がします。
2017年ですもんね。
生き生きして、これはこれでおいしいですが、
もう数年寝かせてもうまそう…。


*****


Domaine Jean-Marc Millot
Côte de Nuits-Villages
“Aux Faulques” 2017
RRWポイント 92点


Domaine de l’Arlot Côte de Nuits Villages Clos du Chapeau 2015

なんだかんだで前から気になっていたドメーヌ・ド・ラルロです。
ビオディナミやデュジャック譲りの全房発酵、プチDRCとも言われてます。
まだお手頃のコート・ド・ニュイ・ヴィラージュ、クロ・デュ・シャポー。
リカマンの年末セール(30%OFF)で買っておいたものです。(笑)


IMG_7644
エチケットデザインはあまり褒められたものじゃないですね。

公式ページはウェブサイトとしては凝った作りで、
無駄な効果がいっぱいです。(笑)
1987年に保険会社AXAがネゴシアンのジュール・ブランの畑を買収、
ドメーヌ・デュジャックで働いていたジャン・ピエール・ド・スメを責任者に迎え、
ドメーヌ・ド・ラルロとしてスタートしたそうです。
なので、トップページからAXAが所有するワイナリーにリンクが貼ってます。
ボルドーのシャトー・ピション・バロンなんかがそうです。

サイト自体は、畑ごとミレジムごとにデータがあり助かります。
樽熟は、10~15%の新樽率で14ヶ月。
風味がオーキーにならないように、これぐれらいがちょうどいいそうです。


ドメーヌ訪問してみます。
Comblancien02
AOCはニュイ・サン・ジョルジュを名乗れるプルモーにあります。


隣り町がコンブランシアンでクロ・デュ・シャポーの畑があります。
Comblancien01
ニュイ・サン・ジョルジュ、プルモーに近いですが、
AOCは広範囲なコート・ド・ニュイ・ヴィラージュとなります。

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュは、プルモーの一部の畑、
今日のコンブランシアン、その隣のコルゴロワン、
そしてずっと北のフィサンの一部とブロションの5村になります。


コンブランシアンのAOC地図を貼っておきます。
village-2
「Chapeau」はシャッポ(帽子)のことです。
区画が帽子型だからだそうですが、う~ん、帽子には見えません。(笑)


そうそう、畑に行ってみなくちゃね。
Comblancien03
市街地に隣接し、塀で囲まれてます。
畑は帽子型というより、漢字の「凸」ですね。


エチケット平面化画像。
IMG_7591


さあ、抜栓。いただきましょう。
IMG_7645
「dl'a」の頭文字のロゴマークがキャップにもあります。

コルク平面化撮影もしておきましょう。
IMG_7643

Alc.13%。
濃いめのルビーですが、
やはり全房の影響か充分透けています。
フランボワーズ、シナモン、茎っぽさ来ますね~。
甘み感じるアタックです。
複雑味もあります。
果実味も感じますが甘くはなく落ち着いた風味です。
酸もタンニンも極控えめながらバランスが良く、
非常にいい仕事してる印象です。
じんわり長いフィニッシュ。

ちょっと感動。いいすぎる。
パーカーおじさんは88-90点ですって。
ちょっと厳しいですね。
僕はピノ・ノワール現状最高点が付きました。


*****


Domaine de l’Arlot
Côte de Nuits Villages
Clos du Chapeau 2015
RRWポイント 95点


Joseph Drouhin Côte de Nuits-Villages 2013

ジョセフ・ドルーアンのコート・ド・ニュイ・ヴィラージュです。
忘れた頃にブルゴーニュ探求です。


IMG_4531



コート・ド・ニュイ・ヴィラージュは広域の地区名AOCっぽい名前ですが、
一応、村名AOCでして、ニュイ・サン・ジョルジュの3つの村(Corgoloin、Comblanchien,、Premeaux)と、
北に飛んで、ちょっと離れたフィサン(Fixin)の2村(Brochon、Couchey)の計5村が、
AOCコート・ド・ニュイ・ヴィラージュを名乗ります。
フィサンはまあいいとして、ニュイ・サン・ジョルジュの3村は、
コート・ドール(黄金丘陵)のグラン・クリュ街道からボーヌへ続く道沿いのいい場所ばかりです。
これだけ限定的で出どころもはっきりしていて場所もいいなら安心です。
紛らわしいですが、オー・コート・ド・ニュイ(Hautes Côtes de Nuits)は地区名AOCで、
ニュイ・サン・ジョルジュのさらに西側の丘陵地になる広大な地域になります。

ジョセフ・ドルーアンは優良ドメーヌとしてリストアップされています。
公式サイトは、またもやIPアドレスを検知して日本語表示するタイプ。
意外にも変な翻訳じゃないので見やすいですが。(笑)
また、フェイスブックもあるようです。
ワイン別のデータも豊富で、このコート・ド・ニュイ・ヴィラージュは、
新樽率10%の仏産樽で12~15ヶ月の熟成というのがわかります。


IMG_4532


裏ラベルは輸入者ものに貼り替えられてました。
リーファーコンテナなのがわかるのは安心です。

さて、抜栓。
Alc.13%。
クリアなルビー。
ふわっと香り立つ赤ベリー。
香り多めで、かすかな樽香と融合しています。
果実味のある口当たり。
ピノ特有の酸味がありますが、マイルドです。
マイルドゆえに甘味にも感じます。
ブルゴーニュ王道の貫禄。
しかし、今日はリブロース・ステーキに合わせたので、
ちょっとボルドーが飲みたくなりました。(笑)


*****


Joseph Drouhin Côte de Nuits-Villages 2013
RRWポイント 89点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ