Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Cachapoal

Concha y Toro Carmín de Peumo 2007

コンチャイトロのカルメネール最高峰、カルミン・デ・ペウモです。
2万円コースなので偉いワインではないのですが、昔飲んだ感動が甦り、
最新のヴィンテージを試してみたくなり、ネットで探してみました。
2009年とか2013年はあるのですが、狙ってる2016年あたりが見つからず。
その昔飲んだ2007年の記録を頼りにエア・テイスティングをします。(笑)


IMG_0344
(写真はアメリカ在住時代に懐かしのiPhone4で撮ったものです。笑)
なかなかチリのトップエンドのクラスは日本に入ってきませんね。
セーニャやアルマビバなど有名どころはあるんですけどね。
ましてや、カルメネールのモノセパージュはまだまだ市民権を得てないか…。


公式ページはすでに慣れ親しんでいるいつものです。今日のワインを探してみます。


ワインの分類では、Fine Wine Collectionという上等カテゴリーに入っています。

Don Melchorというカベソーブレンドだけ別格扱いなのが気になりますが、
少なくともカルメネールではコンチャイトロの頂点であると言えます。

最新ヴィンテージが2017年のはずですが、2013年のデータしか載ってません。
仕方がないので2007年は当時のメモから。
・カルメネール 90%(91%)
・カベソー 6.5%(5%)
・カベフラ 3.5%(4%)
(*カッコ内は2013年のデータです。)
樽熟は、フレンチオークの新樽で18ヶ月+ボトルで12ヶ月。
2013年はエノロゴも変わってるようですし、仏樽で13ヶ月のみとなってます。
最近のヴィンテージは質を落としてるんでしょうか?

過去のパーカーおじさんの評価から考察してみると…
2003年 97点
2005年 97点
2007年 96点
2008年 95点
若干下降傾向なのが気になりますが、錚々たるもんです。
2007年の96点はなかなかなもんですよ。

その後はこんな感じ。
2010年 93点
2011年 94点
2013年 95点
2014年 93点
十分高評価ではありますが、落ちてきている気がします。
2016年を見つけてもガッカリしそうですね。


カルメネールはコンチャイトロのペウモの畑からで、
醸すのもカチャポアル・ヴァレーのペウモの施設です。ここです。
Chile002
混醸するカベソーとカベフラはマイポの方から持ってきているようです。

ペウモをワイン・マップ上で確認しておきましょう。
Chile001


ラベル平面化画像…ではなく、当時は剥がしてスクラップしていました。(笑)
IMG_0305
スクラップブックに丁寧に貼っていたんですよ。
今は簡単に平面化撮影でデジタル化、スクラップブックもブログとなりました。
便利な世の中になりましたね。

アメリカ在住中はほぼチリワイン、カルメネール一辺倒でしたけど、
一冊まるまるチリワインのスクラップブックは今見ても圧巻ですが…。

そのスクラップブックを見るとドン・メルチョールもいただいてましたね。
IMG_0307

当時はあまりテイスティングコメントはなく、「うま」とかしか書いてません。(笑)
しかし、カルミン・デ・ペウモ2007の記憶はなんとなく残っています。
抜栓したのが2011年でしたが、まだ少し若い印象の味でしたね。
しかしながら、カルメネールの本質を突き詰めた味は決して重苦しくなく、
いわば現代風の「おしゃれな」味わいに仕上げてあったような気がします。
爽やかなうまさを堪能できた忘れがたい1本となっています。



*****


Concha y Toro
Carmín de Peumo 2007
RRWポイント 95点


Santa Carolina Carolina Reserva Carmenère 2017

以前にも飲んでるサンタ・カロリーナのカルメネールですが、
ラベルデザインがお洒落な感じに変わってたので、また買ってみました。
前に飲んだのは2015年で、薄っぺらくて残念な評価でしたが、
今日の2017年は改善が見られるでしょうか?楽しみ~。


IMG_0148
サンタ・カロリーナはサンティアゴに1875年創立の老舗であり、大手です。


公式ページはなかなかよくできています。

ただ、最初のエイジゲートで国を「チリ」にすると、今日のワインのような、
輸出用のブランドは出てこないようですので、ご注意を。
また、日本を選ぶと日本語専用サイトに誘導されます。
情報量は豊富そうですが、今日のカルメネールは2015年と2016年のみでした。
2017年は不明ですが、書いてある内容を総合するとこういうことです。
・カルメネール 100%
40%だけフレンチオーク樽でマロラクティック発酵を行ない、
全量ブレンド後、アメリカンオーク樽で8ヶ月熟成です。
結構樽を効かせてるような印象です。


サンタ・カロリーナの本拠地は首都サンティアゴの中心近くです。
Santa02
所有畑は、マイポ、レイダ(サンアントニオ)、ラペル(カチャポアル+コルチャグア)、
マウレ、イタタと広範囲に渡っています。

チリのワイン生産地の地図で見ると赤で示したところです。
SantaCarolina01

で、今日のReservaCarmenèreはカチャポアルの畑からです。
IMG_9364
公式ページによるとカチャポアル川の畔、ピチデグアにあるそうです。


ラベル平面化画像。
IMG_9363
裏ラベルもあまり大した情報はないんですが、これを隠すのはいけません。

はい、インポーターシールはこんな具合に貼ってました。
IMG_9362
すぐに剥がしてやったぜい。ワイルドだろ~?


さあ、スクリュー回転。
IMG_0150
キャップはサンタ・カロリーナのマーク入り。

Alc.13.5%。
濃いガーネット。透けない感じですね。
IMG_0147

黒ベリー、スパイス。
あまり華やかな香りではなく、
スモーキーな露骨目の樽香を感じます。
アメリカンオーク樽で8ヶ月熟成の影響でしょうかね。
辛口アタック。
バランスよく厚みもある味はなかなかいいです。
喉越しでシルキーなタンニンと酸が軽く刺激します。
その後の余韻も長くてOK。

前に試した2015年がぺらぺらで残念だったのからすると、
すごく良くなってる感じですね。
少々樽を効かせ過ぎなのが気になりますが、あとは完ぺき。
好きです。こういうの。


*****


Santa Carolina
Carolina Reserva
Carmenère 2017
RRWポイント 93点


Torreón de Paredes Reserva Carménère 2013

今日は「日本カルメネール振興協会」の活動です。
新たなカルメネールの作り手を探して試すだけですが。(笑)
トレオン・デ・パレデスのカルメネールをいただきます。
1979年にカチャポアル・ヴァレーで創業の家族経営ワイナリーだそうで。


IMG_9409
あまり日本には入って来ていないのか、あまり見かけませんね。

公式ページは「www.torreondeparedes.cl」らしいんですが、今ひとつ貧弱。
すると、もう一つ、「torreon.cl/」という立派な公式サイトを発見しました。

なぜ2つあるのか不明ですが、情報がしっかりあるのは助かります。
ミレジムごとにデータシート完備で素晴らしいです。
セパージュは、
・Carménère 95%
・Cabernet Sauvignon 5%
となってます。
樽熟はフレンチオークの新樽で6ヶ月だそうで。 

D.O.は、「Rengo – Valle del Alto Cachapoal」となってます。
D.O.のリストでは、カチャポアルのサブリージョンとしてレンゴはありますが、
「Valle del Alto Cachapoal」までうたってるのはこの作り手だけのようですね。


まずは、ワイナリー訪問します。
Torreon_de_Paredes01
なかなか立派な門構えですがGoogle Mapでは入れません。(笑)
施設や敷地は広大で、周りの畑も美しいのはわかります。

場所はD.O. Rengoだけあって、レンゴの町のすぐ東側です。
Torreon_de_Paredes02
カチャポアル周辺含めて俯瞰して位置関係を把握しておきましょう。


ラベル平面化画像。
IMG_9101
あまり聞かないインポーターですね。
しかし、カルメネールを日本に入れてくれるのはありがたいです。


さて、抜栓。
IMG_9406
ワイナリーオリジナルのコルク、キャップシールです。

Alc.13.5%。
ガーネット。涙はあっさりめ。
IMG_9408

黒ベリー、モカ、生野菜...カルメネールの王道です。
辛口アタック。
甘み・酸味が微妙に包み込む味は、
フレッシュネスを感じるものの、
味の実態は厚みを感じにくく弱めです。
ちょっと黒糖っぽいのを感じるのはいいのですが。
余韻もちょっと凡庸ですね~。
もうちょっと頑張って欲しかったな~。


*****


Torreón de Paredes Reserva Carménère 2013
RRWポイント 88点


Santa Carolina Carmenère Reserva 2015

今日は定期的にやってくるカルメネールの日。(笑)
サントリーの輸入なのでスーパーでも手に入るサンタ・カロリーナ。
最近安うまのカルメネールになかなか出会いません。
舌が肥えてきたのかな~。(笑)


IMG_7774


公式ページは、最初のエイジゲートで「JAPAN」を選んでしまうと、
日本語サイト(santacarolina.jp/)につながってしまいます。
チリのサイトと日本のサイトでは載ってるラインアップが違います。
日本語サイトはサントリー扱い商品しか載っていないようです。
逆に今日のReservaはチリにはありません。(ラベル違いはあり)
とにかく総合的にまとめると、
・カルメネール 100%
樽熟:オーク樽で8ヶ月
ということになるようです。(笑)

サントリーの公式サイトにはサンタ・カロリーナ紹介ページがあります。
1875年設立の140年以上の歴史あるワイナリーだそうで。


ラベル平面化画像。
IMG_6936
「Cachapoal Estate」とありますが、公式サイトの説明では、
ラペル・ヴァレーの「La Rinconada」の畑からとあります。
カチャポアル川の近くともありまして、これなら完全にカチャポアル。

ラペルと名乗ってる限りは、カチャポアルとコルチャグア両方からの
混醸であると思われますので、いつもながらラペルの定義は謎です。
Santa01
まあ、あまり気にしなくていいでしょう。(笑)


ワイナリー訪問しておきます。なんとサンティアゴの町の中。
Santa02
畑は、マイポ、レイダ、ラペル、マウレ、イタタと各地に持ってます。


さあ、抜栓。
IMG_7776
キャップ・コルク、味もそっけもないですがお安いですからね。

Alc.13.5%。
けっこう濃いガーネット。
IMG_7773

黒ベリー、生野菜、黒糖。
生っと辛口アタック。
厚み弱めのボディは水臭いくらいの感じがします。
バランスはいいですけどね。
また出ました、薄っぺらい「軽めネール」 。
喉越しのシルキータンニンと余韻はまだ救いです。


*****


Santa Carolina Carmenère Reserva 2015
RRWポイント 87点


Concha y Toro Terrunyo Carmenere 2013

コンチャイトロのちょっといいカルメネールです。
その昔も飲んでいて今ひとつだった記憶があります。
しかし、同じコンチャイトロのMarques de Casa Concha
デラうまだったこともあり、ちょっと期待していただきます。


IMG_6385


公式ページで素性を調べておきます。
なんと2016年のミレジムしか載っていません。
2016年のセパージュは、
・カルメネール 99%
・カベソー 1%
樽熟は、フレンチオーク樽で9ヶ月。(新樽率明示なし)

2013年のデータシートをどこかのディストリビューターで発見。
それによると2013年はこんな感じ。
・カルメネール 89%
・カベソー 11%
樽熟は、フレンチオーク樽で7ヶ月。(新樽率明示なし)
さらに軽めの樽ですね。

パーカーおじさんの評定もわかりました。
この2013年は91点のようです。
その時のコメントをコピペしておきます。

RP91. Robert Parker's Wine Advocate
There is also a 'regular' 2013 Terrunyo Carménère that is sourced from a 20-hectare plot in their Peumo vineyard, which was influenced by the Lot 1. They used less new barrels and reduced the time the wine spent in oak, so it follows the same path of freshness with red fruit and zero pyrazines; it's full of red cherries and reveals a juicy palate with very fine tannins and a silky texture. This has nothing to do with the Carménère of yesteryear. This is really pleasurable. 86,600 bottles produced.

なんだか結構なほめようですね。


エチケット平面化画像。
IMG_6382


裏ラベルを隠さない控えめなインポーターラベル。
IMG_6378


キャップシールもなかなかカッコいいです。
IMG_6386



さて、抜栓です。
Alc.14.5%。
濃い、黒いくらいのガーネット。
黒ベリー、土、モカ、樽香に馴染んだ香り。
スパイスも。
カルメネール感ありありです。
重めの味わいが乗ったアタック。
酸味とタンニンが溶け込んでいます。
まさにパーカーおじさんの言う、
「very fine tannins and a silky texture」です。

しかし...舌に苦味が残ります。
雑味かな?
1本空けても最後までこの苦みが気になります。
なんとも残念。けっこうな減点ポイントです。


*****


Concha y Toro
Terrunyo Carmenere 2013
RRWポイント 87点


ANAKENA TAMA Carmenere 2015

アナケナのカルメネールをいただきます。
アメリカではよく売っていて、昔から何度もいただいたワインです。
もちろん、おいしい。

 
IMG_5901


公式ページは、データシートがあって必要十分です。
日本のインポーターのサイトにも情報あります。

カルメネール100%。
樽熟成は8ヶ月だそうです。
まあ、バリエタルですね。

以前、アナケナのブレンド、ONAをいただいたときに、
ワイナリー訪問はしていなかったので、行ってみましょう。
anakena01
チリにしては珍しくワイナリーの近くまで行けます。
これはちょっと遠巻きに畑もワンショットに入れてみました。
池や庭園も整備された立派な施設です。
試飲ツアーもできるようです。

場所はサンティアゴの南に車で2時間、カチャポアル・ヴァレー。
anakena03
ランカグアの町の近くです。


エチケット平面化画像。
IMG_5201m
先住民族の壁画でしょうか。


さて、抜栓。
Alc.14.5%。おう。
濃いルビー。
黒ベリー、ハーブ、土っぽさ、青ピーマン。
カルメネールらしいです。
辛口アタック。
アルコールのフルボディ感きますね。
シルキーなタンニンとは別にパレットに苦味が残ります。
雑味かな?とも思いますが、モカ・チョコ感とも言えます。
余韻もいい感じでありますが、この苦味が残るのが残念。
他は文句なしです。


*****


ANAKENA TAMA Carmenere Vineyard Selection 2015
RRWポイント 90点


ANAKENA ONA Red Blend Special Reserve 2014

アナケナは、アメリカ在住中によく飲んでました。
もっぱらカルメネールばっかりですが。
懐かしくなったのでネットで探しましたが、
アナケナのカルメネールのバリエタルが見つかりません。
仕方なく、この「ONA」のブレンドを入手しました。


IMG_4660


バリエタルよりはちょっといいシリーズなので期待大です。
カルメネールもちょっと入っているようですし。

公式ページは情報豊富です。
セパージュは以下のようになっています。
・Cabernet Sauvignon (Requinoa) 50%
・Syrah (Peumo) 39%
・Syrah 2015 (Leyda) 3%
・Carmenere (Peumo) 8%
シラーは産地違いを2種類入れているようで、
2015年収穫のものを3%入れているのは、
仏樽で14ヶ月寝かせている間に、
後からちょこっと(3%)樽中に注入したのだと思われます。
微妙なことやってますね。

この同じONAのRed Blendですが、
2015年モノはセパージュが全然違います。
・シラー 55%
・カベソー 35%
・カルメネール 10%
シラーが半分以上になってますね。
でもラベルはカベソーが一番上に書いてます。(笑)

各地に畑があって、
毎年最適なブレンドをしているんでしょう。
anakenamaps


ここのサイトも畑がバーチャルでグリグリ眺められます。
anakenamap
ちょっと画像のクオリティーはアレですが。


IMG_4662


さて、抜栓。
Alc.14.5%
濃い濃いガーネット。
カシス、プラム、かすかな濡れた木。
チェリーを感じさせる酸味の目立つフレッシュな口当たり。
14.5%ですから、タンニンもまとってフルボディの貫禄はあります。
ちょっと事前に冷やしすぎてしまったか、
複雑味を感じづらくなりました。
余韻もそこそこありますが爽やかあっさり。
う~ん、美味しいではありますが、
プレミアムワインなら、もう少し深みが欲しい気がします。


*****


ANAKENA ONA Red Blend Special Reserve 2014
RRWポイント 88点


Concha y Toro / Marques de Casa Concha Carmenere 2015

今日の夕飯はアルボンディガス。
スペインや中南米でいうところのミートボールのトマト煮込みです。
これにタバスコと粉チーズを投入すると最高にワインと合います。
さあ、合わせるワインを悩みぬいた末、やはりカルメネール。
最近おいしいコンチャ・イ・トロの上等ラインであります、
マルケス・デ・カサコンチャのカルメネールを抜栓。


MDCCYT


Alc.14%とボトルに書いてますが、
公式サイトのテクニカルシートでは13.9%と細かく表記されています。
セパージュは、
・カルメネール 87.5%
・カベソー 12.5%
と、これまた細かい。
D.O.ペウモと表記されており、
カチャポアル・ヴァレーのさらに細かい銘醸地名ですから、
産地限定の上等な位置づけを物語っています。
(PeumoはCachapoal Valleyにあります。
CachapoalとColchaguaを両方合わせてRapel Valleyと呼びます。)
チリの原産地呼称(D.O.)は農業保護庁農牧局(S.A.G)が定義してますが、
あまり正確に、かつ有効に使用されている感じはしませんけどね。(笑)

さて、色は黒いくらい濃いガーネット。
黒ベリー香りますが、カルメネール特有の青臭さやモカはあまり来ません。
香り自体は多すぎず、少なすぎずという感じです。
仏樽で16ヶ月熟成している割には樽香あまりきつくありません。
口当たりから「フィネス!」と思わず言葉がもれました。(笑)
複雑味、酸・タンニンのバランス、パーフェクトです。
余韻もずっとうまみが残ります。
マリアージュが功を奏した感もありますが、久々の感動。
このブログ始めて以来の最高点をつけましょう。
(ちなみにWine Spectatorはこの2015に92点をつけています。)

公式サイトによりますと、
ファイン・ワイン、プレミアム、バリエタルと3カテゴリーにわかれており、
ファイン・ワインが一番上等という位置づけです。
そしてこのマルケス・デ・カサコンチャはそのファイン・ワインに格付けされています。
でも、2,000円しないんですけどね。
(ちなみに、カシジェロ・デ・ディアブロは真ん中クラスのプレミアムです。)
ファイン・ワインには、カルメネール最高峰のカルミン・デ・ペウモや、
カベソー最高峰のドン・メルチョールが名を連ねています。
どっちも5年前にいただいてますが、ピンとこなかったんですよね。
最近のコンチャ・イ・トロは、なぜかすごくおいしくなってるので、
この二大巨頭ももう一度試さないといけないですね。
まあ、まずはちょっと上位のテルーニョからかな?

調べると、このマルケス・デ・カサコンチャと、
カシジェロ・デ・ディアブロは同じエノロゴ(Marcelo Papa)ですが、
テルーニョ、カルミン・デ・ペウモは違うエノロゴ(Ignacio Recabarren)です。
同じカルメネールでも味の性格は違うのかもしれません。
興味は尽きませんね。


*****


Concha y Toro / Marques de Casa Concha Carmenere 2015
RRWポイント 94点


Viña La Rosa / La Capitana Carmenère 2014

2001年にチリのワイナリーを訪問した頃は、
まだまだカルメネールのセパージュは少なかった気がします。
いろんなブランドからカルメネールが出てきたのが10年前くらいからで、
ちょうどその時はアメリカに住んでいたので、
いろいろなところのを試せました。
しかしながら、またアレ飲みたいなと日本で同じものを探すと、
そのブランドはあるのに、カベソーばっかりで、
肝心のカルメネールだけ日本に入ってきていない、
なんてことがよくあります。
「チリカベ」ブームの影響か、日本はナントカの一つ覚えですね。

しかたなくネットでカルメネールを探すのですが、
結構当時は知らなかったブランドが出ていたりします。
このビニャ・ラ・ロサもそんなひとつです。


VinaLaRosaC


しかし、公式サイトを見ると1824年創業とか相当歴史があります。
アメリカでも見かけたことなかったですから、
まだまだ輸出が少なかったのかもですね。

カチャポアル・ヴァレーのペウモの集落にほど近いです。
LaRosa
近くにコンチャ・イ・トロもありますね。

サンチアゴの南、車で2時間ほどのところに、
カチャポアルとコルチャグアがあります。
両方を合わせてラペル(Rapel Valley)と呼ぶようです。


さて、唎いてみましょう。Alc.14%です。
仏産樽の新樽と1年落ちで9ヶ月熟成というのも頭に入れて。
透けないくらい濃い赤紫。
ラズベリー、カシスからのスパイス香、これはタバコ?
複雑ですが、カルメネールらしさはあります。
タンニンはまろやかでいいですね。
酸味がけっこう目立ちます。果実味とも取れる感じです。
余韻もいい味わいですが、ちょっとあっさり、もしくは短めです。
樽香控えめ、主張していないのでおいしくいただけます。

2010年のヴィンテージにパーカーさんは90点をつけたようです。
このおじさんと僕は好みが似ているようです。同意します。


*****


Viña La Rosa / La Capitana Carmenère 2014
RRWポイント 90点

 

Cono Sur Single Vineyard Carmenere 2015 (Block No.28 La Riconada)

この前、ポムロールと対決したチリのCono Surのメルローが健闘したので、
同じシリーズのカルメネールをお試し。
と言っても、去年も同じのを飲んだはずですが。(笑)


ConoSurCarm


濃いガーネット、ディスク・涙は中程度。
ブラックベリー、スパイス、しかしチョコ香はないです。
味わいはカルメネールのそれで、タンニン・酸味のまろやかなバランスが絶妙。
余韻も長いですが、少々果実味が立ち、まだまだ若い印象です。


*****


Cono Sur Single Vineyard Carmenere 2015
RRWポイント 89点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ