Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Château_d’Issan

Château d’Issan Blason d’Issan Margaux 2013

メドック格付け第3級、シャトー・ディッサンのセカンドラベル。
Haut-MédocBordeaux Supérieurのサードワインも出していますが、
(「Le Haut-Médoc d'Issan」と「Moulin d'Issan」という名前です。)
このBlason d’IssanはAOCマルゴーの正真正銘のセカンドです。(笑)


IMG_1729
以前ファーストラベルの2013を試してまして、今日は同じミレジムのセカンド。
ボルドーでは厳しかった2013年ですが、ファーストはなかなかの出来でした。
セカンドの2013年にも期待がかかります。(笑)


公式ページは格付けシャトーの貫禄があってよく出来ています。

ワインの紹介はラインアップそれぞれにしっかり情報量があります。

ブラゾン・ド・ディッサンの専用ページもなかなかの出来です。

ミレジムごとにデータシートがダウンロードできます。
・メルロー 57%
・カベソー 43%
シャトーの作付けは70:30でカベソー主体ですが、これはメルロー若干多め。
樽熟は新樽率35%で14~16ヶ月です。


公式ページで畑の所在を示す地図を発見したのでGoogle Mapに転記します。
Issan02
ただちょっと解せないのが、シャトーの前の畑がBordeaux Supérieurなのと、
Haut-Médocの畑がMargauxの畑に挟まれているようにも描かれています。
この地図ではそれがどこかはっきりわかりませんが、AOCマルゴーの域内でも、
格が落ちるHaut-MédocやBordeaux Supérieurの区画があるってことでしょうか?
誰か詳しい人、教えて~!


シャトー訪問は周辺の格付けシャトーとの位置関係も含めて見てみましょう。
Issan03
シャトー・マルゴーやパルメに隣接し、ジロンド川の近い方に位置します。
立地的には申し分ないとは思いますが、なぜそこがBordeaux Supérieur?(笑)

ファーストラベルのエチケットはシャトーの絵が描かれていましたが、
セカンドのBlason d’Issanは門のような建造物が描かれています。
Blasonは「紋章」の意味ですが、こういう門のことも指すんでしょうかね。
とにかくその場所を発見しましたのでスクショを貼っておきます。
Issan04
うん、ピッタリ一致です。若干前の草刈りが足りないようですが。(笑)

いつもの「マルゴーまるごと地図」も貼っておきます。(右下が北なので注意)
Issan01
シャトー・ディッサンはシャトー・マルゴーのお隣ではありますが、
マルゴー村ではなくカントナック村になります。
地図上に村ごとにリストを書き込んでますのでご確認を。


エチケット平面化画像。先ほど挙げたイラストはこれの原画です。
IMG_1691
セカンド、サードは描かれる建造物が違うだけでラベルの体裁は似せてあります。

インポーターラベルは裏ラベルを隠してませんでした。
IMG_1692
偉いぞ、ファインズ。別撮りで上げておきます。


さあ、抜栓。
IMG_1725
コルクは横ミレジム入り、Blason d’Issan専用品ですね。

コルク平面化しておきます。
IMG_1727
同じ門が描かれています。セカンドでも手抜きなしって感じです。

Alc.13%。
濃いガーネット。
黒ベリー、ダークチェリー、モカ、濡れた木…複雑です。
IMG_1728

辛口アタック。
渇いた灰のようなスモーキーさの後、
なかなかの厚みのある味が味わえます。
複雑味も十分。
逆に少し果実味が抜けてしまっている感じが、
少し寂しい気もします。灰と感じたのはそれかな?
シルキーなタンニンは余韻にいざなってくれます。
フィニッシュまでいいバランスが続き、楽しめますね。

う~ん、ファーストラベルも軽く超えてる気がします。
2013年のボルドーはいろいろ飲んでますが、確かにひどいのが多かったです。
ラフィットのセカンドとか、ラグランジュ2013とか)
このブラゾン・ディッサン2013は2013年では最高レベルかも。
シャトー・ディッサン2013も優秀で93点つけましたが、今日のは95点です。


*****


Château d’Issan
Blason d’Issan Margaux 2013
RRWポイント 95点


Château d’Issan 2013

セカンドばかりじゃなく、たまに試しますよ、
ボルドー格付けシャトーのファーストラベル。(笑)
今日は格付け第3級、シャトー・マルゴーともご近所、
シャトー・ディッサンです。


IMG_5334


公式ページは日本語表示も可でデータも充実しています。
この2013年のセパージュは、
・カベソー 74%
・メルロー 26%
と、ほぼ作付け通りです。
50%新樽で16~18ヶ月の熟成。

何よりもここは場所がいいです。
DIssan02
同じマルゴーでも、シャトー・マルゴーとパルメがお隣り。
ジロンド川寄りなのもいい感じです。
なのに、この2シャトーとはかけ離れてお手頃価格です。
(と言っても1万円近いですけど。)

かと言って、評価が低いかというと、そうでもありません。
何でもパーカーおじさん基準は良くないとは思いますが、
2010年からのパーカーポイントの推移を見てみましょう。

2010年 PP95
2011年 PP88
2012年 PP95
2013年 PP85-87
2014年 PP89-91
2015年 PP93
2016年 PP93-95

なかなか95点はつかないですから、かなりの高評価です。
今日の2013年が若干低いのが気になりますが。(笑)


Google Map訪問ですが、ダメです。敷地に入れません。
DIssan01
これは裏手から辛うじてシャトーを覗いたもの。

青マル地点から覗いた感じです。
DIssan00
たぶん、ストビュー人形君が居るあたりから見ると、
シャトーがエチケットの絵のアングルで望めると思うのですが。

いいイラストが公式ページにあったので拝借して貼っておきます。
DIssan03
なかなか立派なシャトーですよ。

手前の堀を挟んで斜めのアングル、橋の位置、間違いないですね。
IMG_5324


さあ、抜栓。
Alc.13%。(正確には12.83%だそうで。)
エッジが褐色がかった濃い赤紫。
涙が小ぶりで多いです。 繊細な感じです。
黒ベリー、カシス、かすかにミントかハーブ。
濡れ落ち葉も。
弱めですが良い熟成香と思います。
アタックから厚みを感じますね。
酸味が多目なのもすぐに気が付きます。
構造がしっかりしているので、
フレッシュ感を演出するいい酸と感じます。
弱めの余韻ながら、
舌にじわっとタンニンが絡み、
エレガントなフィニッシュです。

重々しくないのが好みです。
これはおいしい。
シャトー・マルゴーやパルメに負けてないと思います。
「偉い」ボルドー格付けシャトーです。


*****


Château d’Issan 2013
RRWポイント 93点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ