Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Châteauneuf-du-Pape

E.Guigal Châteauneuf-du-Pape 2013

ある意味オーソドックスなギガルのシャトーヌフ・デュ・パプをいただきます。
このブログを始めてからでも2007年を試してますので今日のは2回目ですね。
どこの産地でも間違いない大手があるっていいですね。シャプティエなんかもいい。
無名なの含めいろんな作り手を試そうと常々思っていますが、たまには大手。(笑)


IMG_0073
ただ、ギガルのこのLa Collectionというシリーズ、ラベルデザインが野暮ったい。
ひと目でギガルとわかるからいいんでしょうが、色どりといい少々古くさい気が…。


公式ページは何気にリニューアルされてました。トップページはChâteau d’Ampius。
コート・ロティのローヌ川沿いに佇む古城を1995年にギガルが取得しました。

ワイン詳細がミレジム毎にちゃんと載っています。今日のセパージュは…
・グルナッシュ 70%
・ムールヴェードル 15%
・シラー 10%
・その他 5%
出ました「その他」。シャトーヌフではよくありますね。「不明」なんでしょうか。
オークの大樽(foudre)で2年の熟成です。

AOCシャトーヌフ・デュ・パプは13種類のブドウを使っていいのですが、
その13種の名前を以下に挙げておきます。

1)グルナッシュ:Grenache (Noir, Gris, Blanc)(黒・グリ・白)
2)シラー:Syrah(黒)
3)ムールヴェードル:Mourvèdre(黒)
4)サンソー:Cinsault(黒)
5)クレレット:Clairette (blanche, rose)(白・ローズ)
6)ヴァカレーズ:Vaccarèse(黒)
7)ブールブラン:Bourboulenc(白)
8)ルーサンヌ:Roussanne(白)
9)クノワーズ:Counoise(黒)
10)ミュスカルダン:Muscardin(黒)
11)ピクプール:Picpoul (blanc, gris, noir)(黒・グリ・白)
12)ピカルダン:Picardan(白)
13)テレ・ノワール:Terret noir(黒)

グルナッシュやピクプールは黒(Noir)も白(Blanc)も1種類で数えられてます。
このAOCの規定は、赤でも、白でも、何%でもいいというゆるゆるな感じですが、
これら以外、ローヌならありそうなヴィオニエやマルサンヌを使うとアウトです。
以上でわかるようにAOCシャトーヌフ・デュ・パプには少量ながらもあります。


再訪ですが、作り手訪問。コート・ロティのあるアンピュイ(Ampuis)です。
guigale0
こうなると、もう町ごとギガルって感じです。(笑)

位置関係を北部ローヌの地図で確認します。
guigale1
コート・ロティにギガルあり。ただ、今日試すのは南部ローヌのシャトーヌフです。

南部ローヌの地図でシャトーヌフ・デュ・パプ他を見ておきましょう。
guigale2
ギガルは南部ローヌは本拠地ではないのですが、ローヌ全体をカバーしつつ、
シャトーヌフなんかへのこだわりはあったんでしょう。なぜなら…

シャトーヌフ・デュ・パプにあるChâteau de Nalysというシャトーを2017年に取得します。

シャトーヌフには並々ならぬ思い入れがあるのか、サイトもしっかりギガル化しています。
まあ、今日のワインは2013年ですから、ここから来てることはないのですが。(笑)

ついでなので一応訪問しておきます。
guigale3
ギガルの南部ローヌの拠点ということになるのでしょうか。


エチケット平面化画像。
IMG_0059-(1)
裏ラベル下のサインの所が汚れてますが、インポーターシールの剥がし跡です。

こんな貼り方だったんですよ。
IMG_0059-(1)
バーコードを隠したかったのはわかりますが、もう少し配慮が欲しいです。


さあ、抜栓。
IMG_0068
当たり前ですが、キャップシール、コルクともギガル専用品。

コルク平面化。
IMG_0070
シャトーヌフとも書いてないし、第一ミレジムがどこにもないです。
ちょっと残念な感じ。

Alc.14.5%。
濃いめのガーネット。エッジは若干クリア。
IMG_0071

黒ベリー、ダークチェリー、スパイス。
動物的...かすかなブレタノマイセスはお約束かな。
これぐらいならいいアクセントです。
辛口アタック。
若干酸味も乗っていましたが、
すぐに厚みのしっかりした味の実体に到達。
構造感は圧倒的なのに重々しくない。
なかなかのバランス。

しかし重々しいのが欲しい時もあるんですよね。
そういう意味では期待が大きすぎたかな。


*****


E.Guigal
Châteauneuf-du-Pape 2013
RRWポイント 90点


La Masel Chardonnay Viognier 2017 IGP Vaucluse

スーパーで目に留まった1本。シャルドネとヴィオニエのブレンド。
IGP Vaucluseか…。なんとなくローヌらしいことはわかりました。
Gilbert & Gaillardの金メダルのことでしょうが、日本語シールを追加して、
「フランスワインコンクール・金賞受賞」とこれ見よがしです。
うさん臭さ満載ですが、ブレンドが面白そうなのでいただきます。(笑)


IMG_2173
表のエチケットには書いてませんが、作り手はル・セリエ・デ・プランス
(Le Cellier des Princes)というシャトーヌフ・デュ・パプで唯一の協同組合。
1924年に設立され、現在は240もの生産者がメンバーとなっていて、
シャトーヌフを中心にメンバーの畑はトータル630haにものぼるそうです。


公式ページはなかなかカッコいいです。生産者の顔写真もいっぱい載ってます。(笑)

輸出用なのか今日の「La Masel」なるブランドは載ってなかったんですが、
シャルドネとヴィオニエのブレンドが載っていたので同じものだと思います。
(これも2017年がGilbert & Gaillardの金メダル取ってるそうなので。笑)
セパージュは半々のブレンドでした。
・シャルドネ 50%
・ヴィオニエ 50%
Châteauneuf du Pape周辺の畑からだそうですが、そりゃそうでしょう。(笑)
フレッシュさと酸味のコントロールのためMLF(マロラクティック発酵)は行わず。
熟成はステンレスタンクで2ヶ月。


生産者協同組合「セリエ・デ・プランス」を訪問します。
Vaucluse03
シャトーヌフ・デュ・パプの郊外の幹線道路沿いにあります。
さすが巨大協同組合、敷地も施設も規模が大きいです。

シャトーヌフ・デュ・パプの地図にその場所を書き込みました。
Vaucluse01
シャトーヌフ・デュ・パプからは結構離れていますね。

今日のワインはIGP(Indication Géographique Protégée)Vaucluseでしたね。
2009年までのVin de Pays de Vaucluse。ヴォークリューズ県が対象地域です。
Vaucluse02
かなり広範囲でシャトーヌフ、ジゴンダス他のAOCを内包します。
ヴァンソブル(Vinsobres)やリラック、タヴェルは外になりますね。

IGP Vaucluseの公式サイトも見つけましたが、内容は貧弱でした。
IGP Vaucluseに使っていい品種を調べたら、白だけでも腐るほどありました。
よって、ここには書きません。勿論、シャルドネとヴィオニエは含まれます。

公式ページに傘下の畑がどこに分布してるのかという地図がありました。
Vaucluse04
シャトーヌフ・デュ・パプ内にも畑があるのがわかります。


エチケット平面化画像。金メダルも一緒に入れておきました。(笑)
IMG_2037
裏はインポーターラベルのみです。


さあ、抜栓。
IMG_2167
無印の集成コルクですね。

つまんないですが平面化しておきます。
IMG_2169

Alc.13.5%。
濃いめのゴールドイエロー。
IMG_2170

青リンゴ、白い花。
味わいは苦味がかすかにあるライムって感じ。
ちょっと水臭いかな?
まあ、値段相応なんでしょう。
後から感じた酸はきれいで良かったです。


*****


Le Cellier des Princes
La Masel Chardonnay Viognier 2017
IGP Vaucluse
WWWポイント 77点



WhiteWhiteWine01

Ogier Héritages Côtes du Rhône 2018

イオンリカーの棚にオジェのエリタージュというのが3本並んでました。
シャトーヌフ・デュ・ パプジゴンダスコート・デュ・ローヌの3本。
価格はそれなりの差がありますが、迷わずコート・デュ・ローヌをチョイス。(笑)
まず基本がどうか。基本を手を抜かずに作ってるかというポイントが重要。


IMG_2065
オジェは1859年シャトーヌフ・デュ・ パプにネゴシアンとして始まりました。
以来、合併したり買収されたりいろいろ長い歴史を経てきているようですが、
シャトーヌフに居を構える南ローヌを代表する老舗なのは変わりないようです。


公式ページが見つかりません。「www.ogier.fr」らしいのですが404 Not Found。
Googleにキャッシュ(の残骸)が残っていましたので昔はあったようです。
困りました。facebookページだけはありましたが、情報は少なし。

ネット情報を見ますがセパージュの%は不明。ローヌはこういうの多いですね。
・グルナッシュ
・シラー
・ムールヴェードル
グルナッシュ主体にブレンドってことで。オーク樽で12ヶ月の熟成だそうです。


とりあえず、シャトーヌフの市街地にあるワイナリーを訪問します。
Ogier01
奥まってますが、建物はお城のような佇まいです。敷地もかなり大きいです。
160年以上の歴史があるわけですからね。

ほんとにシャトーヌフ・デュ・パプのど真ん中になります。
Ogier04
今日のワインはコート・デュ・ローヌなのでどこの畑かはわかりません。
グルナッシュ主体ですから、少なくともセプタントリオナル(北部)ではなく、
メリディオナル(南部)からでしょう。(シラーは北部からかも…) 


エチケット平面化画像。
IMG_2053
安いレンジでもお城の浮彫が入っていていい感じですね。

実はインポーターシールがこんな風に貼ってました。
IMG_2053b
これはひどい。全情報、全隠しです。


さあ、抜栓。
IMG_2062

コルクも平面化。
IMG_2063
Ogierとも書いていません。Héritagesだけ。

Alc.14.5%。
ガーネット。
IMG_2064

黒ベリー、チェリー、ラズベリー、カラメル。
辛口アタックからの少し酸味です。
かすかにキャンディ、
もしくはフィクシーフレーバーがあるような気が…。
味の厚みは弱めながら黒糖風味の複雑さはあります。
余韻は酸味も感じつつ凡庸に終わります。

う~ん、ジゴンダスにしてもよかったな。(笑)


*****


Ogier
Héritages
Côtes du Rhône 2018
RRWポイント 89点



Vieux Télégraphe Châteauneuf du Pape La Crau 2014

某ワイン漫画(ソムリエール)で紹介されていた作り手です。
「テレグラフ」という名前が印象深く記憶に残っています。
シャトーヌフ…のトップ生産者のひとつなんですってね。
さて、そこのトップキュヴェでございますよ。


IMG_6757


公式サイトはいい感じなのですが、ワインのミレジムごとのデータはなし。
よって、2014年とは限らないデータから転記します。
・グルナッシュ 65%
・ムールヴェードル 15%
・シラー 15%
・サンソー、クレレット、他いろいろ 5%
最後の5%がいい加減ですね。いろいろって。
樽熟はフレンチオークの大樽(foudre)で20~22ヶ月。
その後、ボトルで2年寝かせてやっとリリースだそうで。
つまり、この2014年はリリースされたばかりという訳ですか。

いつもは公式ページで見られる画像は転載しないのですが、
この地図はカッコよかったので貼っておきます。
Telegrap03
南ローヌ地方をイラスト化し、真ん中にヴュー・テレグラフありです。


このワイナリーはブルニエ(Brunier)ファミリーが1891年から、
6世代に渡り運営してきた歴史あるところです。
Google Mapで行ってみると、結構町中にありモダンな佇まいです。
VieuxTeleg01
シャトーヌフ...でなく隣町のベダリッドの集落にあります。

シャトーヌフ…を俯瞰して、ヴュー・テレグラフの場所を確認。
Telegrap01
ボーカステルやペゴー、この前のクロ・デ・パプも記しておきます。


エチケット平面化画像。エノテカシールが英語訳を隠しています。
IMG_6758
「テレグラフ」という名前の元になった、
ラ・クロー(La Crau)の畑にあったという信号所の絵が描かれています。

その畑ってどこかな~っと、それらしい所をウロウロします。
Telegrap02
「クロー」通りから見える畑です。ここらへんかしら?
今でも信号所が残っていたらわかりやすいのにね。


さて、いただきますよ。
IMG_6773
コルクはミレジム入りです。

Alc.14.5%。
濃い目ルビー、濁ってる感じ。
カシス、黒ベリー、軽快フレッシュな香りです。
軽く味の乗ったアタック。
タンニンが喉の奥に現れたと思ったら、
余韻に流れ落ちていく感じがします。
複雑味ある味です。味わい深い...。
やはり全体的に軽快フレッシュ感はあるんですが、
全体のバランスは絶妙。


*****


Domaine du Vieux Télégraphe
Châteauneuf du Pape La Crau 2014
RRWポイント 92点


Clos des Papes Châteauneuf du Pape Blanc 2016

昨日に引き続き「クロ・デ・パプ」なんですが、今度は白です。
シャトーヌフ・デュ・パプの白、それも最上の作り手って…。
なんだか興味津々ですわい。(笑)


IMG_6754
シャトーヌフ…の白っていうのは全体の5%くらいしかないそうで、
それ自体貴重ですね。

例によって公式ページは工事中なのでネット検索で調べます。

セパージュは、
・グルナッシュブラン(Grenache Blanc
・ルーサンヌ(Roussanne
・クレレット(Clairette
・ブールブーラン(Bourboulenc
・ピクプール(Picpoul
だそうです。ブレンド比率は不詳。
グルナッシュ・ブランはグルナッシュの白ブドウ突然変異だそうです。
今日のカテゴリーはグルナッシュ(ノワール)にしておきます。
これにピカルダン(Picardan)を加えた6種均等に16%とするサイトもありましたが、
16%x6=96%では計算が合いません。(笑)
樽熟はシュール・リーで6ヶ月だそうです。

ところで、
AOCシャトーヌフ・デュ・パプは13種類のブドウを使っていいのですが、
赤でも、白でも、何%でもいいのをご存知でしょうか。
1種類だけで100%でもいいんです。何とユルユルな規定でしょうか。
その13種を名前だけ上げておきます。
1)グルナッシュ:Grenache (Noir, Gris, Blanc)
2)シラー:Syrah
3)ムールヴェードル:Mourvèdre
4)サンソー:Cinsault
5)クレレット:Clairette (blanche, rose)
6)ヴァカレーズ:Vaccarèse
7)ブールブーラン:Bourboulenc
8)ルーサンヌ:Roussanne
9)クノワーズ:Counoise
10)ミュスカルダン:Muscardin
11)ピクプール:Picpoul (blanc, gris, noir)
12)ピカルダン:Picardan
13)テレ・ノワール:Terret noir
グルナッシュは黒も白も1種類で数えられてますね。


エチケット平面化画像。赤と全く同じデザインです。
IMG_6760
ミレジムもネックシールですから、後で画像を見て混乱しました。
アルコール度数でかろうじて見分けました。(笑)

そしてこれが別撮りネックシールとボトルのレリーフ。
IMG_6765
2016年ものでしたが、白はさすがに早飲みした方がいいそうです。


さあ、いただきましょう。
IMG_6784
エチケットよろしく、赤も白も同じコルクです。

Alc.15%。
クリアなゴールドです。
梨、キウィ、イチジク。
香り高く色々出てきます。
ニュージーランドのソーヴィニヨンブランのうまさを感じます。
爽やかな果実味は、
どこまでもクリアな飲み心地を与えてくれます。
おまけに余韻に残るかすかな苦味が気持ちいい。

なんとね~。驚き。名前では判断できません。
そこら辺の上等な白より断然うまいです。
WWWポイント最高点の80点をつけましょう。
パーカーおじさんは91点だそうです。(笑)


*****


Clos des Papes (Paul Avril)
Châteauneuf du Pape Blanc 2016
WWWポイント 80点



WhiteWhiteWine01

Clos des Papes Châteauneuf du Pape Rouge 2014

シャトーヌフ・デュ・パプのいいやつをいただきますよ。
クロ・デ・パプといったら、ポール・アヴリル氏が運営する、
シャトーヌフ・デュ・パプの最高峰のひとつだそうで。はてさて。


IMG_6755


公式ページはトップページだけ。
どうやら工事中のようです。困るなぁ~。
ネットで調べるとセパージュは多分こう。
・グルナッシュ 55%
・ムールヴェードル 30%
・シラー 15%
グルナッシュ主体に補助品種が13種認められているAOCですから、
もっと他にも入っていてもおかしくありませんけどね。

「クロ・デ・パプ」という名前は「法王の畑」の意味でして、
シャトーヌフ・デュ・パプにおいて、その昔から、
法王が所有していたという由緒ある区画らしいです。
そこへ行ってみたいですよね?

で、Google Mapでクロ・デ・パプへ行ってみます。
表札にアヴリルさんの名前も見えるし、ここでしょう。
Clospapes03
この門を抜けるとすぐ広大な畑につながってます。

シャトーヌフ・デュ・パプ集落にあり、黄マル印から見た所です。
Clospapes02
白マルで囲ったところが「クロ・デ・パプ」の畑なんでしょうかね?
そうそう、先日飲んだ「Brotte」がすぐご近所でした。

シャトーヌフ・デュ・パプを俯瞰するとこんな感じです。
Clospapes01
アヴィニョンから17km。車で北上すること20分ほどです。
案外行きやすそうです。


エチケット平面化。裏ラベルはエノテカのしかなかったので割愛。
IMG_6759
ミレジムはネックにシールのあるタイプ。

ネックシールの平面化はせず、ボトルの浮彫と一緒に撮影しておきました。
IMG_6763
ローヌの上等なやつはこんなレリーフ入りボトルです。かっこいい。


さて、いただきますよ。
IMG_6772
コルクはシンプルに「Clos des Papes」と書いてあるだけ。

Alc.14%。
あまり濃すぎないルビー。でも澄んではない感じ。
みずみずしい黒ベリー、なまっぽさも感じます。
プンと特徴のある味わいが乗ってますが、うま味アタックです。
構造感ある味と一緒にタンニンがパレットに広がります。
若干の酸味も感じますね。
古臭かったり重かったりという印象は皆無で、活き活きしてます。
上等なのが必ずしも重厚感ではないなぁ。
褒められるワインは意外に軽快感があったりしますね。

パーカーおじさんは93点だそうですね。
もうちょっと上でしょう。(笑)


*****


Clos des Papes (Paul Avril)
Châteauneuf du Pape Rouge 2014
RRWポイント 94点


E.Guigal Châteauneuf-du-Pape 2007

以前に飲んだE.ギガルのクローズ・エルミタージュが案外うまく、
また別で飲んだAOCシャトーヌフ・デュ・パプがもう一息でしたので、
E.ギガルのシャトーヌフ・デュ・パプなら完璧ではないかと思い、
ハーフですがゲットしてみました。


IMG_4547


問題はグルナッシュですね。
最近だいぶん慣れてきましたが、過去に飲んだまずいグルナッシュが災いし、
グルナッシュと聞くとなんとなく不安がつきまといます。(笑)

ちょっとお勉強。その昔行ったアヴィニョンの町と、
シャトーヌフ・デュ・パプのコミューンの位置関係をGoogle Mapで調べます。
CNPAVIGNON
アヴィニョンの北側とは漠然と知っていましたが、車で30分とは案外近いですね。

公式サイトで素性を調べます。
E.ギガルは日本語版(http://guigal.jp)英語版(http://www.guigal.com)があっていいですね。
特に英語版はミレジムごとのセパージュ詳細が載っていてありがたいです。

さて、この2007年は、
・グルナッシュ 80%
・シラー 10%
・ムールヴェードル 5%
・その他 5%
とのことですが、その他5%って?
AOCシャトーヌフ・デュ・パプはブレンド用の補助品種が13種も認められているので、
いろいろ入っていそうですね。
でも、80%はガルナチャ(グルナッシュ)かぁ…。
平均樹齢50年の古木(Vieux vigne)だそうで、
大樽で3年熟成というのもすごいです。
これでおいしくなっていればいいのですが。

さあ、抜栓。
Alc.14%。
縁がレンガ色がかった黒っぽい濃い赤です。
2007年ですから10年超の熟成ですね。
黒ベリー、スパイス。
やっぱりグルナッシュの粗めのタンニンを感じますが、
甘みのある複雑味の余韻へとスムーズにつながっていきます。
うま。
これが上等なシャトーヌフ・デュ・パプなんですね。


*****


E.Guigal Châteauneuf-du-Pape 2007
RRWポイント 89点


Les Combelles Châteauneuf du Pape 2010

今日は、Côtes de Rhôneであります。
南部ローヌの銘醸地、
AOCシャトーヌフ・デュ・パプ(Châteaunuef-du-Pape)をいただきます。
その昔、南仏旅行をしたときのアヴィニョンを思い出しながら…。


chateauneufdupape


といっても、このAOC、普通はグルナッシュ主体です。
ガルナチャ(グルナッシュ)嫌いの僕は苦手なやつ。
でも、このLes Combellesというのはガルナチャ抑えめです。
・シラー 60%
・グルナッシュ 30%
・ムールヴェードル 10%
これなら期待が持てそう。

若干透けるレンガがかった濃い赤です。
香りはチェリーかプラム、すると華やかなキャンディーも感じます。
今までで知ってるシラーやガルナチャとはちょっと雰囲気が違います。
味も華やかさがあります。
が、すぐにシラー特有の舌の上に太く乗っかるタンニンが来ます。
余韻も収斂性効いてますが、依然キャンディー感残り悪くない。
Alc.14%のフルボディー。でもグルナッシュ感は皆無でよかった。
1日空けるとさらにうまくなってました。


*****


Les Combelles Châteauneuf du Pape 2010
RRWポイント 87点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ