Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Chambolle-Musigny

Domaine Dujac Chambolle-Musigny 2016

ドメーヌ・デュジャックの過去記事の公式サイトのリンクをふと訪れてみると、
長らく工事中だったサイトが、リニューアルされて再開していて驚きました。
何だかうれしくなり、今日はドメーヌ・デュジャックを抜栓します。(笑)
ストックしてあったシャンボール・ミュジニー村名ですがドメーヌものですよ。
(Dujac Fils & Père名のネゴスものもシャンボール・ミュジニーがあります。)


IMG_2680
ベルギー出身のジャック・セイスさんが1967年にドメーヌを立ち上げ、
わずか一代でデュジャックをモレ・サン・ドニ最高峰のドメーヌにしました。

父から譲り受けたパリの製菓会社をナビスコに売却、それを元手にでしょうか、
2年ほど修業した後に、モレ・サン・ドニに居を構え、畑を買い揃えています。

グラン・クリュは、近くのクロ・ド・ラ・ロッシュ、クロ・サン・ドニに始まり、
隣のジュヴレ・シャンベルタン村にシャルム・シャンベルタン、シャンベルタン、
ヴォーヌ・ロマネ方面にはロマネ・サン・ヴィヴァンにエシェゾーと錚々たるもの。

DRCのオベール・ド・ヴィレーヌさんと親交があったせいか、全房発酵が特徴です。
前回試したモレ・サン・ドニはそんな全房感満載の満足度の高いものでしたが、
息子のジェレミーさんの代になってヴィンテージによっては除梗をしているそうです。
今日のシャンボール・ミュジニー2016はどうでしょう?

再開した公式ページは一見カッコいいです。一見というのはどういうことかと言うと…

メニューは英語になっているようなんですが、なぜかフランス語にできません。
と思ったら、あれれ? 本文はフランス語ですね~。(笑)
おまけに意味不明のラテン語(!)のテキストがあちこちに散りばめられています。
一番問題なのは、ワインのラインナップのページでリンクが張られてはいますが、
詳細ページに飛ぶのがエシェゾーだけです。まだまだサイトは未完成のようですね。

仕方がないのでインポーター情報(LUC Corporation)に頼ります。
最新ヴィンテージの2017しか載ってませんでしたが、いろいろ有益な情報が。
・ピノ・ノワール 100% は当然として…
除梗率が0~30%となっています。除梗してるんだか、してないんだか?(笑)
一番助かるのが、シャンボール・ミュジニーの畑名が書いてあったことです。

畑は2区画あり、1つはアルジリエール(Argillières)というところ。
この区画はネゴシアンブランド(Dujac Fils & Père)用に使っていたもので、
グラン・クリュのミュジニーに隣接。あまりに良いので畑ごと買い取ったそう。
もう1つはドラゼ(Drazey)で、プルミエ・クリュの東側、D974号線寄りです。
のちほど、訪問してみますよ。


その前に、ドメーヌを改めて訪れておきます。
DomaineDujac01
改めて撮りましたが、前回のスクショと同じ写真でした。(笑)

シャンボール・ミュジニーの地図で畑の場所をチェックします。
DomaineDujac02
赤で囲ったところです。ドメーヌ・デュジャックの場所も示しています。

さあ、恒例のGoogle Map転記。やはり航空写真に書き込むと臨場感が出ます。
DomaineDujac03
グラン・クリュ、プルミエ・クリュ、村名畑の分布も示しています。
この位置関係、2つの畑はずいぶん性格が違うような気がします。
混ぜちゃうんだ。(笑)

では、どんな雰囲気か実際の畑へ行ってみましょう。まず、ドラゼ。
DomaineDujac04
あえて、プルミエ・クリュと隣接する部分を狙っています。
左手すぐ横が一級畑。いつもながら、何が違うんでしょうね。(笑)

アルジリエールは残念ながらストビューで近づけず、一級畑越しです。
DomaineDujac05
手前、左側はグラン・クリュのミュジニー。目の前は1級畑です。
その立地でさらに山側ですから、確かにすごく良さそうです。
あとは、地層とか水捌けとかなんとかの違いなんでしょう。(笑)


エチケット平面化画像。
IMG_2670

裏ラベルはなく、インポーターシールだけだったので別撮りです。
IMG_2669


面白いのが、ボルドーの上等ワインにあるようなバブル・タグつき。
IMG_2672
偽造品対策ですかね。QRコードで右のページへリンク、本物確認できます。
バブルの形一致しました。(笑)しかし、繋がったサイトはドメーヌ紹介のみ。
ここに、このワインの情報とかが載ってると素晴らしいんですが。


さあ、抜栓。
IMG_2677
キャップは専用デザイン。コルクもシャンボール・ミュジニー専用です。

コルク平面化。
IMG_2675
「ドメーヌ・デュジャック」元詰めと明記。ネゴスはここが違うのかな。

Alc.14%。
エッジにはクリア感ありますが、しっかりルビー。涙は厚くはっきり。
この色付きは全房100%ではない気がしますね。やはり30%除梗?
IMG_2678

フランボワーズ、微かにフレーズ、プルーン。
スパイス様の熟成香も感じます。
辛口アタック。
微かな酸のベールに包まれた感ありですが、
タンニン分でしょう、喉元に収斂性を感じながら、
そこそこのストラクチャーを確認できます。
酸は気になりますが、全体の立体感は申し分ないです。
また、余韻へと苦味系の味に収束していくのも秀逸。
フィニッシュで最初の酸が健在なのがわかるんですけどね。
これが、評価の別れどころ。

そう言えば、
デュジャックのヴォーヌ・ロマネ1級、ラ・ターシュに隣接の、
オー・マルコンソール(Aux Malconsorts)も似たような印象でした。
奇しくも、これも2016年でした。


*****


Domaine Dujac
Chambolle-Musigny 2016
RRWポイント 92点


Boursot Père & Fils Gevrey-Chambertin 2015

シャンボール・ミュジニーの歴史ある作り手、ブルソ・ペール・エ・フィス。
ブルソ家として少なくとも1550年にまで遡ることができるそうです。
の割には、シャンボール・ミュジニーにプルミエ・クリュを所有するものの、
グラン・クリュはありません。村名は今日のジュヴレ・シャンベルタンから、
ヴォルネイまでと範囲は広いですね。


IMG_2219
本拠地のお隣のジュヴレ・シャンベルタン村名ですが、なかなかのお値段。
ブルゴーニュでもいいんですが、確か今日のはワインくじの小当たり。(笑)


公式ページは一見立派そうですが、畑情報他あまり内容がありませんでした。

今日のジュヴレ・シャンベルタン村名ですが、どの辺りの畑なのか不明。
0.49ha所有となっていますが、複数の畑からのブレンドとのことで、
1ヶ所ではなくいくつかの畑の合計面積なんでしょうかね。
・ピノ・ノワール 100%
樽熟は、新樽率40%で14ヶ月です。

インポーターのサイトに若干の情報があります。
エイ・エム・ズィー


さあ、ドメーヌ訪問です。
Boursot02
シャンボール・ミュジニーの集落の奥の方にあります。

シャンボール・ミュジニーのAOC地図に書き込みました。この辺り。
Boursot03
シャンボール・ミュジニー村内の所有畑も黄色で囲みました。
全区画を所有してるわけではないですが、ボンヌ・マールに隣接した好立地です。

しかし、今日いただくのはジュヴレ・シャンベルタン村名です。
コート・ド・ニュイの地図でシャンボール・ミュジニー村との位置関係確認。
Boursot01
Google Mapですから、畑の部分は見て取れると思います。
問題はそれぞれの村の村名とAOCブルゴーニュの境界です。
シャンボール・ミュジニー村は上のAOC地図でわかるように、
D974号線の道路が境界線になっていてわかりやすいんですが、
ジュヴレ・シャンベルタンは結構この道路の東側にも村名が広がってます。

その感じをジュヴレ・シャンベルタンの地図で見てみます。ほらね。
Gevrey-Chambertin_N
よっぽどジュヴレ・シャンベルタンは条件がいいんでしょうかね。
で、今日のブルソの畑は…この村名畑のどこか(複数ヶ所)です。(笑)


エチケット平面化画像。裏にはドメーヌのイラスト。背後は山ですね。
IMG_0682
Rémy Boursotというサインがありますが、13代目当主のお名前です。
現在15代目まで一緒に家族経営されてるようです。

インポーターラベルはオリジナルを隠さない偉いやつでした。別撮り。
IMG_0685


さあ、抜栓。
IMG_2215
意外に汎用品。

一応、コルクも平面化しましたがこんな感じ。
IMG_2216
ミレジムはおろか、ドメーヌ名さえありません。ちょっと残念。

Alc.13%。
クリアなルビー。
IMG_2217

フランボワーズ、ダークチェリー、湿った樹皮か土っぽさ。
旨味の辛口アタックです。
程よい上品な酸に味わいも引き立ちます。
雑味がないきれいな味わいですが深みも感じます。
フレッシュ生き生きな印象のまま軽めの余韻へ入ります。
なかなかいい。


*****


Boursot Père & Fils
Gevrey-Chambertin 2015
RRWポイント 91点


Domaine Drouhin-Laroze Clos de Vougeot Grand Cru 2015

ジュヴレ・シャンベルタンの名門ドメーヌ・ドルーアン・ラローズです。
15haの所有畑のうちの約半分がグラン・クリュという、ザ・グランクリュ。
錚々たるラインナップから、クロ・ド・ヴージョ、ボンヌ・マール、
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの3つを水平試飲というすごい企画。
今回は1回目、クロ・ド・ヴージョから行ってみましょう。


IMG_9395
同じ作り手の3つのグラン・クリュを同じミレジム(2015年)で、
同時に試飲します。なかなか家ではできない企画です。
いつもお世話になってます。エノテカ、グランフロント大阪さん。


さて、今回の3つの超有名グラン・クリュの位置関係を見ておきます。
3GrandsCrus
ドメーヌはジュヴレ・シャンベルタンの集落のど真ん中ですね。
1850年創業のドルーアン・ラローズがこの辺りに持つグラン・クリュは、
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ラトリシエール・シャンベルタン、
シャペル・シャンベルタン、ボンヌ・マール、クロ・ド・ヴージョ。
そして念願のミュジニーは1996年に取得したそうです。


公式ページは、さすが大手の風格があり充実しています。

ワイン紹介ページによると、今回の3つのグラン・クリュともに、
熟成は新樽率80%で18ヶ月のようです。除梗の有無は明記なし。
フォト・ライブラリーページの写真を見る限り完全除梗のようですが。


さて、「Clos de Vougeot」を掘り下げておきます。
1098年シトー派修道院の設立に始まる、クロ(石垣)に囲まれた約50haの区画。
ヴージョ村の大部分を占め、コート・ド・ニュイのグラン・クリュの中で最大ですが、
80名以上もの栽培者や生産者に分割所有されています。
ドルーアン・ラローズもそのうちの一つということになり、区画はここ。
Closvougeot_Laroze
「これだけ?」と思いますが、1.03haと15番目に大きい所有者です。

例によって、Google Map上に転記。周りの雰囲気も添えて…。
Closvougeot_Laroze01
シトー派修道僧が建てた「Château du Clos de Vougeot」が目を引きます。
現在は利き酒騎士団(Confrerie des Chevaliers du Tastevin)が所有、
博物館やイベントの会場として使われています。


エチケット平面化画像。
IMG_9391


さて、抜栓。
IMG_9402

コルクも平面化撮影。
IMG_9388

Alc.13%。
ルビー。
IMG_9399

フランボワーズ、かすかな青いプラムも。
苦味にも似た酸のある辛口アタックです。
喉越しでアルコールのボリューム感。
そこからフィニッシュまで味の厚みが続き好印象ではあります。
酸はやはり残るんですが。

酸味をよしとすれば高評価なんだと思いますが、
もっとうまく酸を処理している作り手を知っているだけに、
なんとなく見劣りがします。


*****


Domaine Drouhin-Laroze
Clos de Vougeot Grand Cru 2015
RRWポイント 89点


Domaine Anne et Hervé Sigaut Chambolle-Musigny 1er Cru Les Noirots 2005

シャンボール・ミュジニーの1級畑をいただきます。
以前にもジャンテ・パンショの1級を試していますが、
今日の作り手は、アンヌ・エ・エルヴェ・シゴーです。
あまり聞いたことがないですが、まあ、調べてみましょう。


IMG_6273
1850年からシャンボール・ミュジニーに居を構える歴史あるドメーヌ。
シャンボール・ミュジニーに5つ、モレ・サン・ドニに2つの1級畑を所有。
特級は持っていません。

公式ページは畑の場所をしっかり示し好感が持てます。
Chambolle03

実際に訪れてみると、民家のような感じ。家族経営って感じですね。
Chambolle04
当主及び醸造責任者はドメーヌ名にもあるアンヌ・シゴーさんです。
女性の作るブルゴーニュ。ジョセフ・ドルーアンもそうでしたね。

今日の1級畑「Les Noirots」とドメーヌの位置関係を見てみましょう。
Chambolle06
特級畑のボンヌ・マールも近い、いい畑だと思われます。

その「レ・ノワロ」の畑越しにドメーヌが望める場所からのショットです。
Chambolle05
う~ん、いいテロワールですな~。

例のネットの拾い物の畑地図も貼っておきましょう。
chambolleM01
こんなのをお気軽に貼るのはよろしくないと思っていましたが、
Google Mapへの描き込みに限界を感じ、(覚えるにはいいですが…)
自分用データベースなんだからいいじゃん!と最近は気にせず。(笑)


エチケット平面化画像。
IMG_6279
文字が欠けたりしています。ちょっと失敗しました。


さて、いただきます。
Alc.13%。
透明感感じますが濃い目のルビーです。
木苺、酸っぱい赤ベリーの香り。
うま味乗ったアタックから来ますが、
香りから想像した酸味があります。
味わいの厚みは弱く、
酸味と共にすぐ余韻へと流れていきます。
2005年なのでもう少しこなれていると思いましたが、
意外に軽めで、酸味が邪魔する味でした。
これが女性的なのかな~?


*****


Domaine Anne et Hervé Sigaut
Chambolle-Musigny 1er Cru Les Noirots 2005
RRWポイント 88点


Domaine Philippe Charlopin Chambolle-Musigny 2015

昨日に引き続き、シャンボール・ミュジニーです。
今度は村名ではありますが、フィリップ・シャルロパンです。
エノテカさんいわく、かのアンリ・ジャイエの教えを受け継ぐ、
ブルゴーニュ最高峰のドメーヌのひとつだそうで。


IMG_5738


公式ページは、所有するAOC畑のリストはありますが、
細かな所在までは明示されていません。
(ホームでは国旗マークがあって言語が選べるようになってるんですが、
日の丸マークを押しても日本語表示になりません。なんだよ~。
まあ、へたな日本語より英語があれば十分ですが。)

エノテカさんの説明では、
『シャルロパンのシャンボール・ミュジニーは、村の北側にあり、
モレ・サン・ドニ側の3つの区画から採れるブドウを混醸される。』
とありますが、村の北側は特級と1級畑ばかりです。
ならば考えられる北側の村名畑はこの青マルあたりでしょうか。
Charlopan01

そのあたりに降り立ってみます。
Charlopan03
左側が村名畑、真ん中が1級、ずっと右手の傾斜地が特級です。
やはり丘に向かって地層が違うんでしょうね。
是非この辺りを「ブラタモリ」で解き明かしてほしいですね。(笑)

本拠地はここ。ジュヴレ・シャンベルタンにあります。
Charlopan02
隣りには畑が見えますが、国道沿いのけっこうな市街にあります。


シンプルなエチケットですね。
IMG_5735
ドメーヌ名表示はボトル上部の浮き彫りになってるわけですね。
裏ラベルはオリジナルの上からエノテカシールがべったり。
いつも言いますが、オリジナルを隠すのはいただけません。


さあ、いただきましょう。
Alc.13%。
ルビーですが、ちょっとくすんでます。
フランボワーズ、チェリー。
酸味が目立つアタックですが、
すぐ厚みのある味が来ます。
余韻へと続くなめらかな流れはエレガント。
う~ん。
村名でも偉大な作り手はうまいということがわかります。
酸味が最後に残るのだけはちょっと残念。


*****


Philippe Charlopin-Parizot
Chambolle-Musigny 2015
RRWポイント 90点


Geantet-Pansiot Chambolle-Musigny Les Feusselottes 1er Cru 2015

ジャンテ・パンショのシャンボール・ミュジニー、
1級畑のレ・フスロットをいただきます。


IMG_5739
ボトル価格 17,280円ですから、やはりグラスでいただきます。
おいしくてもリピートできないのは偉いワインではないのですが、
1級畑と村名との味わいの違い、
はたまたAOCブルゴーニュとの差なんかを自分なりに把握したいのです。


ジャンテ・パンショはジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を置き、
このシャンボール・ミュジニーにも特級や1級畑を持っており、
最近評判のなかなかいい生産者だそうです。

もっと調べようと公式サイトを探しますが、
それと思しき「www.geantetpansiot.com」には繋がりません。
工事中なんでしょう。こんな写真はWEB上に転がってました。
Pansiot01
一番左が当主ヴァンサン・ジャンテ氏かな?

仕方がないので、Google Mapで場所だけ確認しておきます。
Pansiot02
ジュヴレ・シャンベルタンでも、かなり特級畑などから離れた市街地ですね。

さあ、シャンボール・ミュジニーに移り、今日の畑を探してみましょう。
Pansiot03
レ・スフロット(Les Feusselottes)というのがその場所です。
まわりも1級畑(Premier Cru)に囲まれてますね。
シャンボール・ミュジニーの特級畑(Grand Cru)は2ヵ所に分かれ、
それぞれ、モレ・サン・ドニとヴージョに隣接してます。

いつもこの確認をして思うのですが、
この特級と1級と村名畑にどれほどのテロワールの差があるのか?
もうこれは、飲んで自分の感覚で確かめるしかないですね。
「イワシの頭も信心から」なのかどうか。
それより作り手の差の方が大きいというのが今のところの印象ですが。


エチケット平面化画像です。
IMG_5736
最近は店頭でもうまく撮れるようになりました。
しかし、エノテカさんの裏ラベルは相変わらずの情報極小です。


さて、テイスティングです。
Alc.13%。
ルビーの赤味強めですが、くすみが若干あります。
フランボワーズ、カシス、かすかなゆで卵の臭い。
還元臭?
酸っぱい梅の香りも微かに感じます。
アタックは酸味と苦味がうまく融合していますね。
構造感ある味を両者が盛り立ててくれる感じです。
もうちょっとマイルドで果実味を効かせてくれたら完璧なんですが、
総合的にはなかなか素晴らしいです。
余韻もじんわりといい感じですが、
喉に最初の苦味・酸味が絡まって残るのがちょっと余計。
1級畑らしい貫禄はあるということにしておきましょう。


*****


Geantet-Pansiot Chambolle-Musigny
Les Feusselottes Premier Cru 2015
RRWポイント 91点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ