Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Corbières

Château Valmont Aventura 2017 Corbières

コストコで売ってるラングドック、AOCコルビエールです。
以前にここの2016年を試しています。
なんとアルザスの作り手がラングドックで始めたワイナリー。
2016年が初ヴィンテージで、これがなかなかおいしかったんですが、
はてさて、今日の2017年、2年目は進化したでしょうか。


IMG_9991
2016年はL’aventureleが付いていましたが、ただのAventureになり、
キャップシールも白から黒になってるなど、細かな変更があります。


公式ページは前回工事中感満載でしたが、今回は出来上がってました。 


と言うっか、本家サイトと合体していました。まあ、そうですよね。
Ruhlmann03
しかし、アルザスとラングドックって不思議な取り合わせですね。

ワイン情報を確認しますが、ショップサイト兼用で貧弱でした。
セパージュは以下とありますが、比率が不明。
・カリニャン
・グルナッシュ
・ムールヴェードル
・シラー
2016年は、カリニャン・シラー・ムールヴェードル・グルナッシュの順に、
40%、30%、20%、10%となってましたので、
同じ比率で順番が入れ替わったと思っておきましょうか。(笑)


再度、ワイナリー訪問を試みますが、やはりストビューで近づけず。
Valmont02
アップされてた写真を拝借してGoogle Mapをインポーズしました。
上空から見ると周りの畑がいい感じに囲っています。
場所はナルボンヌのすぐ南側、バージュ・シジャン池(Étang de Bages-Sigean)
という大きなラグーンの近くにあります。

さて、ここがAOCコルビエール(Corbières)なのを確認しましょう。
Valmont03
わかるかな? 黄色のマルで示しました。拡大して確認ください。


エチケット平面化画像。
IMG_9987
ジルベール&ガイヤールインターナショナルチャレンジ(Gilbert & Gaillard)
の金メダル受賞のようですね。期待できそう?


さて、抜栓。
IMG_0009

前と同じロゴ入りノマコルクです。
IMG_0002

Alc.14%。
濃いガーネット。
IMG_9990

ブルーベリー、カシス、青野菜香も。
辛口アタック。
果実味あっていい感じなんですが…酸味が勝ります。
これはかなり前へ出る酸味ですね。
コクはOKなんですが。
タンニンはハーブな風味と絡んで特徴的に感じます。
余韻も長くていいはずなんですが、
例の酸味とタンニンが尾を引くので台無しです。
う~ん、どうしたんでしょう。
かなりレベルが下がったような気がします。


***** 


Les Vignobles Ruhlmann Schutz
Château Valmont Aventura 2017 Corbières
RRWポイント 85点


Château D’Aussières 2015 AOC Corbières

過去、ボルドー、ポイヤック、チリ、アルゼンチン、
数多飲んできました、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト。
そう言やあ、ラングドックのこれを飲んでませんでした。


IMG_6188


サントリーが輸入しているので、他のシリーズと同じく、
比較的簡単にスーパーなんかで手に入ります。

しかしながら、過去に飲んだやつはチリ以外、
あまり褒められたものであはありませんでした。

期待感はないですが、公式ページで今日のを調べてみましょう。
セパージュは、
・シラー 59%
・ムールヴェードル 28%
・グルナッシュ 13%
ラングドック~な感じですね。(笑)
年によってはカリニャンも10%ほど入るようです。
樽熟は、新樽率40%で12~16か月と結構贅沢にやってます。

Google Mapで訪問です。
Aussieres02
多分ここ。ラフィット所有にしては少々ショボいですかね。

畑越しに遠目に見てみます。
Aussieres01
よく見えないのでアップされてた写真を拝借してインポーズ。
(エチケットのイラストと同じアングルですね。)
素朴な建物、色味も地味ですが、規模は大きそうです。

場所はナルボンヌの近く。AOCコルビエールですね。
Aussieres03
コルビエール中心に付近のAOCリムーやフィトーをいれると、
こんな風にオード県全景のようになります。

ラッグドック、IGP Pays d'Ocとなるともっと広範囲で、
町で言うと、ニームあたりからペルピニャン、カルカッソンヌあたりまで。
旅行だと南仏ばかりが注目されますが、
ラングドックのあたりも旅してみたいものですね。
(ニームまでは行ったことがあります。あとは電車で素通り…。)


エチケット平面化画像。
IMG_6053
サントリーさん、でっかいシールで裏ラベルのメッセージが読めませんよ!
「南部のグラン・クリュのような畑からAOCコルビエールを代表する、
シラー、グルナッシュ、カリニャンのブレンドでラフィットが作ってます。」
みたいなことが(シールを剥がすと)書かれています。


さて、抜栓。
Alc.14.5%。
濃い、黒いくらいのガーネット。
黒ベリー。あまり特徴のない香りです。
うま味と一緒に来るアタック!
味の厚みいいぞ!
タンニンも酸もシルキーに融合してます。
果実味のフレッシュ感を保ったままフィニッシュ。
理想的!

意外や意外。これは偉いワインでした。


*****


Domaines Barones de Rothschild [Lafite] 
Château D’Aussières 2015 AOC Corbières
RRWポイント 95点


Château Valmont L’aventure 2016 Corbières AOC

コストコで発見したAOCコルビエール。
ラングドックのワインです。
まあ、たいていこういうのは、
見たことも聞いたこともないワインなんですが...さて。


IMG_6073


シャトー・ヴァルモンの公式ページを見ると、トップページ全面がYouTube。
本体がルールマン・シュッツ(Les Vignobles Ruhlmann Schutz)らしいので、
そちらのページを見ると、なんとアルザスの作り手でした。
ChValmont02

アルザスのドメーヌを訪れてみました。アルザス~といった街並みです。
ChValmont03

アルザスからはるばるラングドックへ進出していたようです。
ChValmont01
それが、シャトー・ヴァルモンというわけです。
(この地図は公式ページのYouTube動画から画像キャプチャー。)
なんと、今日いただく「2016年」が最初のヴィンテージだそうで。
設立されたばかりのワイナリーというわけです。

しかし、
白ワインのアルザスからラングドックで赤ワインにチャレンジするとは、
大胆なことをしますね。
だから、この初ヴィンテージの名前が「l’aventure」(冒険)というわけですか。
なんだか応援したくなってきます。(笑)

ラングドックのコルビエールにあるシャトー・ヴァルモンも訪問。
ChValmont04
ストリートビューでは近づけませんでしたが、
シャトーと敷地の感じは上空からでもわかると思います。

アップされてた写真を拝借して貼っておきます。
ChValmont05
何を思ってアルザスの作り手がこのシャトーを買ったんでしょうね。

AOCコルビエールとシャトー・ヴァルモンの位置関係を見ておきます。
ChValmont06
ザクっとマル印で示しただけですので、あくまで「だいたい」図です。
AOCフィトゥーやリムー、ナルボンヌやカルカッソンヌの町もチェック。


で、ワインの詳細ですが、例のYouTube公式ページではわかりません。
念のため、コストコの店頭で撮っておいた写真がこれです。
IMG_6039
セパージュはこれを信じましょう。
・カリニャン 40%
・シラー 30%
・ムールヴェードル 20%
・グルナッシュ 10%
樽使いはわかりません。
あっ、お値段わかっちゃいましたね。(笑)税込み1,098円なり。

インポーターは、コストコホールセールジャパン直接です。
IMG_6041



さて、抜栓。
おっと、ノマコルクです。
ChValmont07
やはり未来のコルクはこれで決まりのような気がします。

Alc13.5%。
濃い赤紫色、透けない黒です。
カシス、チェリー、キャンディ様の甘い香りも。
軽い果実味のアタック。
甘みを感じる気がしますが実は甘くないんですね。
厚みのない味ですが飲みやすくて悪くはないです。
タンニンもかすかに効いていていい感じ。
酸味が控えめなのもいい。
(経験上、カリニャンは酸味が多い気がしますので。)

2016年初ヴィンテージ、
なかなかいいスタートだと思いますよ。


***** 


Les Vignobles Ruhlmann Schutz
Château Valmont L’aventure 2016 Corbières AOC
RRWポイント 90点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ