Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

DO_Calatayud

Bodegas San Alejandro Evodia Pizarras Antiguas 2015

ローソンで買ったEvodiaがコンビニワインにしてはなかなかのうまさでした。
すると今度はスーパーでエヴォディア・プレステージなるものを見つけました。
落ち着いたカラーリングで、めっちゃブルーの普通のEvodiaより上等そうです。
「パーカーおじさん90+点」のシールも光ってますよ。(笑)


IMG_1493
しかし、「プレステージ」とはどこにも書いていませんね。
「グルナッシュの古木からのブドウをフレンチオークの新樽で12ヶ月熟成」
とありますので、一応プレステージなレンジではあるようです。
しかし、日本のマーケティングはうまいこと売りますね~。


公式ページはEvodia専用のがあります。

作り手はアラゴン州カラタユーのBodegas San Alejandroです。

本体であるBodegas San Alejandroの公式ページ内からもリンクがあります。

データシート完備でワイン情報は充実です。
・ガルナチャ(グルナッシュ) 100%
グルナッシュの古木は樹齢60~65年だそうです。
樽熟は12ヶ月なのは間違いないようですが、ラベルにあった「新樽」は、
「1~2回使用の新樽」と書いてます。それは新樽とは言わんやろ!(笑)

また、パーカーおじさんがこれに90+点つけたのは間違いないようですが、
どうやら今日の2015年でなく2016年のヴィンテージに対してのようですね。
それより、公式ページでは神の雫に載ったことのほうがうれしいようです。
Evo01
漫画のページそのまま引用し、アジアで一番人気のあるガルナチャとうたっています。


再度、ワイナリー訪問。
Evodia01
Miedes de Aragónというカラタユーから30分ほどの小さな町にあります。
ワイナリー自体はかなり立派な感じです。

アラゴン州のDOとともに位置関係を見ます。
AragonDO
Bodegas San Alejandroはだいたい図中に示した辺りです。

スペイン全体のDOマップからもDO Calatayudを探してみてください。
Evodia03
見つかりましたか?はい。OKですね。(笑)


ラベル平面化画像。
IMG_1342
普通のEvodiaはAltovinum向けと書かれていて、作り手名が伏せてありました。
お陰で正体を突き止めるのに手間がかかったわけですが、これはちゃんと、
Bodegas San Alejandroと書かれています。レンジによって販売ルート違うのかな。

インポーターは普通のEvodiaと同じ日本酒類販売株式会社なんですが、
これは日本向け専用の裏ラベルではなく、ご覧のように上からベタ貼りです。
IMG_1338-(1)
数量が少ないと専用ラベルは無理なんだと察しますが、困りものです。
下のバーコードを隠す必要性はわかりますが、大事な情報も隠れます。


さあ、抜栓。
IMG_1490
前はDIAMテクニカルコルクでしたが、今回は普通のコルク。

Alc.15%。
濃いガーネット。かすかにエッジにオレンジを感じます。
IMG_1491

カシス、ブラックベリー、プラム。
爽やか果実のフレーバーです。
酸味をかすかに感じさせる辛口アタック。
厚みのある味ですが、甘みを漂わせるボディー感もあります。
喉越しで若干さっきの酸味が戻ってくるんですが、
シルキーなタンニンに乗って余韻へスムーズにつながります。

おいしいんではあるのですが、
普通のEvodiaとの明確な差は発見できない印象です。
「プレステージ」はちょっと言い過ぎかな。(笑)


*****


Bodegas San Alejandro
Evodia
Pizarras Antiguas 2015
RRWポイント 91点


Altovinum Evodia Garnacha 2017

ローソンで売っていたワインを衝動買いし試します。
コンビニで売ってるワインでいい経験はなく、普段は手を出さないですが、
こんなところでは珍しいパーカーおじさん90点シールに釣られました。(笑)
POPには漫画「神の雫」で紹介されたワインだとか書いてます。
これはそんなに魅かれるポイントではないですが。(笑)


IMG_0449
コンビニで売ってるワインなので1000円ちょっとの値段です。
これでうまけりゃ偉いワインに認定です。


公式ページはこれかなと思いましたが、Verity Wine Partnersという流通グループでした。

なんだか世界中のワインを紹介していますが、その中にAltovinumがありました。

そのリンクをたどるとまた別のインポーターの公式ページに行きつきます。

これでだいたいワイン情報はわかりましたが、そこにホントのリンクを発見。

公式ページはアラゴン州カラタユーのBodegas San Alejandroのサイト内でした。

実体はここなんでしょうが、Evodiaというワインは「プロジェクト」なんだそうで、
ただのDOカラタユーのガルナチャではなく、南仏ルシヨンで高得点ワインを醸す、
Domaine LafageJean Marc Lafageさんがワインメーカーを担当しています。

パーカーおじさんがこの2017年に90点をつけたのは間違いないようです。
(因みに、神の雫で紹介されたのは2008年モノ。)
パーカーおじさんも詳しく解説していますが、セパージュは、
・ガルナチャ(グルナッシュ) 100%
熟成は、20%だけアメリカンオーク樽で、残り80%はセメントタンクで、
6ヶ月とのことです。
DOカラタユーのこのグルナッシュは、なんと樹齢40~100年なんだそうです。


さて、Bodegas San Alejandroを訪問します。
Evodia01
Miedes de Aragónというカラタユーから30分ほどの小さな町にあります。
ワイナリー自体はかなり立派な感じです。

アラゴン州のDOとともに位置関係を見ます。
AragonDO

スペイン全体のDOマップからもDO Calatayudを探してみてください。
Evodia03
はい。OKですね。(笑)


エチケット平面化画像。
IMG_0443
2017の表示はかろうじて裏ラベルにあります。探してみてください。


さあ、抜栓。
IMG_0445
無印コルク!ですが、DIAM1(1年保証)とは早飲み推奨ですね。

Alc.14.5%。
ガーネット。
IMG_0448

カシス、チェリー、プラム。
辛口アタック。
落ち着いた厚みのある味。
酸も感じますがフレッシュさ以外の影響は与えてません。
余韻にかけて苦味も発見するんですが、穏やかなタンニンだと気づくと、
フィニッシュまでいい感じで運んでいってくれるいいタンニンだと納得。
これは、コンビニワインの王者ではないでしょうか。


*****


Altovinum
Evodia Garnacha 2017
RRWポイント 91点


Bodega San Gregorio Las Martas 2016

お手頃で美味しいのが多い、KALDIで売ってるワインのお試しです。
スペインのガルナチャです。その昔のガルナチャ嫌いも治り、
最近はよくおいしいガルナチャにも出会ってますから期待しますね。


IMG_8593
DOカラタユー。初めてのところですね。
カルディのサイトでは「カラタユド」となってますが、最後の「d」は、
読まないか、いわゆる「th」([θ])で発音するのが無難でしょう。


公式ページのURLが変わってます。これ。「http://armantes.es/」
armantes ⇒ アルマンテスって何かなって調べると、
シエラ・デ・アルマンテス(Sierra de Armantes)という山岳地帯。
なんとなくアメリカのグランドキャニオンっぽい岩肌を見せるところでした。
Catalayud01
ワイナリーも誇らしげにURLにするくらい、この辺りの名所なんでしょうね。


それより、今日のワイン、公式サイトに載ってね~。(笑)
カルディのサイトも例によって情報少なし。
なぜかオランダのショップサイトが詳しかったので内容転記。

・ガルナチャ(グルナッシュ) 100%
樽は使わず、ステンレスタンクで12ヶ月、ボトル詰め後さらに12ヶ月熟成。


さて、「Cervera de la Cañada」という小さな集落のワイナリー訪問。
カラタユーの市街からは山をかすめて車で30分以内の距離です。
SanGregorio01
1965年に30名のワインメーカーが共同で立ち上げたそうですが、
あまりきれいそうな建物ではないですね。(笑)

公式facebookもあるのでリンクしておきます。


DOカラタユーをスペインの地図で示すとこんな感じ。
Calatayud01
リオハやリベラ・デル・ドゥエロの南東側ですね。


ラベル平面化画像。
IMG_8586

一応、インポーターのシールも別撮りしておきました。リーファー。
IMG_8587


しかし、これ見よがしにネックに「James Suckling 93点」。
IMG_8588


とにかく抜栓。いただいてみましょう。
IMG_8590
合成コルクは1年耐用のDIAM1です。まあ早飲みワインでしょうし。

Alc.15%。
濃いガーネット、赤紫。ガルナチャ色って感じ。
IMG_8592

カシス、ブルーベリー、華やかな果実。
ゆっくり黒ベリーも出てきます。
甘み感じるアタックです。
酸とタンニンは控えめながら味の骨格を作っています。
しかし、それでも軽めに感じる貧弱さはお値段ゆえでしょうか。
余韻も貧弱に感じてきます。

ガルナッチャのおいしいやつを知ってるだけに少々残念です。
サックリングおじさんは本当のガルナチャの味を知らない?
いくらなんでも93点はつかないでしょう。(笑)


*****


Bodega San Gregorio
Las Martas 2016
Vino de Parcela
DO Calatayud
RRWポイント 85点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ