Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Primitivo

Tinazzi Opera N°3 Vinum Italicum 2016

ティナッツィというヴェネト州のワイナリーです。
伝統的なアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラも作ってますが、
意欲的な面白いワインも作っているようで、今日の1本と相成ります。
その名も「オペラ第3楽章、イタリアのワイン」です。
Vinum Italicum(イタリアのワイン)はラテン語です。


IMG_7908
なんと、イタリアを代表する(とTinazziが考える)3品種のブレンド。
Tinazziの本拠地ヴェネト州のコルヴィーナ、プーリア州のプリミティーヴォ、
シチリア島のネロ・ダーヴォラの3品種です。


公式ページはぱっと見よくできてますが個々のワイン情報が弱いです。
今日のワインも肝心のセパージュ%が不明です。
しかたないのでネット情報に頼ります。
・コルヴィーナ・ヴェロネーゼ 40%
・プリミティーヴォ 30%
・ネロ・ダーヴォラ 30%
プリミティーヴォはプーリアに所有のワイナリー「Feudo Croce」から。
ネロ・ダーヴォラはシチリア島のワイナリー「Vignali Roccamora」
とのコラボでブドウを入手しているそうです。
樽熟は不明のまま。
ただ「Tinazzi」という名前、古代ヴェローナで伝統的に使われていた、
発酵・熟成用の樽のような容器の名前なんだそうで。


ワイナリー訪問。
Tinazzi01
なかなか今風の建物ですね。

ティナッツィはヴェネト州ガルダ湖近くが本拠地で同州に他2ヵ所を所有。
Tinazzi02
加えて、プーリア州にも2つのワイナリーを展開。かなり手広いです。


ラベル平面化画像。
IMG_7838
ラベル自体が小さいのでボトルの浮彫もいっしょに写しました。


さて、抜栓。
IMG_7921
一応、ワイナリー名入りのコルクです。

Alc.15%。
濃いガーネット、透けにくい感じがします。
IMG_7906

黒ベリー、プラム、ミント、
かすかにブレタノマイセスかな?
なめし革、下草の香りと言っておきましょう。
酸味が先にやってくる辛口アタックです。
甘みも後からやって来ますね。
味の深みはあるんですが酸味が邪魔をしてきます。
かすかな苦味、バランス、余韻、
じっくり味わうといい具合なんですが、
最後までその酸がつきまとうのが気になります。

しかし、イタリア各地方の代表品種のブレンドとは、
とてもおもしろい試みで、そこは評価しますよ。



*****


Tinazzi
Opera N°3 Vinum Italicum 2016
RRWポイント 87点


Masso Antico Primitivo Salento 2017

リカマンで、「ルカ・マローニ99点」ってえらく宣伝してたので、
久々にプーリアのプリミティーヴォもいいかなと思いゲット。
ルカ・マローニはワインの果実味と心地良さに重点を置くという、
主要イタリアワインガイドの中で最も個性的な採点をするそうです。


IMG_7133
3項目を33点づつで採点するので最高点は99点なんだそうです。
するとこのワインは最高点なんですね。へんなの。(笑)

「Masso Antico」なる作り手の公式サイトは見つからず。
Schenk Italian Wineriesというグループの傘下のようです。
紹介ページには一応今日のワインのデータシートはありました。

セパージュは、プリミティーヴォ100%。
樽熟はフレンチオークで6ヶ月のようです。


ラベル平面化画像。
IMG_6777
IGT Solentoです。プーリア州、ブーツのかかと部分にあたる、
IGT(Indicazione Geografica Tipica)です。
ちょっとだけ「Appassito」しあたとあります。
樹上でちょっと乾燥させて果実味を凝縮させたんですね。


さて、抜栓。
Alc.14%。
濃いガーネット、透けづらい感じ。
黒ベリー、ブラックチェリー。
甘口のアタック。
味は厚いのですが、やはり甘みが気になる。
プリミティーヴォではうまい方だと思うのですが。

ルカ・マローニは果実味あれば99点なのかもしれませんが、
僕はちょっと辛口評価になってしまいました。


*****


Masso Antico Primitivo Salento IGT Appassito 2017
RRWポイント 83点


De'Conti Appassimento 100X100 2015

なんだこのワインは?
実はリカマンのワイン福袋(福箱?)に手を出して「はずれ」だったものです。
1位のオーパスワン、2位のシャトー・ラグランジュを狙ってたのですが。(笑)


appassimento
 

一箱1980円で、1本入っていますが、はずれでも1980円相当なので、
損はしてませんが、飲む気のないワインが出てくるのは困ります。


Liqourmt


こんな柄の箱なんですが、僕はこの失敗から必勝法を発見しました。
上記の1位、2位以外にスペインのテンプラニージョワインもあって、
この3本のみがいかり肩のボルドーボトル。
あとは全部なで肩のブルゴーニュボトルなのです。
箱を振ると中に若干のスペースがあるので、ゴロンゴロンと当たります。
下の方を持って扇形に振ると、微妙ですが、
ボルドーボトルの肩が箱にあたる感触がわかります。

もうわかりますね。
必ずボルドーボトルが引き当てられれば、
1位か2位かスペインワインしかないのです。
さあ、この必勝法でオーパスワンかラグランジュをゲットしようか!
と考えましたが、やっぱり止めておきましょう。
なぜなら、スペインワインだらけになるリスクがあるからです。(笑)

* * *

まあ、はずれワインといっても捨てるわけにはいきませんので、
正体を調べてみます。
イタリアのIGTプーリアのワインです。
公式サイトや詳細情報は見つかりませんでしたが、
プリミティーヴォ主体でおそらく80%。
あとは、これまたプーリアの品種でネグロアマーロ(Negroamaro)のようです。
面白いのが、「Appassimento」という名前で、
ブドウの樹上で陰干しをするプロセスのことだそうです。
このプロセスにより水分を飛ばし濃厚なワインに仕上がるとのこと。
どおりで、Alc.14.5%もあります。

さあ、抜栓。
濃いめの赤です。カシスかな。ブラックベリーからの黒コショウです。
アタックは果実味があって好印象。
ジンファンデルっぽく爽やかにタンニン他の要素がバランスいいです。
う~ん、意外においしい。
実は先日のジンファンデルプリミティーヴォ対決の2本よりもおいしい。
「Appassimento」が効いているようです。
これは「偉いワイン」です。


*****


De'Conti Appassimento 100X100 2015
RRWポイント 88点


Poggio Le Volpi / Primitivo di Manduria 2015

さて、昨日のロバート・モンダヴィのジンファンデルと飲み比べるのが、
イタリアのプリミティーヴォです。名前と育ちは違いますが同じ品種。
運命の再会、そして対決です。
(実はこの2本、いつものごとく同時抜栓しています。)

このプリミティーヴォ100%ワインはプーリア州で作られていますが、
いわゆるイタリアをブーツの形になぞらえた時のかかとの部分です。
DOCはラベルのごとく「Primitivo di Manduria」になります。
いろんな解説によると、プリミティーヴォとジンファンデルは、
同じ品種ながら作られるワインのタイプは全く違うとのこと。
ほんまかいな?ということで早速テイスティングです。


PuriaP


昨日のロバ・モンと比べると色味は同じくらい濃いです。
香りは違います。
カシスからのブラックベリーかと思いきやスパイス感まで出てきます。
すぐに樽香に気づきます。
ずーっと果実味が続くロバ・モンとは確かにぜんぜん違う予感。
口当たりは…甘い。ロバ・モンと同じ感じです。
タンニンしっかり存在、酸味は少なし。
うん、これはやはりジンファンデルです。妙にうれしい。
Alc.14%ですからボディー・凝縮感もしっかり出ています。
ごくわずかに微炭酸のような舌触りが気になりました。

結論、ふたつは同じ味の同じ品種です。(笑)
ワインとしての優劣をつけると、
ロバ・モンのほうが若干爽やか感あって飲みやすく、
ついついグラスが進みます。

ワイナリー(Poggio Le Volpi)公式サイト


*****


Poggio Le Volpi / Primitivo di Manduria 2015
RRWポイント 85点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ