Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Puglia

Podere 29 Unio Nero di Troia e Primitivo 2018 Puglia IGP

最近、試したことのないブドウ品種や産地を選んで買っていたら、ストックの大半がイタリアワインという事態になってきました(笑)。土着品種の多さや多様性(多数のDOC/DOCG!)ではイタリアが一番ってことなんでしょうが。今日のコレは「Nero di Troia」という品種が引っ掛かりポイントですね。プーリア州からはプリミティーヴォやネグロアマーロばっかりでしたから。

IMG_4626
ポデーレ29というこの作り手、プーリア州フォッジア(Foggia)近くのトレッサンティ(Tressanti)で、父のパオロ・マッラーノさんと息子のジュゼッペさんが2007年設立した新進ワイナリーだそうで。
プーリア州の土着品種であるウーヴァ・ディ・トロイア(Uva di Troia)にこだわって作り続け、この品種のスペシャリストとして評価されてるそうです。この作り手はネーロ・ディ・トロイア(Nero di Troia)の呼び方を使っていますが、ウーヴァ・ディ・トロイアのシノニムです。

公式ページは動画多用。さすが新しいワイナリーの雰囲気です。
Puglia00
ワイン情報もしっかりしています。
・ネーロ・ディ・トロイア 60%
・プリミティーヴォ 40%
これぞプーリアといったブレンドですね。ワイン名の「Unio(ウニオ)」は「結合、融合」の意味で、このブレンドのことを指しています。樹齢は12年だそうで、熟成はステンレスタンクで2ヶ月、フレンチオーク樽で4ヶ月です。
今日のワインはIGP(*)プーリアですが、このIGPではウーヴァ・ディ・トロイアやプリミティーヴォ含め多様な品種が使用可能で、今日のワインのように2品種のダブルネームも表示可能です。
*IGP(Indicazione Geografica Protetta)=IGT(Indicazione Geografica Tipica)

ウーヴァ・ディ・トロイア(Uva di Troia)の名前はフォッジア近くのトロイア(Troia)の町から来てるのは想像がつきます。トロイの木馬やトロイア戦争のトロイアとは別の町ですが、このコムーネ自体が、トロイアを征服した伝説のトロイの木馬の戦士の一人であるギリシャ神話の英雄ディオメデスによって造られたという伝説がありますから、全くの無関係ではなさそうですが。
IMG_4627
収量が少ない品種で、高品質でコクのあるワインが作られるにもかかわらず、年々生産量は減っているようです。そんな中、この品種にこだわる今日の作り手は偉いですね。

しかしながら、意外とこの品種を主要品種の一つとするDOC/DOCGは多いです。以下に列挙。
Barletta DOC、Cacc’è Mmitte di Lucera DOC、Castel del Monte DOC、Castel del Monte Nero di Troia Riserva DOCG、Castel del Monte Rosso Riserva DOCG、Orta Nova DOC、Rosso di Cerignola DOC、San Severo DOC、Tavoliere delle Puglie(Tavoliere)DOC など。


作り手訪問。フォッジアの町から東(海岸の方)へ車で30分くらいのところです。
Podere01
家屋は小ぶりですが、この周辺に14haの畑を所有しているそうです。


プーリア州を、例によってGoogle Mapで俯瞰して見ておきましょう。
今日の作り手、ポデーレ29の所在も印をつけたのでご確認ください。
Puglia01
いっぱいあるプーリアのDOC/DOCGの地図とリストもつけましたので、番号を照らし合わせてお楽しみいただけます。(笑)


ラベル平面化画像。
IMG_4615
手を合わせて Unio(結合)なんですね。インポーターシールはバーコードとAlc.表示を隠していました。ギリギリアウト。


さあ、抜栓。
IMG_4622

コルク平面化。
IMG_4623
ヴィンテージがコルク横に打たれてますね。いいことです。

Alc.13.5%。(pH:4.45、Brix:8.0)
ローズがかった濃いガーネット。
IMG_4625

カシス、チェリー。チョコっぽい風味も。
辛口アタック。
結構、酸はあるんですが、いいアクセントになってます。
奥行きも感じる味でなかなかいいですよ。
フルーティなので軽い印象もあるんですが、
その果実味もいいようにしか効いてない感じです。

ちゃんと品種の特徴を見せながら、普通においしい。
ウーヴァ・ディ・トロイアのポテンシャルを感じます。
絶対プリミティーヴォよりおいしいと思います。


*****

Azienda Agricola Podere 29
Unio Uva di Troia e Primitivo 2018
Puglia IGP
RRWポイント 91点


Tinazzi Opera N°2 Vinum Italicum Chardonnay Malvasia Puglia 2018

ティナッツィというヴェネト州のワイナリーです。
以前、ここのOpera N°3 Vinum Italicum(オペラ第3楽章・イタリアワイン)
というのをいただいてます。イタリアを代表する3品種のブレンドで、
本拠地ヴェネト州のコルヴィーナ、プーリア州のプリミティーヴォ、
シチリア島のネロ・ダーヴォラの3品種という面白い試みのワインでした。
今日のこれは白、Opera N°2(オペラ第2楽章)だそうです。


IMG_1792
マルヴァジーアは地中海というかイタリアらしい品種ではありますが、
シャルドネはどうなんでしょうね。イタリア全域で広く栽培はされてますが。


公式ページには何とこのワインが載っていません。

それどころかネット上にほとんど情報がありません。
困りましたね~。

ポーランドのブログに「この料理にマッチしました!」的なのはありました。
69258653_2415476268664519_4269013935537971365_n
おいしそうな料理ですが、ワインについては全く触れず。(笑)

IGPプーリアなのでTinazzi傘下のプーリア州のワイナリーで作ってるんでしょう。
(Cantine San GiorgioとFeudo Croceというワイナリーを所有。)

とにかく、適当にFeudo Croceに訪問してみます。
Feudo01
プーリア州はイタリアのブーツのヒール部分でしたね。
2008年の画像に時を戻すとこの建物が跡かたもありません。
比較的新しく建てたみたいですね。

ついでなのでもう一つのプーリアのワイナリー(Cantine San Giorgio)も訪問。
Feudo02
先ほどのFeudo Croceからは車で10分くらいのご近所でした。

さて、せっかくなので(笑)IGPプーリア(Puglia)をおさらいしておきましょう。
(IGP = Indicazione Geografica Protetta;保護指定地域表示)
使用可能な品種が、黒品種26に対し白品種が31もあります。以下に列記。

Asprinio、Bianco di Alessano、Biancolella、Bombino Bianco、Chardonnay
Cococciola、Coda di Volpe、Falanghina、Fiano、Francavidda、Garganega、
Gewürztraminer、Greco、Grillo、Impigno、Malvasia、Manzoni Bianco、
Montonico Bianco、Moscato、Mostosa、Pinot Bianco、Pinot Grigio、Riesling、
Sauvignon Blanc、Semillon、Sylvaner Verde、Trebbiano、Verdeca、Verdicchio、
Vermentino、Welschriesling (Riesling Italico) の以上31種。ああ、しんど。

おなじみの国際品種やイタリア有名品種から聞いたことのないものまで勢揃い。
ちゃんと今日のシャルドネとマルヴァジーアも入ってます。

単なるBiancoなら何をどれだけ何種類ブレンドしてもOKですが、
品種表示するバリエタルは、その品種が85%以上含まれていないといけません。
ただ、今日のワインは「シャルドネ・マルヴァジーア」とダブル表示です。
こういう場合は「Dual varietals」というパターンが許されています。
(すなわち、第1品種が50~85%、第2品種が15~50%となります。)


ラベル平面化画像。ルカ・マローニ91点のシールが誇らしげです。
IMG_1704
裏ラベルはインポーター貼り替えパターン。上から貼って隠されるよりマシです。
しかし、大した情報はなし。


さあ、抜栓。おっ、久々のノマコルクです。
IMG_1790
一応ワイナリー名は入ってますが上に写っている通りなので平面化はなし。

Alc.13%。
薄いゴールドイエロー。割と粘性の涙。
IMG_1791

白い花、青リンゴ、かすかに柑橘系、アーモンドも。
一応樽は使ってる感じですね。
辛口アタック。
ミントっぽい甘さの印象も出てきます。
酸ではないですがクールな印象があります。
喉越しにミネラル感もありました。
悪くないだろう。(ぺこぱ風に…)


*****


Tinazzi
Opera N°2
Vinum Italicum
Chardonnay Malvasia
Puglia 2018
WWWポイント 78点



WhiteWhiteWine01

Tormaresca (Antinori) Neprica Puglia 2015

過去にも「Bocca di Lupo」を試しているトルマレスカです。
プーリア州にあるアンティノリ所有のワイナリーでしたね。
今日はそこのネプリカというお手頃ワインをいただきます。
IGTプーリア、ネグロアマーロ主体のようです。


IMG_6972


公式ページでNEPRICAというこのワインを探します。
NEPRICAなんとかという赤ワインが3種類あります。
・NEPRICA Negroamaro
・NEPRICA Primitivo
・NEPRICA Cabernet Sauvignon
どうやら、
ネグロアマーロとプリミティーヴォとカベソーのブレンドである、
NEPRICA Rossoが3つのモノセパージュに分かれたようですね。

エノテカの解説によるとNEPRICAというのは、
NEgroamaro、PRImitivo、CAbernet Sauvignonの頭文字の合体です。
ということは、やっぱりブレンドすべきじゃないのって思います。
これらの品種ならブレンドの方がうまくいくような気がしますが、
何を思い立ったんでしょうね。
ワイナリー訪問は前にやってますので割愛。


エチケット平面化画像。
IMG_6671


さて、いただきます。
Alc.13%。
濃い目のルビー。透明感あります。
黒ベリー、チェリー。
レッシュ感漂う香りです。
甘み感じるアタック。
ソフトな酸も特徴的です。
全体評として、フレッシュあっさりといった印象です。
プーリアらしいといえばそうですが、
甘みはアクセントにはなりますが余計かな~。


*****


Tormaresca (Antinori) Neprica Puglia 2015
RRWポイント 84点


Tormaresca(Antinori) Bocca di Lupo 2012

プーリア州からのアリアニコです。
で、ここにもいたアンティノリ所有のワイナリーです。
知らずに飲んで、ブログ書くにあたってわかりました。


IMG_6092
一見してアンティノリを示すものはありません。

アンティノリの公式ページから拝借、イタリア進出地図です。
Puglia05
トスカーナ、ピエモンテだけじゃなくプーリアにもありましたか。
1998年かららしいので、さほど古いところではなさそうです。


トルマレスカの公式ページは、ハイセンスな凝った作りです。
今日の「ボッカ・ディ・ルポ」というのは、
トルマレスカが持つ2つのワイナリーのうちのひとつであり、
「Tenuta Bocca di Lupo」という名前の独立したワイナリーです。
サイトも単独でかなりの情報量になっていて、見ごたえありです。

きれいなワイナリー。美しい写真に見とれますね。
Puglia02


もう一つのワイナリーはアドリア海沿岸にあり、
「マッセリア・マイメ(Masseria Maime)」という名前。
こちらも興味深いのですが、本日のワインからは脱線なので、
またの機会に。(こちらのを飲む機会があればですが…)


で、このワインは、DOCカステル・デル・モンテ(Castel del Monte)です。
このDOCを調べると、カステル・デル・モンテという世界遺産の古城があり、
その周辺を産地とするDOCです。
Puglia01
これがそのお城。小高い丘の上にあり、周りは一面畑です。
このDOCのワイン、使用できるブドウが多種多様なものが許されており、
品種を名前のあとにつけて表示する慣例があるようです。
今日のアリアニコも「DOC Castel del Monte Aglianico rosso」となるようです。

このお城から、ボッカ・ディ・ルポのワイナリーまでは45分くらいです。
Puglia03

プーリア州含めた位置関係はこんな感じ。
Puglia04


このワインについて公式ページを見ますが、2014年しか載ってません。
IMG_6093
アリアニコ100%はわかります。
樽は裏ラベルによると仏樽で15ヶ月であろうと思われます。


さて、いただきます。
Alc.15%。
濃い目ですが透けるルビーです。
黒ベリー、ドライフルーツ。
辛口アタック。
アルコール感がすぐに喉に感じます。
微々たる甘みと、喉に収斂性を少し感じます。
全体バランスはGOOD。
香り以外アリアニコ感がないのが不思議な感じですが、
おかげで飲みやすいです。


*****


Tormaresca(Antinori)
Bocca di Lupo 2012
DOC Castel del Monte Aglianico
RRWポイント 91点


Cantine Due Palme Salento Rosso Negroamaro IGT 2016

成田空港のJALサクララウンジにて。
こういうところのワインは誰がどのようにチョイスするんでしょうね。
まあ、普通は買わないようなワインが試せていいんですが。


IMG_5608


作り手は、カンティーネ・ドゥエ・パルメ。
プーリア州の大手ワイナリーのひとつです。
残念ながら公式ページにはこのワインが載っていません。
同じようなやつが7ユーロで出ています。
おそらく最もローレンジなんでしょう。

このワインの「Salento Negroamaro」というIGTは、
イタリアを長靴に見立てた時のかかと部分、
まさに「サレント半島」のIGTです。

そして品種は文字通りの「ネグロアマーロ」を使います。
ネグロアマーロはイタリア南部のローカル品種で、
ほぼこのプーリア州でしか栽培されてないそうです。

場所は黄色マル印のところ。
Palme02

ストビューでカンティーネ・ドゥエ・パルメへ行ってみます。
Palme01
タンクだらけの大きな工場風情です。
なんとトラックがブドウを運び込むところのようです。

この辺りはワインづくりが盛んなようで、
Palme03
ちょっと市街地を離れると一面雄大なブドウ畑です。
いいところです。行ってみたいですね。

空港ラウンジなのでラベル平面化撮影は手動です。
IMG_5611
グニュグニュなのはお許しください。


さて、飲んでみましょう。
Alc.12.5%。
濃い赤紫。
赤ベリー、チェリーと軽め。
マスカベA香のような香りも微かに。
黒糖のような風味も感じる香りです。
甘みあるアタック、ガメっぽいなあ。
タンニン・酸味ともパンチはないですが、
それはそれで飲みやすいです。
余韻にも甘みが残るのがちょっと余計ですね。
コーヒーっぽい何かも感じました。

こういう普段飲まないようなのも試せると、
それなりに楽しいです。


*****


Cantine Due Palme
Salento Rosso Negroamaro IGT 2016
RRWポイント 85点


De'Conti Appassimento 100X100 2015

なんだこのワインは?
実はリカマンのワイン福袋(福箱?)に手を出して「はずれ」だったものです。
1位のオーパスワン、2位のシャトー・ラグランジュを狙ってたのですが。(笑)


appassimento
 

一箱1980円で、1本入っていますが、はずれでも1980円相当なので、
損はしてませんが、飲む気のないワインが出てくるのは困ります。


Liqourmt


こんな柄の箱なんですが、僕はこの失敗から必勝法を発見しました。
上記の1位、2位以外にスペインのテンプラニージョワインもあって、
この3本のみがいかり肩のボルドーボトル。
あとは全部なで肩のブルゴーニュボトルなのです。
箱を振ると中に若干のスペースがあるので、ゴロンゴロンと当たります。
下の方を持って扇形に振ると、微妙ですが、
ボルドーボトルの肩が箱にあたる感触がわかります。

もうわかりますね。
必ずボルドーボトルが引き当てられれば、
1位か2位かスペインワインしかないのです。
さあ、この必勝法でオーパスワンかラグランジュをゲットしようか!
と考えましたが、やっぱり止めておきましょう。
なぜなら、スペインワインだらけになるリスクがあるからです。(笑)

* * *

まあ、はずれワインといっても捨てるわけにはいきませんので、
正体を調べてみます。
イタリアのIGTプーリアのワインです。
公式サイトや詳細情報は見つかりませんでしたが、
プリミティーヴォ主体でおそらく80%。
あとは、これまたプーリアの品種でネグロアマーロ(Negroamaro)のようです。
面白いのが、「Appassimento」という名前で、
ブドウの樹上で陰干しをするプロセスのことだそうです。
このプロセスにより水分を飛ばし濃厚なワインに仕上がるとのこと。
どおりで、Alc.14.5%もあります。

さあ、抜栓。
濃いめの赤です。カシスかな。ブラックベリーからの黒コショウです。
アタックは果実味があって好印象。
ジンファンデルっぽく爽やかにタンニン他の要素がバランスいいです。
う~ん、意外においしい。
実は先日のジンファンデルプリミティーヴォ対決の2本よりもおいしい。
「Appassimento」が効いているようです。
これは「偉いワイン」です。


*****


De'Conti Appassimento 100X100 2015
RRWポイント 88点


Poggio Le Volpi / Primitivo di Manduria 2015

さて、昨日のロバート・モンダヴィのジンファンデルと飲み比べるのが、
イタリアのプリミティーヴォです。名前と育ちは違いますが同じ品種。
運命の再会、そして対決です。
(実はこの2本、いつものごとく同時抜栓しています。)

このプリミティーヴォ100%ワインはプーリア州で作られていますが、
いわゆるイタリアをブーツの形になぞらえた時のかかとの部分です。
DOCはラベルのごとく「Primitivo di Manduria」になります。
いろんな解説によると、プリミティーヴォとジンファンデルは、
同じ品種ながら作られるワインのタイプは全く違うとのこと。
ほんまかいな?ということで早速テイスティングです。


PuriaP


昨日のロバ・モンと比べると色味は同じくらい濃いです。
香りは違います。
カシスからのブラックベリーかと思いきやスパイス感まで出てきます。
すぐに樽香に気づきます。
ずーっと果実味が続くロバ・モンとは確かにぜんぜん違う予感。
口当たりは…甘い。ロバ・モンと同じ感じです。
タンニンしっかり存在、酸味は少なし。
うん、これはやはりジンファンデルです。妙にうれしい。
Alc.14%ですからボディー・凝縮感もしっかり出ています。
ごくわずかに微炭酸のような舌触りが気になりました。

結論、ふたつは同じ味の同じ品種です。(笑)
ワインとしての優劣をつけると、
ロバ・モンのほうが若干爽やか感あって飲みやすく、
ついついグラスが進みます。

ワイナリー(Poggio Le Volpi)公式サイト


*****


Poggio Le Volpi / Primitivo di Manduria 2015
RRWポイント 85点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ