Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

RRWポイント:98点

Concha y Toro Marques de Casa Concha Carmenere 2017

本日は日本カルメネール振興協会の活動日です。(笑)
過去から何度も飲んで安定のうまさがあるマルケス・デ・カサ・コンチャです。
チリの大手コンチャ・イ・トロの中~上級クラスですが、2千円台とお手頃。
前回は2015年をいただきましたが、ミレジムは2年進んで2017年をお試し。


IMG_2382
ワインメーカーはマルセロ・パパ(Marcelo Papa)さん。1998年に入社し、
翌1999年以降ずっとマルケス・デ・カサ・コンチャを担当されてますが、
2017年より会社全体統一のテクニカル・ディレクターに就任されています。
ゴイゴイスーな人がやってるシリーズってことですね。


公式ページはこちら。Fine Wine Collectionの中に今日のワインの紹介があります。

残念ながら最新2018年のデータしか載っていないようですが…。
必殺URL打ち換え(2018→2017)で2017年のデータを取り出しました。(笑)
・カルメネール 90%
・カベソー 10%
やはり若干2018とは違ってまして、2018年はカルメネールが95%になっていました。
樽熟もフレンチオーク樽で14ヶ月ですが、2018年は12ヶ月となってます。
年ごとにちょこちょこ変えてるんですね。

Marques de Casa Conchaには専用ページがあります。
Etiqueta Negra(ブラック・ラベル)というのもあるんですね。
日本には入ってきてなさそうですが、試してみたいです。


ワイナリー訪問しますよ。
コンチャ・イ・トロは各地に拠点を持っていますが、今日のはペウモからです。
Chile002
ペウモはカルメネール主体の拠点ですが、門も建物もなかなか立派です。
カチャポアル川に囲まれたカチャポアル・ヴァレーの中心地ですね。

Marques de Casa Concha専用サイトには産地の地図がありました。
MdCCMapa
カチャポアルのViñedo Peumoという畑でカルメネールは栽培されています。
プレフィロキセラからのカルメネール株で、1994~1996年に植えられたとのこと。
わかりやすいし、親切ですね。

でも、
やっぱりGoogle Mapでも見てみましょう。ペウモ(Peumo)わかりますか?
Rapel01
カチャポアルはコルチャグアと合わせてラペル・ヴァレーとなるんでしたね。
カチャポアル川とティンギリリカ川に着目しましょう。合わさるとラペル川~。


ラベル平面化画像。
IMG_2150
裏ラベルはインポーターの日本仕様。


さあ、抜栓。
IMG_2380
ラベルと同じ紋章がキャップにありますね。
コルクは写ってる刻印がすべてなので平面化はなし。

Alc.14%。
濃いガーネット。涙ははっきりしてますが細かいです。
IMG_2381

黒ベリー、ブラックチェリー、青ネギ、モカ。
滋味感じる辛口アタックです。
きめ細やかな美しいストラクチャーを感じます。
シルキーで程よい収斂性が心地よいタンニンです。
このタンニンが感動の余韻にエスコートしてくれる感じ。
う~ん、非の打ち所がないカルメネールですね。
2015年よりおいしくなったんじゃないでしょうか。


*****


Concha y Toro
Marques de Casa Concha
Carmenere 2017
D.O. Peumo
RRWポイント 98点


Viña Almaviva EPU 2015

あのムートンのBaron Philippe de RothschildConcha y Toroが手を組んで、
チリで1997年からスタートしたジョイントベンチャーがアルマビバAlmaviva)。
(スペイン語ではアルマィーァとは発音しないのでこう表記しておきます。)
1998年のファーストヴィンテージから世界中で絶賛なのはご存知ですよね。
今日はそのセカンドワインのエプ(EPU)を抜栓いたします。楽しみだにゃ~。


IMG_1609
同じ2015年のファーストはJ. サックリングさんが100点満点をつけたそうで。
しかし、ファーストに比べてラベルデザインがシンプル過ぎますね。
「2015」も「Dos Mil Quince」とスペイン語表記だけと愛想がないです。


公式サイトにはなんとEPUが載っていません。

ほんと探しましたが、影も形もありません。


Almaviva EPUについて触れてあるインタビュー記事だけ発見しました。

それによると興味深い内容がありました。
ファーストラベルのアルマビバはターゲット市場がアジア(日本?)だということ。
EUやアメリカでももっと増やしたいそうです。そこでインタビュアーが噛みつきます。
「セカンドワインのEPUは、なぜチリとブラジルでしか売ってないんですか?」
そのお答えを聞いて納得。EPUの生産量が極端に少なく(24,000本/年らしい)、
近隣の重要市場でほとんど消費されてしまうということでした。
EPUの人気は高まってるので、今後流通量を増やす可能性は否定しないということです。
ある意味、日本でEPUをいただけるのは貴重なわけですね。どおりであまり売ってない。

公式情報がないのでネット情報に頼ります。
・カベソー 77%
・カルメネール 12%
・カベフラ 6%
・メルロー 5%
カルメネール入りのボルドーブレンド。素晴らしい。
EPUは若木からとのことですが、所有の最古の畑でも樹齢40年ほどなので、
(アルマビバ創立時に取得した畑は1978年植樹)あまり差がない気がします。
それより若木(後に畑を追加取得)は接木してるそうなので、そっちの差が大きいかも。
熟成は、フレンチオーク樽で12ヶ月です。


前の訪問時の画像です。Puente Altoというサンティアゴの外れです。
車で15分くらいの所にコンチャイトロの本拠地もあります。
Almaviva01
ストビューでは敷地に入れないんですよね。

仕方がないので、公式サイトから写真をいくつかスクショします。
Almav00
建屋の設計イラストどおりに作られ、非常にカッコいいです。


ラベル平面化画像。
IMG_1590
確かに世界で売っていきたいという表ラベルではないですね。(笑)
裏ラベルに「EPU」はマプチェ語で「2(セカンド)」の意味という解説あり。
(Mapudungun:チリの先住民族マプチェ族が話す言語学的に孤立した言語)


さあ、抜栓。
IMG_1607
なかなか凝ったキャップシール。コルクも横ミレジム入りEPU専用品。

Alc.14.5%。
濃いガーネット。
IMG_1608

ブラックベリー、ブラックチェリー、モカ、スパイス。
辛口アタック。
上品なカベソーの味わい。(だって、カベソーだし。笑)
厚み、複雑味、酸味、タンニン、全ての要素が絶妙なバランス。
何一つ他を邪魔したり、出過ぎた真似をしないのに、
それぞれがしっかり主張をしている感じもします。
スルスル喉元を越えていく時のタンニンの収斂性は心地よいです。
余韻は長く、その間に最初のうまうま味のおさらいができます。
「こんなのが最高にうまいワインだ」と改めて感動してみます。(笑)

フィニッシュ後、チリワインを讃えたくなります。
なぜこれがチリにだけ可能なのか…。


*****


Viña Almaviva
EPU Dos Mil Quince (2015)
RRWポイント 98点


Lapostolle BOROBO 2013

ラポストルは自らFrench in Essence(本質はフランス)とうたうように、
チリで創業しながらフランスのワイン作りを信条にしています。
そのラポストルが作るトップエンドが、このボロボ(BO RO BO)です。
ボルドーローヌブルゴーニュBordeaux + Rhône + Bourgogne)が、
1本のワインの中に表現されているというから只者じゃないですよ。(笑)


IMG_1253
グラン・マルニエ(Grand Marnier)というオレンジ・リキュールを、
1880年にマルニエ・ラポストル社が売り出し成功しまして、
その創始者のひ孫のアレクサンドラ・マルニエ・ラポストルさんが、
チリの土地に惚れ込み、夫と1994年に創設したワイナリーがこのラポストルです。
自らのルーツであるフランスのワイン作りを恵まれたチリの土地で実践する、
そんなポリシーはラポストルのワインにはうまく現れていると思います。
スタンダードラインもどれもなかなかおいしいですから。
しかし今日は、チリワインでは驚きの1万円越えです。期待が高まりますね~。


公式ページはこのBOROBO含めミレジムごとに詳細データ完備。立派です。

BOROBO 2013のセパージュは以下の通り。
・カルメネール 45%
・メルロー 20%
・カベソー 15%
・シラー 9%
・プチヴェルド 1%
・ピノ・ノワール 10%
他の年と比べると、特にカルメネールが多く、ピノが少ないようです。

カルメネールとメルロー、カベソーがボルドーを表現します。
ボルドーではほぼ消えたカルメネール主体というのがいいですね。
本来のボルドーはカルメネール主体という説を裏付けてる気がします。
また、カルメネールとカベソーは樹齢60~80年の接ぎ木をしていない自根だそうで、
これこそプレ・フィロキセラの本物のボルドーのブドウの樹ですよね。

シラーはローヌを代表する品種です。これでローヌを表現。
しかし、19世紀のボルドーはラフィットもマルゴーもエルミタージュを混ぜていたと言います。
現在のボルドーはシラーを認めていませんが、ある意味本来のボルドーブレンドとも言えます。

そして最後に、ピノ・ノワールは当然ブルゴーニュを表します。
コンセプトとしては必要なんでしょうが、個人的には蛇足な気がしますね。
ボルドーブレンドにピノ・ノワールを加えるってなんだか禁断のブレンドって思いません?
因みにピノ・ノワールだけコルチャグアではなくカサブランカの畑からだそうです。

醸造は、80%の除梗を手作業で行い、残り20%も最新の光学選果装置Vistalysを使用。
フレンチオーク樽で発酵させますが、全て重力利用で負荷をかけないグラヴィティ・フロー。
ピジャージュもしますが、人が手作業でやります。
新樽率91%のフレンチオーク樽(225L)で28ヶ月と長期間の熟成を行ないます。
なかなかお手間入りの醸造です。


実はClos Apaltaというフラッグシップが別にあるんですが、別サイトになってます。

ワイナリー名自体をClos Apaltaとして分けてるようですが、実体はラポストルです。
マーケティングですかね。アメリカで100ドル近くした記憶があります。


ワイナリー訪問ですが、ストビューがないのでこんなふうにしました。
Lapostolle01
サンタ・クルスの東側にラポストルとクロ・アパルタの畑が広がっています。
クロ・アパルタは最新の建物でリゾートホテルもやってるようです。行ってみたい。
ご近所に、これもチリを代表する作り手のモンテスやベンティスケロがありますね。


サンタ・クルスはコルチャグア・ヴァレーの中心地的存在ですが、
こんな地図でチリ全体の産地と位置関係をおさらいしておきましょう。
Chilean-Wine-Map


ラベル平面化画像。
IMG_1256
裏ラベルにBOROBOの意味が解説してあります。

こんな包装紙に入ってました。
IMG_1239
ネックのシールは、総生産2,397本のうちの1,042番というシリアル番号でしょう。

Google Mapにこんな写真が上がってました。
Borobo01
マグナムボトルだとこんな専用木箱に入ってるんですね。ゴイゴイスー。


さあ、抜栓。
IMG_1247
エンボス紋章のキャップシール、横ミレジムのコルク。合格です。(笑)

コルクの平面化。
IMG_1248

Alc.15%。
濃い濃いガーネット。色付きで粘性の涙は細くて多めです。
IMG_1250

ブラックベリー、ブラックチェリー、
濡れた木の樽香、緑野菜のニュアンス。
カルメネールかカベソーのメトキシピラジンでしょうね。
辛口アタック。
複雑味、構造感…感動的。これは申し分ないですね。
喉越しで、究極シルキーなタンニンと、
かすかな酸が絡み合って中盤の盛り上げを演出します。
そのままドラマチックな余韻に突入。
重厚ながら重々しくないのはピノが効いてるのかな?

チリで昇華するフランスワインの妙。
カルメネールのポテンシャルもビンビン感じます。
あっぱれ。

ただ、個人的印象ではピノ・ノワールを混ぜないほうが、
もっとおいしくなったような気がします。
それでも98点をつけましたから、これ以上と言うのは100点の域です。
(因みにパーカーおじさんは91点だそうで。渋いですね。笑)


*****


Lapostolle
BOROBO 2013
RRWポイント 98点


Hedges Family Estate Red Mountain 2013

アメリカ、ワシントン州のワインは過去アメリカ出張中には飲んでますが、
今回初めて日本の店頭で発見して思わずゲットしました。
まだまだ日本じゃカリフォルニアワインが幅を利かせてますからね。
オレゴンはたまに見かけますが、ワシントンや東海岸なんかは稀です。
今日のこれはRed Mountain AVAで、広域AVAのColumbia Valleyより上等そう。


IMG_1040
ちょっと古風なラベルデザイン。いろいろコテコテ書いてます。
1987年創業で、これが27回目のヴィンテージなんて、ご親切に。(笑)
家族経営で、オーナーがトムとアン・マリーのヘッジズ夫妻だとも。
この夫妻が創業者で一代目。奥さんはシャンパーニュ出身のフランス人らしいっす。


公式ページはアメリカらしくよく出来てますが、ワイン紹介が最新ヴィンテージのみ。

ショップサイトに飛ぶと2013年が辛うじて載ってました。
これで情報は揃いますが、実は裏ラベルにしっかり詳細情報あり。これはエライ。
・カベソー 59%
・メルロー 28%
・カベフラ 5%
・マルベック 4%
・シラー 2%
・プチヴェルド 2%
ボルドー品種勢揃いのボルドーブレンドですね。
新樽率31%のオーク樽(米産:66%、仏産:34%)で12ヶ月熟成。


さあ、ワシントン州ベントン・シティにあるワイナリー訪問。
Hedges02
ストビューでは敷地の中に入れず、入口+建物写真でお茶を濁します。
Google Mapにあった写真では、試飲しやすそうな、たいそう立派な施設でした。
奥に見える丘がRed Mountainで、この辺り一帯がRed Mountain AVAになります。

公式ページに畑の詳細情報があったので、何を思ったかGoogle Mapに転記。
Hedges03
驚くのは、ほとんどの畑がDemeterのビオディナミ認証を受けていることです。
Google Mapの写真で、水牛の角に何やら(笑)詰めて埋めてるシーンを発見。
月の満ち欠けやら、くり抜いた水牛の角やら、ほんとにやってるんですね。(笑)
(これ描いてて発見しましたが、隣にAntinoriがベンチャーしてるCol Solareが。)

ワシントン州のAVA地図で位置関係を見ておきましょう。
Hedges01
いつものフリーマップにGoogle Mapを埋め込んでます。
Red Mountain AVAは、文字通りRed Mountainの南に広がる地域で、
1,600haほど(畑は240ha)のワシントン州最小のAVAになります。
注目点は、Red Mountain AVAYakima Valley AVAに内包され、さらに、
Yakima Valley AVAは広域のColumbia Valley AVAに内包されるということ。
AVA(American Viticultural Area)ではよくあるパターンで、AVAとして実は、
明確に優劣を定義してないんですが、慣例でより狭い地域の方が品質が高いとされます。


ラベル平面化画像。
IMG_1019
裏ラベル情報が完璧。セパージュ、醸造情報、出所の畑の比率まで示してあります。
それを隠さないインポーターシールもエラい。


さて、抜栓です。
IMG_1036
キャップシール、コルク、ワイナリー名入りでいい感じです。

Alc.13.5%。
濃いガーネット、粘性の厚みのある涙。
IMG_1037

ブラックベリー、ブラックチェリー、コーヒー、かすかに黒糖かシナモン。
湿った木、エレガントな樽香です。
辛口アタック。
うん?塩味を感じた気がしました。
すると、圧倒的な複雑味と構造感のある味わいが来ます。
上等ボルドーか?はたまたオーパスワンか?
そんな雰囲気。
冷涼地域の個性でしょうか、酸味がバックグラウンドに見え隠れしますが、
ネガティブな要素のない酸なので、いい仕事してるのみでした。
タンニンは果てしなくシルキーで心地よさのみの絶妙な収斂性。
余韻は勢い落ちることなくじんわり長いです。
驚きました。あるんだなぁこんなところに傑出したワイン。

パーカーおじさんは90点をつけていますが、コメントの中で、
「There's a touch of brettanomyces here, and I suspect it won't be for everyone,
but I like it.」と言ってます。(例の好みを白状してますね。笑)
「ブレタノマイセスっ気があって、みんなは好きじゃないかもだが、オレは好きだぜ。」
ってことですが、確かに特徴的なスモーキーさは感じます。
しかし、このうまさは、熟成で今はいい具合にこなれていると思われます。
おじさん、今もう一度2013年飲むべきですよ。(笑)


*****


Hedges Family Estate
Red Mountain 2013
RRWポイント 98点


Opus One 2015

バロン・フィリップ・ド・ロートシルトとロバート・モンダヴィの、
作品番号第1番(Opus One)をいただきますよ。
最近では1本軽く5万円越えです。「偉いワイン」ではないんですが…。
値段ほどのうまさがあるなら、それを知っておかないといけませんね。
そういう投資と努力があって「偉いワイン」探しができるってもんです。(笑)


IMG_7813
抜栓1時間半後って感じでしょうか。ちょうどいいタイミング。


公式ページを見ると、この2015年が最新ヴィンテージとなってますね。
データはしっかり完備でファーストヴィンテージの1979年まで遡れます。
2015年のセパージュは、
・カベソー 81%
・カベフラ 7%
・メルロー 6%
・プチヴェルド 4%
・マルベック 2%
がっつり主体はカベソーですね。マルベックというのも面白い。
樽熟は新樽100%で18ヶ月です。
出荷までさらに1年ほど待ってる感じですかね。

ワイン作りは、自然農法やナイト・ハーべストによるブドウで、
グラヴィティ・フローシステムを使って醸造。
オーパス・ワン酵母なるワイナリー独自の4種類の特別な酵母を使用。
まあ、只者ではないこだわりで作られているようです。


ワイナリーへ行ってみます。ロバモンなど近くはよく行ってます。(笑)
OpusOne01
この道のずっと奥なんですが、例によって入れません。

ご近所(Oakville)の位置関係を見ておきます。
OpusOne02
その昔、ロバモンを訪問して試飲したことがあります。
若かりし日、前にオーパスワンがあるなんて知りませんでした。(笑)


ラベル平面化画像。
IMG_7811
おじさん二人の横顔。見慣れたマークです。


さあ、いただきましょう。
Alc.15%。
濃いガーネット。
IMG_7808

ブラックベリー、黒糖、ジャム様のイチジク…。
ちょっと独特な香りです。
辛口アタック。
コーヒーリキュールの様な風味もあり。
複雑味がすごいです。
黒糖の甘さをかすかながら感じます。
樽の力なのか。香りと味は関連するのでしょうか。興味深い。
上品なタンニンがくすぐる喉元から、
余韻、フィニッシュへと圧倒的に厚みのある味わいが続きます。
う~ん、ロバモンの前じゃんとか、なめてたけど、うまいな。(笑)
これは、ムートンも超えてるんじゃない?

パーカーおじさん、97+点ですって。
わかる。そんな感じです。(笑)


*****


Opus One 2015
Napa Valley
RRWポイント 98点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ