Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Rosé_d’Anjou

Château de Champteloup Rosé d’Anjou 2018

冷蔵庫の奥にこのワインが眠ってました。(笑)
ロワールのロゼ・ダンジュー(Rosé d'Anjou)であります。
今日の夕食は皿うどん。コショーをぶっかけてやると、
案外この甘口ロゼと合うんじゃないかと抜栓します。


IMG_9739
ロゼ・ダンジューは赤ワイン用品種グロロー(Grolleau)主体に作られます。
よって白ワインのWWWポイントで評価はするものの、写真は黒ブドウを配置。


残念ながら公式ページは見つからず。
グロロー・グリ、グロロー・ノワール、ガメから作られるというネット情報。
以前にもロゼ・ダンジューを飲んだ時に確認してますが、
グロローを補完するのに、カベフラ、カベソー、ピノー・ドニス(Pineau d'Aunis、
ロワール原産の黒品種)、ガメ、コ(マルベック)の使用が認められてます。

グロロー・グリもノワールもロワール川流域にしかありません。
グリはノワールの突然変異種だそうで、名の通り果皮が灰色です。

ロゼ・ダンジューは残糖が7g/l以上という規定があるようですので、
かなり甘口ではないかと想像できます。


さて、作り手訪問します。
Chateau_de_Champteloup01
シャトー・ド・シャンプトゥループの歴史は15世紀までに遡り、
ワイン造りは1987年からだそうです。アンジュー地区に100haの畑を所有。

前に描いたロワールの地図で位置関係を確認。白マルのところです。
AnjouR01
場所的にはAOC Coteaux-du-Layonのあたり。これは甘口白のAOCですが、
この辺り周辺の広域がAOCアンジュ―、ロゼ・ダンジュ―対象の地域です。


エチケット平面化画像。
IMG_9146
ううっ。インポーターシールが裏ラベル隠しまくりです。


さあ、抜栓。
IMG_9740
名もなき安物然とした合成コルクです。

Alc.11%。
きれいな澄んだピンク。
IMG_9738

香りは、柑橘系っぽくもピーチっぽくもあります。
のっけから確かに甘いですが、今日はちょうどいい甘みに感じます。
皿うどんの胡椒ぶっかけに合う合う。(笑)


*****


Château Champteloup Rosé d’Anjou 2018
WWWポイント 78点


Trésors de Loire Rosé d’Anjou 2017

ロワールはアンジューのロゼ、ロゼ・ダンジューであります。
その昔パリで入ったファミレスのような所はこんなロゼばっかりでした。
若干の懐かしさを感じつつ、値段もお手頃なこんなのを選びました。
フランスを代表するロゼと言われますが、1000円ほどです。(笑)


IMG_9150
ロゼはいつも迷うんですが、今日は黒ブドウで飾り立てました。
ロゼ・ダンジューは赤ワイン用品種グロローが主体なので間違いではないです。
でも、評価は白ワインでやると思います。(笑)


作り手を調べると、やっぱりのジョセフ・ヴェルディエでした。
Bourgueil01
行っても意味がないですが、以前の画像で作り手訪問。
傘下に多くの生産者がいるロワール中でワインを作っている会社でしたね。
それこそ、ナントのミュスカデからプイィ・フュメ、サンセールまで…。

一応、公式ページをリンクしておきます。

残念ながら、このワインは載ってますが詳細情報まったくなし。


ロゼ・ダンジュ―について記しておきます。
残糖が7g/lないとこのAOCは名乗れないそうです。甘味が必須なんですね。
主要品種はグロロ―(Grolleau)。トゥールが原産のロワールにしかない黒品種です。
これを補完するのに、カベフラ、カベソー、ピノー・ドニス(Pineau d'Aunis、
ロワール原産の黒品種)、ガメ、コ(マルベック)の使用が認められてます。

位置関係を見ておきましょう。
Anjou01
アンジェ(Angers)の町の周辺です。地域的にはAOC Anjouと同一。
その他の主要AOCも書き込んでおきました。白は大概シュナン・ブランです。


エチケット平面化画像。
IMG_8918
白やロゼは透けているのでなかなか撮影が難しいです。


さあ、抜栓。
IMG_9148
標準的な「ロワール渓谷」とだけ書いた合成コルク。

Alc.11%。
薄いサーモンピンク。
IMG_9149

ライム、ピーチ、花の香りです。
甘みと酸味が合わさった味がいきなり来ますね。
ふっくらした甘みは好印象。
酸味はあまり強くないことに気づきます。
やっぱり、パリのファミレスで飲んだロゼを思い出す味。
白として評価して79点。なかなかですよ。


*****


Trésors de Loire Rosé d’Anjou 2017
WWWポイント 79点



WhiteWhiteWine01
--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ