Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

ワインについて、僕SFが自分用のメモ・備忘録として書き込む場所です。 Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。 かの有名な僕の名言です。(笑) あくまで自己流に、(お手頃価格の)ワインの世界を日々記録しています。 いつかその「偉いワイン」に出会うために。

Tinta_Roriz

Julia Kemper Vinhas Selecionadas 2012

やまやの店頭で思わず手に取ったワインです。
ポルトガル、ダン(Dão)の、近年評価の高い作り手です。
パーカーおじさん90点のシールに惹かれたのは内緒。(笑)
(どうも、おじさんには振り回されてますね~。)


IMG_7856
元「Quinta do Cruzeiro」という名の何世代も続く家族経営ワイナリーです。
2008年に「Julia Kemper」と名を変えてリリースされてから評価も高まり、
ダン随一のワイナリーになったようです。


公式ページは困ったもので、ワイン情報がありません。
詳しくはブログを見ろとリンクが貼ってあるのですが、
そこへ行っても大した情報がありません。
よって、ネット情報に頼ります。
セパージュは、
・ティンタロリス(Tinta Roriz)40%
・アルフロシェイロ(Alfrocheiro)40%
・ジャエン(Jaen)20%
のようです。
「Tinta Roriz」はポルトガル南部ではアラゴネス(Aragonez)と呼ばれ、
いわゆる、スペインのテンプラニージョと同じものです。
「Alfrocheiro (Preto)」、「Jaen」はダンで使われる主要品種ですが、
ジャエンは、これまたスペインのメンシーア(Mencía)と同一です。

樽熟が不明なのですが、以下に引用するパーカーおじさんの記事によると、
樽熟成はしていないようですね。

"The 2012 Vinhas Selecionadas is a blend of Tinta Roriz 40%, Alfrocheiro 40% and Jaen 20%. This is organic, unoaked and comes in at 13.3% alcohol. Not yet released—even at this level, the winery releases wines late—it is headed for the marketplace at the end of the year. This is reasonably concentrated for an unoaked 2012, but it is even more impressive for its power, showing reasonable tannins even at this age and a fine, crisp edge that I rather adored. The fruit is dry, defined and serious." Robert Parker 90 points

おじさん、なかなかの褒めようです。


ワイナリーを訪問しましょう。おっと、ぜんぜん近寄れません。
JuliaKemper01
仕方がないので上空写真をば。


Julia Kemperがある、ダン(Dão)の位置を確認しておきます。
PortDao01

スペインも含めた位置関係はこちら。
JuliaKemper02
やっぱりこの方がわかりやすいですね。


エチケット平面化画像。
IMG_7665
パーカーおじさん90点シールもしっかり1枚に収めました。(笑)


さて、抜栓です。
IMG_7854
凝った感はないですが、一応生産者名入りデザインです。

Alc.13.5%。
濃いガーネット。
カシス、フルーティなチェリー。
辛口アタック。
おじさんが褒めるほど厚みのある味ではないですね。
酸味っぽさもありますし。
この酸味、喉越しから余韻まで残るんですよね。
ちょっと肩透かしかなとも思いましたが、
ステーキに合わせたら、甘みにも感じて悪くなかったです。
まあ、及第点って感じでしょうか。


*****


Julia Kemper Vinhas Selecionadas 2012
Dão
RRWポイント 87点


Casa Santos Lima / Quinta do Espírito Santo Tinto 2014

以前のポルトガルワインがそこそこよかったので、
リカマンの店頭でこれを衝動買いしました。
1,000円代ですから、ポルトガルワインの底辺のレベルを知れるかな?
エチケットの下に金賞のシールがいっぱい貼っていますけどね。
こういうのに限って肩透かしが多いですからね。はてさて?


IMG_4515


公式ページでは、そこそこ情報は載っているのですが、
セパージュは、「Tinta Roriz、Castelão」とだけで比率が不明です。
ティンタ・ロリスは前にも出てきましたが、
南部ではアラゴネス(Aragonez)と呼ばれる、
いわゆるスペインのテンプラニージョと同じものです。
カステランはポルトガル南部の土着品種だそうです。

DOが「Vinho Regional Lisboa, Tinto」というらしく、
「リスボン地域のワイン」という意味でしょうから、
かなり広域のお手頃ワインという感じでしょうか。
会社自体はかなりの大手のようで、
売っているワインのラインアップもビックリするぐらいあります。


IMG_4516


樽熟は、アメリカ&ポルトガル(!)のオーク樽で、
一部だけ3~4ヶ月と、かなり控えめですがやっています。
さて、抜栓。Alc.15%でフルボディーの予感。
濃い赤紫。
赤ベリー系のトップノーズ。でもカシスも。
口当たりはタンニンというよりは「苦味」という感じ。
しかしながら、絶妙な複雑味に感じられ悪くないです。
余韻もうまく長い。
意外な展開。これはおいしいです。
さすが日本のサクラアワード金賞です。(笑)


*****


Casa Santos Lima
Quinta do Espírito Santo Tinto 2014
RRWポイント 91点


Casa de Santar Reserva Tinto 2012

たぶん、人生初のポルトガルワインです。
先日、グランマルシェに寄った時に、
「ロバート・パーカー90点」の表示があったので衝動買い。(笑)
別にパーカーおじさんの信奉者ではないですが、
好みが似てることが多いので買う時の一応の参考になります。


CasadeSantar


ポルトガルワインの予備知識はほぼゼロですので、
まずはせっせとWEBを使って調べます。

カサ・デ・サンタールというのは、
GLOBAL WINESというところが扱うブランドだということがわかります。
DOCは「Dão」、「ダン」と読みます。(鼻母音で…)
ドウロと並ぶ歴史ある主要生産地のようですね。

セパージュは以下のようになっています。
・トウリガナシオナル 50%
・アルフロシェイロ 25%
・ティンタロリス(アラゴネス)25%

さあ、ローカル品種は訳がわかりませんね。
50%ブレンドされているトウリガナシオナル(Touriga Nacional)は、
ポルトガルを代表する黒ブドウ品種だそうで、
濃い色でタンニンの多い凝縮した味になるそうです。
25%入ってるティンタロリス/アラゴネス(Tinta Roriz / Aragonez)ですが、
スペインで言うところの「テンプラニージョ」だそうです。


さて、いただいてみます。
Alc.14%、仏樽で9ヶ月の熟成だそうで。
やはり濃い濃い赤紫です。ディスクも色づいてます。
黒ベリーからのトースト香とスパイス。
香りからすでにパワフルそうです。
アタックで若干の果実味を感じたと思ったら、
なめらかなタンニンが口に広がり、すぐ喉に収斂性が来ます。
酸味も合わさっているのがしばらくしてわかります。
余韻は普通にありますが、渋みが少し残る感じ。
フルボディーではありますが、
ボルドー品種の複雑味がないぶん比較的軽めにも感じます。
品種の違いなんでしょうね。
おいしいですが、もう少し寝かせてもいいような味です。
パーカーさんからマイナス1点でどうでしょう。


*****


Casa de Santar Reserva Tinto 2012
RRWポイント 89点


--- Red Red Wine ---

:「偉いワイン」探しの備忘録

"Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない"

かの有名なSFの名言です。(笑)
あくまで自己流にワインの世界を日々記録しています。
いつかその「偉いワイン」に出会うために。偉いワインとは?

尚、 各記事末の「RRWポイント」なる点数はロバート・パーカー気取りのマイ評価です。

• 即ち、50~100点の100点満点評価
• 白ワインWWWポイントは80点満点


So much wine, so little time...

ワインBLOGランキングへ

にほんブログ村 ワインへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メール:
saikin.photo の gmail.com

カテゴリー
タグ絞り込み検索
記事検索
最新記事 50(画像付)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



PVアクセスランキング にほんブログ村
© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。
  • ライブドアブログ